Q. ケガをされた方へのお見舞いなどは、どうすればいいですか?
A. 円満解決のためには、お客さまご自身が、道義的な責任としてのお詫び・お見舞い等を通じて、十分に誠意を尽くすことが大切です。お見舞いについての決まり事はありませんが、お見舞い時には菓子折り等をお持ちするケースが一般的です。
※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項のご説明等をご確認ください。