バイク保険(任意保険)料の安い例・高い例を比較でご紹介

B024

お電話でのお見積もりはこちらから ※お電話でのお見積もり・お申込みの場合、インターネット割引の対象にはなりません

リーズナブルな保険料

ダイレクト販売とリスク細分化で無駄のない保険料に

もしものときの「対応品質」を落とさず、合理的な保険料を追求するために、中間コストのカットと用途・年齢等から見たリスク細分でリーズナブルな保険料を実現しています。

Point1
中間コストをなくすダイレクト販売

電話やインターネットを通じてお客様と直接お取引きする「ダイレクト販売」により、中間コストが軽減されるため、大幅に保険料を引き下げることが可能になりました。

お客様とダイレクト

Point2
保険料の払いすぎを防ぐリスク細分化

バイクを通勤・通学で使う場合とツーリングのみで使う場合や、住んでいる場所や運転する方の年齢、いろいろな条件は違うのに保険料は同じ・・・。ちょっと納得いかないですよね。チューリッヒでは、以下のようなお客様の条件に応じて「リスク」を「細分化」し、 お客様にピッタリの合理的な保険料をご提案いたします。

ドライバーの条件

  • ドライバーの年齢
  • お住まいの地域
  • 運転免許証の色

バイクの条件

  • お車の使用目的(通勤・通学等)
  • 年間予定走行距離

ドライバーの年齢

運転される方の年齢によって、事故の発生率は異なります。チューリッヒでは以下の年齢区分を設け、リスクに応じた合理的な保険料を算出しています。

年齢別交通事故発生頻度

年齢条件 適用される範囲
全年齢補償 運転する人の年齢に関係なく補償します。
21歳以上補償 21歳以上の人が運転中の事故を補償します。21歳未満の人が運転中の事故には、保険金が支払われません。
26歳以上補償 26歳以上の人が運転中の事故を補償します。26歳未満の人が運転中の事故には、保険金が支払われません。
30歳以上補償 30歳以上の人が運転中の事故を補償します。30歳未満の人が運転中の事故には、保険金が支払われません。
  • ※記名被保険者・配偶者の別居の未婚の子/家族以外(知人・友人など)は年齢に関係なく補償されます。

ページの先頭に戻る

お住まいの地域

交通量や運転環境による事故発生頻度の違いから、全国を7つのエリア(北海道、東北、関東・甲信越、北陸・東海、近畿・中国、四国、九州)に分け、事故率の低いエリアの保険料を割引いたしました。

※ 割増となるエリアもあります。

ページの先頭に戻る

運転免許証の色

記名被保険者の運転免許証の色(グリーン、ブルー、ゴールド)に応じて保険料を算出しました。ゴールド免許の場合、保険料が割引となります。

なお、ご契約中にゴールド免許になられた場合は、次回継続契約からゴールド免許割引が適用となります。契約途中にゴールド免許割引は適用となりません。継続契約時に新しい免許の色を申請してください。

ページの先頭に戻る

バイクの使用目的

日常・レジャー、通勤・通学使用、業務使用の3区分を設けています。その中で特に事故率の低い日常・レジャーでバイクを使用される方の保険料を割引いたします。

保険料が安い保険料が高い

日常・レジャー使用 通勤・通学使用 業務使用
近所への買い物や休日のレジャーに使用する場合 年間を平均して月15日以上通勤・通学に使用する場合 年間を平均して月15日以上業務に使用する場合

ページの先頭に戻る

年間予定走行距離

年間の予定走行距離に応じて4つの区分に分けています(3,000km以下、3,000km超5,000km以下、5,000km超 10,000km以下、10,000km超)。年間走行距離が短いほど、保険料が割安となります。

保険料が安い保険料が高い

3,000q以下 3,000q超5,000km以下 5,000q超10,000km以下 10,000q超
時々近所での買い物、週末の旅行やレジャーに使用 主に近所での買い物や時々は週末の旅行やレジャーにも使用 近場の勤務先への通勤、学校への通学や時々は週末の旅行やレジャーに使用 近場の勤務先への通勤、学校への通学や週末はほぼ毎週のように旅行やレジャーに使用

ページの先頭に戻る

インターネットから申込むと、初年度最大3,000円割引!

  • ※お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM150126-2

ページの先頭に戻る