閉じる

一方通行の標識・マークの意味。逆走や道路の右側駐車は違反?

一方通行の標識・マークの意味。逆走や道路の右側駐車は違反?

車を運転していると、つい見逃しがちなのが「一方通行」の標識です。うっかり見落としてしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。政府統計 道路交通法違反の取締り状況によれば、一方通行の道路を反対方向に走る「通行禁止違反」は交通違反の11.7%を占めます。

一方通行の標識にはどんな意味があるのか、注意しておくべきポイントなど、あらためてきちんと把握しておきましょう。

一方通行標識・マークの目的、意味

一方通行標識・マークの目的、意味

標識・マークの目的
警察庁の交通規制基準によれば、一方通行規制の目的は、「車両の相互通行に伴う複雑、危険な交通状態を単純化して交通容量を増大させ、交通の安全と円滑を図る」ためとあります。
たとえば、一定方向への交通量の多い道路や相互通行が困難な狭い道、高速自動車国道等の流出入路などで実施されています。

標識・マークの意味
青い長方形に白い矢印のマークが描かれているのが「一方通行」の道路標識です。「この標識より先は、矢印の方向にのみ進むことができる」、つまり「その矢印の方向にしか進めません」という意味です。
矢印の反対方向に逆走すると、道路交通法違反となり罰則が科せられます。

また、原則として一方通行路の出口の、車両の進入が禁止された方向に向けて「車両進入禁止」の標識が設定されます。

逆走の罰則は通行禁止違反
一方通行の出口からの進入や指定方向外の走行など、通行が禁止されている道路を通行した場合は、通行禁止違反となります。反則金は、以下のように定められています。

反則金 違反点数
大型車 9,000円 2点
普通車 7,000円
二輪車 6,000円
小型特殊車 5,000円
原付 5,000円

警視庁:交通違反の点数一覧表反則行為の種別及び反則金一覧表

自転車も一方通行の標識に従うこと

自転車も一方通行の標識に従うこと

道路交通法上、自転車は「軽車両」と位置づけられています。したがって、他の車両と同様に道路標識のあるところでは、その標識に従う義務があります。

「自転車を除く」「軽車両を除く」といった補助標識がある場合を除いて、自転車も一方通行の道路は逆走できません。違反をした場合は罰則を科せられることがあるので注意しましょう。

一方通行での注意ポイント

一方通行での注意ポイント

前述したとおり、一方通行の標識は、一定方向への交通量の多い道路や住宅街などの建物が密集した場所で相互通行が困難な狭い道に設置されています。
歩行者や自転車が頻繁に通る場所も多いので、周囲に気を配り、スピードの出しすぎなどに注意して、慎重に運転する必要があります。

また、都市部の複雑に入り組んだ道路や高速道路の出入口など、場所によってはドライバーが見落とすと重大事故につながることもあるため、うっかり進入しないように気をつけなくてはいけません。
逆走すると対向車と衝突したり、人や自転車と接触したりするなど、命に関わる重大な事故を引き起こす危険性があります。標識の指示や設置されている場所を把握して、安全運転を心がけるようにしましょう。

一方通行の場合中央より右側を通れる

中央よりも右側を走るのは可
車は左側通行が原則ですが、一方通行の道路に関しては、道路の中央から右の部分を通行することが「可能」となっています。道路交通法第17条5項では「道路の中央から右の部分(以下「右側部分」という)にその全部又は一部をはみ出して通行することができる」として以下のように定めています。

  1. 一方通行になっているとき
  2. 道路の左側部分の幅が、車の通行に十分なものではないとき
  3. 道路の損壊や道路工事などの障害のため、左側部分を通行することができないとき
  4. 左側の幅が6m未満の見通しの良い道路で、他の車を追い越そうとするとき(標識や表示で追い越しのために右側部分にはみ出して通行することが禁止されている場合は除く)
  5. 勾配の急な道路の曲がりかど附近で「右側通行」の道路標識があるとき

一方通行の右側駐車は違反

一方通行の道路は、中央より右側を走ることができます。ただし、右側に駐車することはできません。
道路交通法第47条の2に「車両は、駐車するときは、道路の左側端に沿い、かつ、他の交通の妨害とならないようにしなければならない」とあります。道の両側にパーキングエリアがある広い一方通行の道路など一部の例外を除いて、右側駐車は違反行為です。
たとえ自宅の前であっても道路交通法違反となり、罰則の対象となります。

誤って一方通行の道路を逆走してしまったときはどうする?

誤って一方通行の道路を逆走してしまったときはどうする?

一方通行の標識を見落として、うっかり進入禁止の方向へ入ってしまった。そんなときは、どうしたらいいのでしょうか。逆走してしまった場合の対処方法も覚えておきましょう。

誤って入ってしまった場合の対処方法
一方通行の道路を反対側から進入してしまった場合は、まずは落ち着いて周囲の状況を確認することが大切です。慌ててバックしたり、Uターンしたりしないようにしてください。まずは停車して周囲の状況を確認しましょう。

  • ハザードランプを点灯して停車し、他の車に逆走車の存在を知らせる
  • 特に歩行者・自転車など後方をしっかり確認しましょう。
  • 同乗者がいれば、誘導してもらいましょう。

そして可能であれば、バックでもとの道に戻る、もしくは、車を旋回して正しい方向に切り替えましょう。いずれにしても他の車への影響を最小限に留め、安全かつ速やかに行うことが大切です。

まとめ

まとめ

一方通行の標識は似ている標識もあり、見誤ってしまうことがあるかもしれません。一方通行の逆走は「通行禁止違反」になります。

しかし罰則の問題だけではありません。一方通行の逆走は、ただ間違えてしまっただけではすまされない重大な事故につながるおそれがあります。
本記事を参考にあらためて交通標識の意味を確認してみてください。

また周囲の木の枝葉が伸びて隠れてしまっている、日頃から見えづらいなどの標識があれば、「国土交通省ウェブサイトの標識BOX」から提案できます。あわせて参考にしてみてください。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190826-1

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

TAGS

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り