自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

車のショックアブソーバー(ダンパー)とは。交換時期(寿命)は?オイル漏れ、異音について

車が走行しているときに、路面のデコボコやちょっとした段差を乗り越える場合、その衝撃は、サスペンションと呼ばれる部分が受け止めます。

サスペンションは、車のフレーム(骨格)と車輪を結ぶアームやスプリングなどで構成されています。

本記事では、複数の機器で構成されているサスペンションの中から、衝撃を吸収する役割を担う、ショックアブソーバー(ダンパー)に注目し、その役割やしくみ、交換が必要になる寿命、オイル漏れ、異音などの故障についてご説明します。

ショックアブソーバー(ダンパー)の役割

ショックアブソーバーは、日本語にすると緩衝器と訳されます。
ダンパーともよばれます。

車のサスペンションユニットの一部で、スプリングの余計な動きを抑制するものです。

ショックアブソーバーはスプリングの揺れを抑制

車が走っているときの地面の凹凸などからの衝撃や、加・減速、コーナリングなどの重力をまずはスプリング(バネ)が受け止めます。

スプリングの伸び縮みによって、乗員への衝撃を吸収してくれるのです。

車のスプリングの上には重たいボディがあり、下にはブレーキやタイヤなどを含めたサスペンションユニットがあります。

上下に重いものをつなげているスプリングは、衝撃を受けるとすぐには揺れが収まりません。
バンジージャンプで下まで行ったあとに何度か弾んで上下するように、車も何度か揺れ続けてしまいます。

そのスプリングの揺れを抑えるのがショックアブソーバーの役割です。
通常の乗用車には各輪1本ずつ、4本のショックアブソーバーが備わっています。

ショックアブソーバーは乗り心地を確保 

道路の凹凸を越えたときに、車が上下に揺れ続けてしまうと不快に感じられます。

揺れ続けると乗員が不快なだけでなく、タイヤの接地力も安定しなくなってしまいます。ショックアブソーバーによって、快適な乗り心地と同時に安定した接地力を得ることができます。

ブレーキ性能の向上

走行中にブレーキをかけると車のフロントが沈み込みます。
荷重が前輪にかかってしまうためです。

また、ブレーキを解除すると、前のめりになった荷重が抜け、フロントが上がろうとします。

サスペンションにスプリングしか設置されていなければ、この車体の浮き沈みを伴うスプリングの伸縮は直ぐには収まりません。

しかし、ショックアブソーバーによって、サスペンションの沈み込みや戻りのスピードが抑えられ、4輪がしっかりと地面に接地し、ブレーキが本来の性能を発揮できるようになります。

コーナリングがスムーズに

ショックアブソーバーのはたらきによって、コーナリング時(カーブを曲がるとき)に発生する外側にかかる加重を受け止め、車体が安定し、四輪の接地感が増します。思い通りのラインでの安定したコーナリングを可能とします。

ショックアブソーバー(ダンパー)の構造としくみ

現在の乗用車のショックアブソーバー(ダンパー)には、「筒型」のボディのものが使用されています。

スプリングの縮む動きと伸びる動きの双方に対して「減衰力」を生むダブルアクションタイプが主流となっています。

また、ショックアブソーバーのボディの構造には複筒式と単筒式があります。

複筒式

複筒式という筒状のボディ内部が、二重構造になっているタイプです。

サスペンションが伸びるときにはピストンバルブ、縮むときにはベースバルブを通過するオイルの抵抗により減衰力を発生させます。

あらゆる路面状況に対応すること、跳ね石などによってへこみなどの多少の変形が生じても機能に影響しにくいことから、主に市販車には複筒式が採用されています。

複筒式

単筒式

単筒式はシングル構造の筒型シリンダーとなり、伸び側、縮み側ともにピストンバルブとオイルで減衰力を発生させます。

ピストンの動きをリニアが反応すること、放熱性に優れていること、シンプルでチューニングがしやすいことなどから主にスポーツタイプのサスペンションに使用されます。

単筒式

ショックアブソーバーの減衰力

ショックアブソーバーの筒状ケース内には、オイルとガス(空気の場合もあり)が封入されています。

この筒状ケース本体がシリンダーとなり、その中に入るロッドの先に穴のあいたピストンバルブが付いています。

封入されているオイルは、サスペンションの動きと連動するピストンバルブの動きに抵抗を生む作用を及ぼします。

この抵抗する力が、スプリングに加わった衝撃を吸収/抑制する「減衰力」となります。

ショックアブソーバー(ダンパー)の交換時期

ショックアブソーバー(ダンパー)の機能は、走行距離、経年により徐々に低下します。また、車の使用頻度や使用方法によって劣化に差が出ます。

走行距離が多い場合や、高速道路や山道などの激しい環境を走行する割合いが多い場合、もしくは悪路となりやすい降雪地帯に住んでいる場合などは、比較的ショックアブソーバーの劣化が早くなる傾向があります。

この症状が出たら要注意

ショックアブソーバーは、車を安全に使用するために重要な働きをする消耗部品です。以下の症状が出た場合は要注意です。

  • 異音
  • オイル漏れ
  • ガス抜け
  • 欠損

また、コーナリングや加減速のときの車の挙動や音に変化が感じられた場合には、すみやかにディーラー、販売店、修理工場などに点検をしてもらいましょう。

オイル漏れやガス抜けは、ショックアブソーバー内に充填されているオイルやガスが漏れ出たり、抜け出たりしたことをいいます。

そのような場合、ショックアブソーバーの動きがスムーズでなくなったり、本来の減衰力を発揮できなくなったりします。

車の動きが徐々に不安定になるので、注意が必要です。

交換方法と交換時期・寿命

ショックアブソーバーは、日本の自動車メーカーの多くが使用年数や走行距離によってトラブルに対する保証をしています。

詳しくはメーカーのウェブサイトなどで確認しましょう。

また、ショックアブソーバーは走行時のみならず、常に車の重量を支えている部品の一つであり、消耗品です。

経年数や走行距離が保証内容を超えている場合は特に注意をし、トラブルを起こす前の早めの交換を心がけましょう。

ショックアブソーバー(ダンパー)のトラブル対処法

ショックアブソーバー(ダンパー)にトラブルをかかえた場合には、ディーラーや整備工場などのプロに作業を依頼し、確実な取付けや修理を行う必要があります。

また、純正品以外のショックアブソーバーに交換する際は、装着する車との適合性や、車検に対応しているかなどをチェックし、車の目的に合った物を選びましょう。

国土交通省のウェブサイトには自動車メーカーからのリコールの案内やユーザーからの不具合情報が公開されています。

以下のサイトなども参照し、トラブルの確認、対処の参考にご利用ください。

国土交通省 自動車のリコール・不具合情報サイト

まとめ

ショックアブソーバー(ダンパー)は、サスペンションの動きを制御するパーツです。快適な乗り心地とともに、安定した操縦性を生み出します。
ショックアブソーバーがしっかりと機能することでブレーキをかけるときやコーナリングなどの際に、スムーズに運転ができます。

車が前後や左右に傾くときに、クルマ本来のサスペンション性能を発揮させる重要なものです。

車が段差を乗り越えたあとなどに、車の揺れがすっと収まる「減衰力」を意識してみると、ショックアブソーバーの大切さが感じとれることでしょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年5月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200526-6

「カー用品・パーツ」の記事一覧

「カー用品・パーツ」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り