運営体制と各種方針

お客様本位の業務運営に関する取組方針

1. お客様本位の業務運営に関する取組方針の策定・公表

当社は、チューリッヒ・インシュアランス・グループが大切にする「すべてはお客様のために」という精神に基づき、お客様本位の業務運営を実現するための「お客様本位の業務運営に関する取組み方針」を策定し、ここに公表いたします。また、より良い業務運営を実現するため、必要に応じて定期的な見直しを実施してまいります。

2. お客様の最善の利益の追求

当社は、お客様の最善の利益を追求し、お客様によりご満足いただける保険商品・サービスを提供するため、お客様の声を経営資源のひとつと位置づけます。お客様よりお寄せいただいた声は、商品やサービスおよび業務改善に反映させるため、事業部門やお客様相談室で集約・分析し、改善に活用してまいります。また、マネージメントメンバーで構成されるお客様の声委員会がこの改善活動のPDCAを監視してまいります。

具体的な取組み(詳細を表示)

3. 利益相反の適切な管理

当社は、当社または当社グループ会社とお客様との間の利益相反のおそれのある取引もしくは当社グループのお客様相互間の利益相反のおそれのある取引に伴って、お客様の利益を不当に害することのないよう、 「利益相反管理方針」を定め、その方針に則り適切に業務を管理・遂行してまいります。

具体的な取組み(詳細を表示)

4. 重要な情報のわかりやすい提供

当社は、お客様の知識、経験、財産の状況、目的その他お客様からお伺いいたしました事項を総合的に考慮し、お客様のニーズに沿った商品をご説明およびご提供させていただくことに努めます。また、お客様自身が商品についての重要事項を正しくご理解いただいたうえでご自身の判断と責任において当社の保険にご契約いただけるよう、商品内容やリスク内容などの重要事項について、商品および販売の形態に応じ、適切な説明に努めます。

具体的な取組み(詳細を表示)

5. お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、グローバルな会社の特性を活かして世界規模でハイレベルかつ均質な損害サービスを展開していきます。当社の企業理念である「ケア」を実現し、いざというときにお客様にご安心いただけるよう万全なサポートの提供に努めてまいります。そのためには、多様かつ専門的な知識をもったスペシャリストの育成が必要であり、医療や車両に関する知識、また保険業務に関連する知識など、より高いレベルを目指し、全国の専任担当者を対象に社内勉強会を定期的に実施することで、事故に遭われて不安を抱えているお客様に、より高い安心感をご提供するための教育体制を充実させてまいります。

具体的な取組み(詳細を表示)

6. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み

チューリッヒ・インシュアランス・グループでは、お客様との信頼関係をより強固なものにするため、法令、社会規範および社内規程を遵守するとともに、より高い企業理念を確立することが重要であると考え、「行動指針」をはじめとしたさまざまな基準を定め、社員への周知徹底を行っています。
当社においてもグループの一員としてこうした基準の実践を図るとともに、日本の法規制や監督当局の趣旨を踏まえた独自のコンプライアンス・マニュアルを作成し、日本における代表者を頂点としたコンプライアンス態勢を整備し、社員の教育、管理を推し進めています。

具体的な取組み(詳細を表示)

ケアとイノベーション

きめ細かく、従来の保険の枠にとらわれないソリューションを、チューリッヒは追求し続けます。

ケアとイノベーション

ケアとイノベーションのサービス

ページの先頭に戻る