Q. 自損事故保険と人身傷害、搭乗者傷害の違いは何ですか?
A. ※この説明は保険始期日が2013年9月30日までの契約において適用されます。
自損事故保険とは、自分の運転ミスで電柱に衝突したり、家屋に飛び込んだ等の単独事故等によりご契約のお車の保有者、運転者または同乗者が死傷し、自賠責保険等で補償されないときに保険金をお支払いします。

ただし、人身傷害補償特約付きの契約の場合、自損事故保険は不適用となります。自損事故保険の保険金額は1,500万円が上限(介護を要する後遺障害1級の場合は2,000万)ですが、人身傷害補償特約においては、最低保険金額が3,000万円であり、万が一、自損事故に遭われた場合には、人身傷害補償特約の保険金額を上限にお支払いできますので、自損事故保険よりも適用される事故の形態を含め、幅広く補償されます。

なお、人身傷害補償特約保険料は、自損事故保険料を考慮した保険料体系となっておりますので、保険料が重複しているということはありません。また、搭乗者傷害保険は本人やご家族、友人、知人など、ご契約のお車に乗っていた人が、事故によって死傷した場合に保険金をお支払いするものですので、人身傷害補償特約が付帯されていても併せて支払いの対象となります。

※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項のご説明等をご確認ください。