Q. 「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」の違いは、何ですか?
A. 搭乗者傷害保険は、ご契約のお車に搭乗中の自動車事故により傷害を被ったり死亡した場合に、あらかじめ定めた死亡保険金・後遺障害保険金・重度後遺障害保険金・医療保険金をお支払いする「定額払い」の保険です。これに対し人身傷害保険では、ご契約のお車に搭乗中のみならず、ご契約車以外の車に搭乗中でも、歩行中でも、補償の対象となります(ただし記名被保険者および同居の親族に限ります)。また、お支払いする保険金は、定額払いではなく、治療費等の実費や休業損害、死亡による慰謝料など、実際に被る総損害額となります。(総損害額は約款に基づいた当社規定の基準にしたがい当社で算出します。)

例えば死亡事故があり、過失割合が5対5、契約者の損害額を1億円とした場合の保険金のお支払いは以下のとおりとなります。



※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項のご説明等をご確認ください。