危険運転致死傷罪

飲酒や違法な薬物摂取の状態で運転によって人を死傷させた悪質・危険なドライバーに適用される刑法208条の2で規定している犯罪です。この場合は、過失(不注意)による犯罪ではなく、故意に危険運転をして人を死傷させた準故意犯ととらえ,厳罰が科されます。交通の安全を図り,悲惨な被害者を少しでも減少させようとする目的で制定されました。
※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。必ずお客様の保険証券、約款、重要事項のご説明等をご確認ください。