Q. 車両保険条件の「ワイドカバー型(一般条件)」と「限定カバー型」の違いは何ですか?
A. 「ワイドカバー型(一般条件)」は、ほとんどの車両事故が対象となる最も補償の充実した車両保険です。
「限定カバー型」は相手自動車の確認を条件として、他車との衝突・接触事故に加え、火災や盗難などの主に車の走行に起因しない事故に保険金が支払われます。相手自動車の確認できないあて逃げ、また運転ミスでガードレールにぶつけるなどの単独事故は補償の対象となりません。保険料は、補償範囲が狭くなる分、ワイドカバー型(一般条件)の車両保険に比べ割安となります。

それぞれの対象となる事故と補償範囲は以下のとおりです。



※「ワイドカバー型」の正式名称は「車両保険/一般条件」、「限定カバー型」の正式名称は「車両危険限定補償特約(全損のみ補償型)です。
※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項のご説明等をご確認ください。