自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

2050年カーボンニュートラルの目標宣言から2年
『世代間における気候変動に関する意識調査』を実施
Z世代の63.2%が「気候変動問題」に関心、ミレニアル世代比8ポイント高
〜各世代の脱炭素取り組み、第1位は?〜

2022年11月14日

チューリッヒ保険会社(東京都中野区、日本における代表者および最高経営責任者:西浦正親)は、『世代間における気候変動に関する意識調査』を実施しましたので、お知らせします。2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「2050年カーボンニュートラル」を日本政府が宣言してから、2年が経ちます。
現在のZ世代(18歳〜25歳)、ミレニアル世代(26歳〜35歳)、Y世代(36歳〜45歳)の世代別の気候変動への意識を調査しました。

調査サマリー

■調査概要
調査概要:世代間における気候変動に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査機関:株式会社IDEATECH
調査期間:2022年9月28日〜同年9月30日
有効回答:Z世代(18歳〜25歳)312人、ミレニアル世代(26歳〜35歳)306人、Y世代(36歳〜45歳)305人
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

気候変動問題に最も関心が高いのは「Z世代」で63.2%、「ミレニアル世代」比8ポイント高

「Q1.あなたは、気候変動問題に関心はありますか。」と質問したところ、Z世代(n=312)は「非常に関心がある」が24.7%、「やや関心がある」が38.5%、ミレニアル世代(n=306)は「非常に関心がある」が14.7%、「やや関心がある」が40.5%、Y世代(n=305)は「非常に関心がある」が14.8%、「やや関心がある」が46.2%という回答となりました。

<Z世代(n=312)>

  • 非常に関心がある:24.7%
  • やや関心がある:38.5%
  • あまり関心はない:18.6%
  • 全く関心はない:13.5%
  • わからない/答えられない:4.8%

<ミレニアル世代(n=306)>

  • 非常に関心がある:14.7%
  • やや関心がある:40.5%
  • あまり関心はない:21.6%
  • 全く関心はない:13.7%
  • わからない/答えられない:9.5%

<Y世代(n=305)>

  • 非常に関心がある:14.8%
  • やや関心がある:46.2%
  • あまり関心はない:23.6%
  • 全く関心はない:12.1%
  • わからない/答えられない:3.3%

気候変動問題に関心を持ったきっかけは、3世代に共通して「生活の中で感じるから」が最多

Q1で「非常に関心がある」「やや関心がある」と回答した方に、「Q2.あなたが気候変動問題に関心を持ったきっかけを教えてください。(複数回答)」と質問したところ、Z世代(n=197)は「生活の中で感じるから」が57.4%、「社会的な注目が高まっているから」が40.6%、ミレニアル世代(n=169)は「生活の中で感じるから」が60.4%、「ニュースで取り上げられることが多いから」が39.6%、Y世代(n=186)は「生活の中で感じるから」が70.4%、「ニュースで取り上げられることが多いから」が43.0%という回答となりました。

<Z世代(n=197)>

  • 生活の中で感じるから:57.4%
  • 社会的な注目が高まっているから:40.6%
  • ニュースで取り上げられることが多いから:36.0%
  • 実際に気候変動による被害を受けたことがあるから:30.5%
  • 気候変動対策のための新たな技術が開発されているから:20.8%
  • 勤め先企業や所属している学校で対策の取り組みが始まったから:13.7%
  • 身近な人が話していたから:9.6%
  • その他:1.0%
    22歳:自分が好きな海産物に被害があると知ったから
    23歳:大学生の時に、環境に関するゼミに加入していた為、日頃から気にしている
  • わからない/答えられない:1.0%

<ミレニアル世代(n=169)>

  • 生活の中で感じるから:60.4%
  • ニュースで取り上げられることが多いから:39.6%
  • 社会的な注目が高まっているから:39.1%
  • 実際に気候変動による被害を受けたことがあるから:30.2%
  • 気候変動対策のための新たな技術が開発されているから:18.9%
  • 勤め先企業や所属している学校で対策の取り組みが始まったから:12.4%
  • 身近な人が話していたから:8.3%
  • その他:0.6%
    27歳:経済に悪影響を与えているから
  • わからない/答えられない:2.4%

<Y世代(n=186)>

  • 生活の中で感じるから:70.4%
  • ニュースで取り上げられることが多いから:43.0%
  • 社会的な注目が高まっているから:38.2%
  • 実際に気候変動による被害を受けたことがあるから:21.5%
  • 気候変動対策のための新たな技術が開発されているから:19.4%
  • 勤め先企業や所属している学校で対策の取り組みが始まったから:7.5%
  • 身近な人が話していたから:7.5%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:0.5%

気候変動問題において、3世代の約7割が「気温の上昇」に関心

Q1で「非常に関心がある」「やや関心がある」と回答した方に、「Q3.気候変動問題について、具体的にどのような内容に関心があるか教えてください。(複数回答)」と質問したところ、Z世代(n=197)は「気温の上昇」が64.5%、「海の温暖化と海面の上昇」が41.1%、ミレニアル世代(n=169)は「気温の上昇」が71.6%、「海の温暖化と海面の上昇」が49.7%、Y世代(n=186)は「気温の上昇」が78.0%、「嵐の被害の増大」が49.5%という回答となりました。

<Z世代(n=197)>

  • 気温の上昇:64.5%
  • 海の温暖化と海面の上昇:41.1%
  • 食料不足:38.1%
  • 嵐の被害の増大:34.5%
  • 生態系への影響:31.5%
  • 干ばつの増加:28.9%
  • 健康リスクの増大:22.3%
  • 水資源不足:20.3%
  • 気象現象によるインフラ機能停止:19.3%
  • 貧困と強制移住:18.3%
  • その他:1.0%
    23歳:気圧が下がることによる体調不良
  • わからない/答えられない:3.0%

<ミレニアル世代(n=169)>

  • 気温の上昇:71.6%
  • 海の温暖化と海面の上昇:49.7%
  • 生態系への影響:41.4%
  • 食料不足:37.9%
  • 嵐の被害の増大:36.1%
  • 干ばつの増加:27.8%
  • 健康リスクの増大:23.7%
  • 水資源不足:23.7%
  • 気象現象によるインフラ機能停止:21.3%
  • 貧困と強制移住:17.2%
  • その他:1.2%
    27歳:経済への悪影響
    31歳:気温の低下
  • わからない/答えられない:1.8%

<Y世代(n=186)>

  • 気温の上昇:78.0%
  • 嵐の被害の増大:49.5%
  • 海の温暖化と海面の上昇:49.5%
  • 食料不足:43.5%
  • 生態系への影響:42.5%
  • 気象現象によるインフラ機能停止:33.3%
  • 水資源不足:29.0%
  • 干ばつの増加:28.5%
  • 健康リスクの増大:21.5%
  • 貧困と強制移住:17.2%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:1.1%

Z世代の約半数が私生活で「脱炭素に向けた意識的な取り組み」を行っていると回答、ミレニアル世代比16.7ポイント高

「Q4.あなたは、気候変動対策のひとつである脱炭素(CO2である二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの排出量をゼロにする取り組み)に向けて、私生活の中で意識して取り組んでいることはありますか。」と質問したところ、Z世代(n=312)は「ある」が49.4%、「ない」が39.7%、ミレニアル世代(n=306)は「ある」が32.7%、「ない」が50.7%、Y世代(n=305)は「ある」が34.1%、「ない」が46.2%という回答となりました。

<Z世代(n=312)>

  • ある:49.4%
  • ない:39.7%
  • わからない/答えられない:10.9%

<ミレニアル世代(n=306)>

  • ある:32.7%
  • ない:50.7%
  • わからない/答えられない:16.7%

<Y世代(n=305)>

  • ある:34.1%
  • ない:46.2%
  • わからない/答えられない:19.7%

脱炭素に向けた取り組みとして、3世代に共通して約半数が「公共交通機関や自転車、徒歩の利用」を実施

Q4で「ある」と回答した方に、「Q5.脱炭素に向けて私生活の中で意識して取り組んでいることを具体的に教えてください。(複数回答)」と質問したところ、Z世代(n=154)は「公共交通機関や自転車、徒歩の利用」が48.1%、「省エネ家電への買い替え」が46.1%、ミレニアル世代(n=100)は「適切な服装と室温設定」が52.0%、「公共交通機関や自転車、徒歩の利用」が47.0%、Y世代(n=104)は「適切な服装と室温設定」が57.7%、「省エネ家電への買い替え」が50.0%という回答となりました。

<Z世代(n=154)>

  • 公共交通機関や自転車、徒歩の利用:48.1%
  • 省エネ家電への買い替え:46.1%
  • 適切な服装と室温設定:37.0%
  • 使い捨て用品の利用削減:30.5%
  • 地産地消の食材利用:27.9%
  • サステナブルファッションの選択:21.4%
  • ごみの分別の徹底:21.4%
  • 販売期間間際の食品購入:16.2%
  • 家庭菜園:13.0%
  • その他:1.3%
  • わからない/答えられない:2.6%

<ミレニアル世代(n=100)>

  • 適切な服装と室温設定:52.0%
  • 公共交通機関や自転車、徒歩の利用:47.0%
  • 地産地消の食材利用:41.0%
  • ごみの分別の徹底:40.0%
  • 省エネ家電への買い替え:39.0%
  • 使い捨て用品の利用削減:35.0%
  • 販売期間間際の食品購入:21.0%
  • サステナブルファッションの選択:21.0%
  • 家庭菜園:18.0%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:0.0%

<Y世代(n=104)>

  • 適切な服装と室温設定:57.7%
  • 省エネ家電への買い替え:50.0%
  • 公共交通機関や自転車、徒歩の利用:49.0%
  • 使い捨て用品の利用削減:43.3%
  • ごみの分別の徹底:39.4%
  • 地産地消の食材利用:31.7%
  • 販売期間間際の食品購入:28.8%
  • サステナブルファッションの選択:23.1%
  • 家庭菜園:15.4%
  • その他:2.9%
    38歳:不用品のリユース・リサイクル
    40歳:エコバック使用
    43歳:日常的な節電
  • わからない/答えられない:1.0%

他にも、私生活の中で「マイボトル持参」や「エコバック持参」、「ごみにならない製品を買う」などを意識する声多数

Q5で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q6.Q5で回答した以外に、脱炭素に向けて私生活の中で意識して取り組んでいることがあれば、自由に教えてください。(自由回答)」と質問したところ、Z世代(n=150)からは「マイボトル持参」や「エコバックを使ったり節電節水を心掛ける」、ミレニアル世代(n=100)からは「マイボトルなどの持ち歩き」や「食品ロスをなるべくしない」、Y世代(n=103)からは「マイボトル・マイ箸を利用」や「ごみにならない製品を買う」などの回答を得ることができました。

<Z世代:自由回答・一部抜粋(n=150)>

  • 23歳:マイボトル持参。
  • 23歳:エコバックを使ったり節電節水を心掛ける。必要なものだけ買って捨てるものを減らす。
  • 24歳:商品を購入する時ゴミが出にくいもの、プラスチック製品をなるべく減らす。
  • 25歳:料理ででた生野菜のゴミを乾燥させて畑の肥料にする。
  • 25歳:土に還る布ナプキンやオーガニック紙ナプキンを買うことや労働問題であるフェアトレード商品購入、野菜やフルーツは、期限が明日までなどのものを買う。

<ミレニアル世代:自由回答・一部抜粋(n=100)>

  • 30歳:マイボトルなどの持ち歩きで、プラスチックゴミを出さないようにしている。
  • 35歳:食品ロスをなるべくしない。こまめに電気を消したりする。
  • 28歳:太陽光パネルを自宅につけた。
  • 26歳:車の運転時のアイドリングストップ。
  • 33歳:電気自動車に乗る。

<Y世代:自由回答・一部抜粋(n=103)>

  • 41歳:マイボトル・マイ箸を利用。
  • 38歳:ごみにならない製品を買う。
  • 41歳:太陽光発電を導入した。
  • 42歳:車をガソリン車からハイブリッド車へ乗り換え。
  • 38歳:洋服、プラスチック容器の多いコスメ類、家電製品などは、不用品はフリマアプリで譲ってリユースしてもらえるようにしたり、回収ボックス等でリサイクルにつながるようにしたりしている。

3世代の約6割が日常生活の中で「排気ガス」を気にした経験あり、Z世代においては68.0%と高い結果に

「Q7.あなたは、日常生活の中で排気ガスを気にした経験はありますか。」と質問したところ、Z世代(n=312)は「何度もある」が24.0%、「数回だけある」が35.3%、ミレニアル世代(n=306)は「何度もある」が20.6%、「数回だけある」が32.0%、Y世代(n=305)は「何度もある」が27.5%、「数回だけある」が28.5%という回答となりました。

<Z世代(n=312)>

  • 何度もある:24.0%
  • 数回だけある:35.3%
  • 一度だけある:8.7%
  • 一度もない:19.9%
  • わからない/答えられない:12.2%

<ミレニアル世代(n=306)>

  • 何度もある:20.6%
  • 数回だけある:32.0%
  • 一度だけある:5.6%
  • 一度もない:26.8%
  • わからない/答えられない:15.0%

<Y世代(n=305)>

  • 何度もある:27.5%
  • 数回だけある:28.5%
  • 一度だけある:4.6%
  • 一度もない:25.9%
  • わからない/答えられない:13.4%

3世代の約6割から、排気ガスによる「環境」や「健康被害」への影響を気にする声

Q7で「何度もある」「数回だけある」「一度だけある」と回答した方に、「Q8.排気ガスで気にしていることを具体的に教えてください。(複数回答)」と質問したところ、Z世代(n=212)は「環境への影響」が58.5%、「健康被害への影響」が52.8%、ミレニアル世代(n=178)は「環境への影響」が58.4%、「健康被害への影響」が57.3%、Y世代(n=185)は「環境への影響」が63.8%、「健康被害への影響」が61.1%という回答となりました。

<Z世代(n=212)>

  • 環境への影響:58.5%
  • 健康被害への影響:52.8%
  • におい:45.3%
  • 生活への影響:35.8%
  • 外壁などの汚れ:14.2%
  • その他:0.5%
    21歳:身内が喘息持ちなため
  • わからない/答えられない:0.9%

<ミレニアル世代(n=178)>

  • 環境への影響:58.4%
  • 健康被害への影響:57.3%
  • におい:43.3%
  • 生活への影響:35.4%
  • 外壁などの汚れ:13.5%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:1.1%

<Y世代(n=185)>

  • 環境への影響:63.8%
  • 健康被害への影響:61.1%
  • におい:55.7%
  • 生活への影響:37.3%
  • 外壁などの汚れ:18.4%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:0.5%

排気ガスによる「地球温暖化」や「子どもへの影響」を気にする声多数

Q8で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q9.Q8で回答した以外に、排気ガスで気にしていることがあれば、自由に教えてください。(自由回答)」と質問したところ、Z世代(n=210)からは「ごみの量での排ガス」や「空気汚染」、ミレニアル世代(n=176)からは「地球温暖化への影響」や「子供への影響」、Y世代(n=184)からは「子どもの将来への影響」や「健康被害や作物への影響」などの回答を得ることができました。

<Z世代:自由回答・一部抜粋(n=210)>

  • 20歳:ごみの量での排ガス。
  • 25歳:空気汚染。
  • 24歳:地球温暖化。
  • 23歳:肺などの臓器への影響。
  • 25歳:車の後ろを通るとむせたり気持ち悪くなる。

<ミレニアル世代:自由回答・一部抜粋(n=176)>

  • 35歳:地球温暖化への影響。
  • 33歳:子供への影響。
  • 34歳:目への刺激。
  • 28歳:空気が汚れるのが嫌。
  • 34歳:衣服に汚れが付かないか気にしています。

<Y世代:自由回答・一部抜粋(n=184)>

  • 42歳:子どもの将来への影響。
  • 43歳:排気ガスが増えることで、健康被害や作物への影響が考えられる。
  • 38歳:温室効果ガスにより地球温暖化に悪影響を及ぼしていると思う。
  • 39歳:駐車場の近くに家があった場合は気を遣う。
  • 42歳:大気汚染。

車の所有率は「Y世代」が66.5%で最多、Z世代と比較すると15.9ポイント差

「Q10.あなたは、車を所有していますか。」と質問したところ、Z世代(n=312)は「所有している」が50.6%、「所有していない」が46.2%、ミレニアル世代(n=306)は「所有している」が57.5%、「所有していない」が37.3%、Y世代(n=305)は「所有している」が66.5%、「所有していない」が31.5%という回答となりました。

<Z世代(n=312)>

  • 所有している:50.6%
  • 所有していない:46.2%
  • 答えられない:3.2%

<ミレニアル世代(n=306)>

  • 所有している:57.5%
  • 所有していない:37.3%
  • 答えられない:5.2%

<Y世代(n=305)>

  • 所有している:66.5%
  • 所有していない:31.5%
  • 答えられない:2.0%

車を所有するZ世代の79.0%が「車から出るCO2排出量」を気にした経験あり、Y世代と比較すると22.8ポイント差

Q10で「所有している」と回答した方に、「Q11.あなたは、車から出るCO2排出量を気にしたことはありますか。」と質問したところ、Z世代(n=158)は「何度もある」が41.1%、「数回だけある」が31.6%、ミレニアル世代(n=176)は「何度もある」が28.4%、「数回だけある」が33.5%、Y世代(n=203)は「何度もある」が26.1%、「数回だけある」が28.1%という回答となりました。

<Z世代(n=158)>

  • 何度もある:41.1%
  • 数回だけある:31.6%
  • 一度だけある:6.3%
  • 一度もない:15.2%
  • わからない/答えられない:5.7%

<ミレニアル世代(n=176)>

  • 何度もある:28.4%
  • 数回だけある:33.5%
  • 一度だけある:5.1%
  • 一度もない:22.7%
  • わからない/答えられない:10.2%

<Y世代(n=203)>

  • 何度もある:26.1%
  • 数回だけある:28.1%
  • 一度だけある:2.0%
  • 一度もない:35.5%
  • わからない/答えられない:8.4%

Z世代の72.8%が「自身の運転によるCO2排出量」を理解、Y世代よりも27.2ポイントアップ

Q11で「何度もある」「数回だけある」「一度だけある」と回答した方に、「Q12.自分が運転することで、どのくらいのCO2量を排出しているか理解していますか。」と質問したところ、Z世代(n=125)は「正確に理解している」が36.0%、「ある程度理解している」が36.8%、ミレニアル世代(n=118)は「正確に理解している」が21.1%、「ある程度理解している」が37.3%、Y世代(n=114)は「正確に理解している」が12.3%、「ある程度理解している」が33.3%という回答となりました。

<Z世代(n=125)>

  • 正確に理解している:36.0%
  • ある程度理解している:36.8%
  • あまり理解していない:20.8%
  • 全く理解していない:6.4%

<ミレニアル世代(n=118)>

  • 正確に理解している:21.1%
  • ある程度理解している:37.3%
  • あまり理解していない:26.3%
  • 全く理解していない:15.3%

<Y世代(n=114)>

  • 正確に理解している:12.3%
  • ある程度理解している:33.3%
  • あまり理解していない:36.0%
  • 全く理解していない:18.4%

車のCO2排出量を抑えるため、3世代の約半数が「加速・減速の少ない運転」を実施

Q11で「何度もある」「数回だけある」「一度だけある」と回答した方に、「Q13.車から出るCO2排出量を抑えるために行っていることがあれば具体的に教えてください。(複数回答)」と質問したところ、Z世代(n=125)は「加速・減速の少ない運転」が47.2%、「自分の燃費を把握する」が41.6%、ミレニアル世代(n=118)は「加速・減速の少ない運転」が51.7%、「自分の燃費を把握する」が49.2%、Y世代(n=114)は「加速・減速の少ない運転」が54.4%、「アイドリング時間削減」が51.8%という回答となりました。

<Z世代(n=125)>

  • 加速・減速の少ない運転:47.2%
  • 自分の燃費を把握する:41.6%
  • エアコンの適切使用:40.8%
  • アイドリング時間削減:37.6%
  • こまめな点検・整備:22.4%
  • 渋滞回避:21.6%
  • 荷物軽減:8.8%
  • その他:0.0%
  • 特にない:2.4%
  • わからない/答えられない:1.6%

<ミレニアル世代(n=118)>

  • 加速・減速の少ない運転:51.7%
  • 自分の燃費を把握する:49.2%
  • アイドリング時間削減:47.5%
  • エアコンの適切使用:46.6%
  • こまめな点検・整備:22.0%
  • 荷物軽減:16.1%
  • 渋滞回避:13.6%
  • その他:0.8%
  • 特にない:5.1%
  • わからない/答えられない:1.7%

<Y世代(n=114)>

  • 加速・減速の少ない運転:54.4%
  • アイドリング時間削減:51.8%
  • 自分の燃費を把握する:49.1%
  • エアコンの適切使用:49.1%
  • こまめな点検・整備:33.3%
  • 渋滞回避:26.3%
  • 荷物軽減:21.1%
  • その他:0.9%
    44歳:電気自動車にする
  • 特にない:3.5%
  • わからない/答えられない:1.8%

CO2排出量をオフセットする方法の認知度、第1位「Z世代」60.1%、第2位「ミレニアル世代」40.3%、第3位「Y世代」37.9%の結果に

Q10で「所有している」と回答した方に、「Q14.CO2排出量をオフセット(日常生活や経済活動などで自らが排出した二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスのうち、努力をしても削減しきれない分を、他の場所で削減・吸収することで相殺(埋め合わせ、オフセット)するという取組みのこと)する方法についてご存じですか。」と質問したところ、Z世代(n=158)は「知っている」が60.1%、「知らない」が39.9%、ミレニアル世代(n=176)は「知っている」が40.3%、「知らない」が59.7%、Y世代(n=203)は「知っている」が37.9%、「知らない」が62.1%という回答となりました。

<Z世代(n=158)>

  • 知っている:60.1%
  • 知らない:39.9%

<ミレニアル世代(n=176)>

  • 知っている:40.3%
  • 知らない:59.7%

<Y世代(n=203)>

  • 知っている:37.9%
  • 知らない:62.1%

Z世代の77.8%が「CO2排出量のオフセット方法」に興味、他世代と比較し15ポイント以上高い結果に

Q10で「所有している」と回答した方に、「Q15.CO2排出量をオフセットする方法があれば、取り組んでみたいと思いますか。」と質問したところ、Z世代(n=158)は「非常に思う」が31.0%、「やや思う」が46.8%、ミレニアル世代(n=176)は「非常に思う」が18.2%、「やや思う」が43.8%、Y世代(n=203)は「非常に思う」が14.3%、「やや思う」が41.9%という回答となりました。

<Z世代(n=158)>

  • 非常に思う:31.0%
  • やや思う:46.8%
  • あまり思わない:8.9%
  • 全く思わない:7.6%
  • わからない/どちらとも言えない:5.7%

<ミレニアル世代(n=176)>

  • 非常に思う:18.2%
  • やや思う:43.8%
  • あまり思わない:14.2%
  • 全く思わない:8.5%
  • わからない/どちらとも言えない:15.3%

<Y世代(n=203)>

  • 非常に思う:14.3%
  • やや思う:41.9%
  • あまり思わない:13.3%
  • 全く思わない:9.9%
  • わからない/どちらとも言えない:20.7%

自動車から排出されるCO2について、車を持たない3世代の約半数が「大気汚染に繋がる」イメージあり

Q10で「所有していない」と回答した方に、「Q16.あなたは、自動車から排出されるCO2について、どのような考えをお持ちですか。(複数回答)」と質問したところ、Z世代(n=144)は「大気汚染に繋がる」が41.0%、「健康に悪い影響がある」が34.7%、ミレニアル世代(n=114)は「大気汚染に繋がる」が47.4%、「健康に悪い影響がある」が41.2%、Y世代(n=96)は「大気汚染に繋がる」が49.0%、「健康に悪い影響がある」が37.5%という回答となりました。

<Z世代(n=144)>

  • 大気汚染に繋がる:41.0%
  • 健康に悪い影響がある:34.7%
  • 地球に優しくない:32.6%
  • 生活への影響が心配:24.3%
  • 排出量を少なくする工夫をして欲しい:19.4%
  • 外に出にくくなる:8.3%
  • その他:0.0%
  • 特に何も考えない:17.4%
  • わからない/答えられない:9.0%

<ミレニアル世代(n=114)>

  • 大気汚染に繋がる:47.4%
  • 健康に悪い影響がある:41.2%
  • 地球に優しくない:30.7%
  • 排出量を少なくする工夫をして欲しい:19.3%
  • 生活への影響が心配:14.0%
  • 外に出にくくなる:7.0%
  • その他:0.0%
  • 特に何も考えない:23.7%
  • わからない/答えられない:6.1%

<Y世代(n=96)>

  • 大気汚染に繋がる:49.0%
  • 健康に悪い影響がある:37.5%
  • 地球に優しくない:31.2%
  • 排出量を少なくする工夫をして欲しい:27.1%
  • 生活への影響が心配:21.9%
  • 外に出にくくなる:6.2%
  • その他:1.0%
  • 特に何も考えない:17.7%
  • わからない/答えられない:3.1%

3世代の半数以上が「気候変動対策に取り組む企業」にポジティブな印象、特にZ世代においては62.5%がポジティブと回答

「Q17.あなたは、気候変動対策に取り組んでいる企業についてどのような印象をお持ちですか。」と質問したところ、Z世代(n=312)は「非常にポジティブな印象」が20.8%、「ややポジティブな印象」が41.7%、ミレニアル世代(n=306)は「非常にポジティブな印象」が17.0%、「ややポジティブな印象」が36.9%、Y世代(n=305)は「非常にポジティブな印象」が16.7%、「ややポジティブな印象」が43.0%という回答となりました。

<Z世代(n=312)>

  • 非常にポジティブな印象:20.8%
  • ややポジティブな印象:41.7%
  • 何も思わない:22.1%
  • ややネガティブな印象:5.1%
  • 非常にネガティブな印象:0.6%
  • わからない/答えられない:9.6%

<ミレニアル世代(n=306)>

  • 非常にポジティブな印象:17.0%
  • ややポジティブな印象:36.9%
  • 何も思わない:23.5%
  • ややネガティブな印象:5.6%
  • 非常にネガティブな印象:2.6%
  • わからない/答えられない:14.4%

<Y世代(n=305)>

  • 非常にポジティブな印象:16.7%
  • ややポジティブな印象:43.0%
  • 何も思わない:24.3%
  • ややネガティブな印象:3.9%
  • 非常にネガティブな印象:2.6%
  • わからない/答えられない:9.5%

3世代に共通してポジティブな印象を持つ理由は、「社会課題に向き合う姿勢が見えるから」が最多

Q17で「非常にポジティブな印象」「ややポジティブな印象」と回答した方に、「Q18.気候変動対策に取り組んでいる企業についてポジティブな印象を持つ理由を教えてください。(複数回答)」と質問したところ、Z世代(n=195)は「社会課題に向き合う姿勢が見えるから」が61.5%、「地域貢献に繋がると思うから」が46.2%、ミレニアル世代(n=165)は「社会課題に向き合う姿勢が見えるから」が69.1%、「事業継続性があるように感じるから」が41.2%、Y世代(n=182)は「社会課題に向き合う姿勢が見えるから」が68.1%、「企業への信頼性が高まるから」が46.7%という回答となりました。

<Z世代(n=195)>

  • 社会課題に向き合う姿勢が見えるから:61.5%
  • 地域貢献に繋がると思うから:46.2%
  • 企業への信頼性が高まるから:37.4%
  • 事業継続性があるように感じるから:32.8%
  • 社会の流れを把握できているように感じるから:23.6%
  • 余裕があるように感じるから:13.8%
  • 優秀な人材が所属していそうだから:8.2%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:1.5%

<ミレニアル世代(n=165)>

  • 社会課題に向き合う姿勢が見えるから:69.1%
  • 事業継続性があるように感じるから:41.2%
  • 企業への信頼性が高まるから:41.2%
  • 地域貢献に繋がると思うから:39.4%
  • 社会の流れを把握できているように感じるから:26.1%
  • 余裕があるように感じるから:13.9%
  • 優秀な人材が所属していそうだから:5.5%
  • その他:0.6%
  • わからない/答えられない:0.6%

<Y世代(n=182)>

  • 社会課題に向き合う姿勢が見えるから:68.1%
  • 企業への信頼性が高まるから:46.7%
  • 事業継続性があるように感じるから:35.2%
  • 地域貢献に繋がると思うから:33.0%
  • 社会の流れを把握できているように感じるから:26.9%
  • 余裕があるように感じるから:18.7%
  • 優秀な人材が所属していそうだから:9.9%
  • その他:1.1%
    42歳:世のため人のための利益を追求しているわけではなさそうだから
    38歳:利己主義でなく世のため人のために活動するスタンスが感じられるから
  • わからない/答えられない:2.7%

一方ネガティブな印象を持つ理由として、3世代に共通して約4割が「企業イメージを意識しているように感じるから」と回答

Q17で「ややネガティブな印象」「非常にネガティブな印象」と回答した方に、「Q19.気候変動対策に取り組んでいる企業についてネガティブな印象を持つ理由を教えてください。(複数回答)」と質問したところ、Z世代(n=18)は「多少の努力では変わらないと思うから」が38.9%、「企業イメージを意識しているように感じるから」が38.9%、ミレニアル世代(n=25)は「社会の流れに便乗しているように感じるから」が40.0%、「企業イメージを意識しているように感じるから」が36.0%、Y世代(n=20)は「企業イメージを意識しているように感じるから」が50.0%、「社会の流れに便乗しているように感じるから」が30.0%という回答となりました。

<Z世代(n=18)>

  • 多少の努力では変わらないと思うから:38.9%
  • 企業イメージを意識しているように感じるから:38.9%
  • 社会の流れに便乗しているように感じるから:16.7%
  • 余分なコストが発生すると思うから:0.0%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:11.1%

<ミレニアル世代(n=25)>

  • 社会の流れに便乗しているように感じるから:40.0%
  • 企業イメージを意識しているように感じるから:36.0%
  • 多少の努力では変わらないと思うから:28.0%
  • 余分なコストが発生すると思うから:24.0%
  • その他:0.0%
  • わからない/答えられない:12.0%

<Y世代(n=20)>

  • 企業イメージを意識しているように感じるから:50.0%
  • 社会の流れに便乗しているように感じるから:30.0%
  • 余分なコストが発生すると思うから:20.0%
  • 多少の努力では変わらないと思うから:15.0%
  • その他:5.0%
  • わからない/答えられない:20.0%

Z世代の4割以上が「気候変動対策に積極的に取り組んでいる企業」を認知

「Q20.あなたが思う、気候変動対策に積極的に取り組んでいる企業はありますか。」と質問したところ、Z世代(n=312)は「ある」が43.9%、「ない」が56.1%、ミレニアル世代(n=306)は「ある」が32.7%、「ない」が67.3%、Y世代(n=305)は「ある」が31.8%、「ない」が68.2%という回答となりました。

<Z世代(n=312)>

  • ある:43.9%
  • ない:56.1%

<ミレニアル世代(n=306)>

  • ある:32.7%
  • ない:67.3%

<Y世代(n=305)>

  • ある:31.8%
  • ない:68.2%

まとめ

2020年10月に、日本政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「2050年カーボンニュートラル」を宣言しました。この宣言から、日本国内でも脱炭素に向けた動きが加速し始め、2021年5月には「改正地球温暖化対策推進法」が成立し、企業の温室効果ガス排出情報のオープンデータ化が推進されています。政府の動きと共に、日本に住む幅広い世代が「気候変動対策」に意識を向けています。今回の調査では特にZ世代が「脱炭素に向けた取組みへの意識」が高い傾向にありました。

【調査結果の引用に関するメディアからのお問合わせ先】

担当チューリッヒPR事務局(株式会社IDEATECH内)、担当:福澤
電話:03-6447-4440
FAX:03-6447-4442
Eメール:zurich@ideatech.jp

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り