閉じる
新規加入をご検討の方

ミニケア賃貸保険 チューリッヒ少額短期保険
あなたのお部屋の大切なモノ、
しっかりサポートします。

お部屋を借りるときに加入することが多い「家財保険」。
アレ、実は自分で選ぶことができるって知ってましたか?
ミニケア賃貸保険は、賃貸暮らしに必要な補償をコンパクトにまとめつつ、おトクな保険料であなたの賃貸暮らしをサポートします。

イラスト画像

家財と聞くと真っ先に思い浮かぶのは、テレビ、パソコン、冷蔵庫、洗濯機、ベッドなどの家電製品や家具類だけど・・・
趣味で弾くギターや愛用のアウトドアグッズ、こだわりの服・カバン食器などなど…。
あなたが大切にしているアレもコレも、家財の保険で守るモノだって知っていましたか?

もしもが起きたとき、なにを補償してくれるの?お部屋にあるモノの補償だけではありません。もしものときの費用などもサポートします。もしもが起きたとき、なにを補償してくれるの?お部屋にあるモノの補償だけではありません。もしものときの費用などもサポートします。

お部屋にある
モノの補償

コワいのは火災だけではありません。
家財にはその他にも、さまざまなリスクがあります。

他の人に対する
賠償責任の備え

不注意でボヤを起こし、壁の一部を損傷させてしまった!大家さんへの修理費用など、あなたが支払いの責任を負うことも…。

まとまった
支出への備え

まさかの火事でしばらくはお部屋に住めない!そんなときに必要なまとまった費用も、ミニケア賃貸保険にお任せください。

例えば、
こんなときでも大丈夫!

事故によって水道設備が使用不能に!
しばらくの間、
お部屋で暮らせないかも・・・

借りているお部屋に、しばらくの間住めなくなったら大変ですよね。ミニケア賃貸保険は、事故により30日以上お部屋に住めない!といったとき、当座の生活費をサポートするために、生活再建費用10万円をお支払いします。

トラブルに巻き込まれて被害者に!
弁護士に相談したいけど・・・

偶然の事故によってケガや家財の損害などの被害者になってしまったとき、弁護士などへの相談費用をサポートします。

ドロボウ!かみなり!
爆発!落下物!漏水!

何気ない暮らしのなかにもさまざまなリスクがあります。火事、漏水のほか、落雷や爆発、飛行機などの落下や車両の衝突などによってお部屋にあるモノに損害が発生した場合も、家財の保険で補償されるんです。

大家さんから賠償金請求が?

あなたの過失で起こしてしまった火事や爆発、水まわりの事故で、借りているお部屋が損傷した場合、大家さんはあなたに損害賠償を請求することができます。ミニケア賃貸保険では1回の事故につき1,000万円を限度にあなたの賠償リスクをサポートします。

ミニケア賃貸保険なら・・・

賢く節約!

ダイレクトならではのお手頃な保険料で備えられます。

ネットで簡単!

ネットでいつでも簡単お手続き。最短で翌日からの補償が可能です。

安心のチューリッヒ
グループ!

私たちは、日本で30年以上お客さまに愛され続ける、チューリッヒグループの一員です。

事故が起こってからの流れ

事故が起こったときのお手続きと、保険金お支払いまでの流れをまとめました。

事故受付専用ダイヤル
0120-055-811

24時間365日受付

よくある質問

  • Q1
    そもそも賃貸の部屋を借りるときに何故、保険が必要なのでしょうか?
    A賃貸のお部屋に住むときは、大家さんに対するお部屋の原状回復の義務が生じますし、お部屋にある大切な家財はさまざまなリスクにさらされています。賃貸のくらしで予期せぬことが起きたときに必要となるサポートをお届けするためにも、保険の契約が必要となります。
  • Q2
    賃貸保険で補償される家財とは具体的にどんなものでしょうか?
    Aテレビ、冷蔵庫などの家電やベッドなどの家具、楽器やアウトドアグッズなどこだわりのアイテム、洋服、アクセサリーや時計、食器などの小物、さらには靴や下着など、お部屋にあるものはアレもコレも、家財に含まれます。 また、通貨や預貯金証書は「家財」に該当しませんが、盗難による被害に遭われた場合に限り、補償の対象となります。
  • Q3
    ミニケア賃貸保険の紙の保険証券をもらいたいのですが、どうすればよいですか?
    Aミニケア賃貸保険では、紙の保険証券を発行していません。契約内容はマイページへログインし、ご確認いただくことになります。また契約内容はマイページにて、ご自身で印刷やEメール送信も可能です。
  • Q4
    誤って倒したテレビが破損してしまいましたが、補償されますか?
    Aいいえ。
    不注意などで起きた損害は、ミニケア賃貸保険では補償の対象となりません。
  • Q5
    転居の際、自分で保険を手配する旨を伝えたところ、不動産会社から「自社のすすめる保険でなければ契約できない。」と言われました。どうしたらよいでしょうか?
    A賃貸借契約と保険契約は契約が異なりますので、基本的には常に不動産会社が指定する保険契約を締結しなければいけないということはありません。不動産会社指定の保険でなくても、その補償内容を不動産会社にご説明いただければ、不動産会社にも了解いただくことができると思われます。
    もちろん、それでも不動産会社から指定の保険を強くすすめられるといった場合には、お客さまが気に入ったお部屋にできるだけスムーズに入居されることが大切ですので、不動産会社から紹介された保険の内容をご確認のうえ、お客さまのニーズに合っていればご契約されることもよいかと思います。

取扱代理店 名称:チューリッヒ保険会社 所在地:〒164-0003 東京都中野区東中野3-14-20
引受少額短期保険業者 名称:チューリッヒ少額短期保険株式会社 所在地:〒164-0003 東京都中野区東中野3-14-20

・「ミニケア賃貸保険(正式名称:賃貸家財総合保険)」は、チューリッヒ少額短期保険株式会社が引受けを行う保険です。
・チューリッヒ保険会社は、お客さまとチューリッヒ少額短期保険株式会社の保険契約締結の媒介を行うもので、告知受領権や保険契約締結の代理権はございません。
・ご検討にあたっては、契約概要、注意喚起情報、普通保険約款を必ずご確認ください。

DD190318-1(2)/SOC-1920(1)

あなたにピッタリの補償で
保険料をかしこく節約しませんか。

  • スマートフォンやPCで
    カンタンにお申込みいただけます。

お見積りはこちら