被保険利益

ある物に偶然な事故が発生することにより、ある人が損害を被るおそれがある場合に、そのある人とある物との間にある利害関係を「被保険利益」といいます。すなわち、「そのある物が無事であった場合の利益」とも言いかえることができます。損害保険契約は損害に対し保険金を支払うことを目的としますから、その契約が有効に成立するためには、被保険利益が存在することが前提となります。例えば、車両損害を被った場合に、そのバイクの所有者や運転者には被保険利益が存在しますが、通り過がりの人には存在しません。
※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。必ずお客様の保険証券、約款、重要事項のご説明等をご確認ください。