自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

自動車整備工場とは。自動車整備士の資格、自動車修理(パンクやエアコン、へこみ)について

事故やトラブルで、車が損傷してしまった。そんな場合、修理をどこに依頼するのかが重要になります。

「軽いキズくらいならガソリンスタンドでも直してくれそう」
「でも万が一のことを考えると整備工場に頼んだ方がよいのかな」

初めての修理であればどこに車の修理を依頼すればよいかわからず、不安になることもあるかもしれません。

本記事では、自動車整備工場・自動車修理工場での整備内容と、車の修理を依頼する際の注意点をご説明します。

自動車整備業とは

自動車整備業は、正式名称を「自動車分解整備事業」といいます。

エンジンや走行装置を取り外して修理を行える事業であり、開業には地方運輸局長の認証が必要です。

分解を伴わない板金修理やパンク修理であれば、地方運輸局長の認証を持たないガソリンスタンドなどでも対応してもらえることがあります。

しかし、内部の整備や専門的な診断が必要な場合は、自動車整備工場でしか対応できません。

自動車整備工場の二つの種類

自動車整備工場は、大きく分けて認証工場と指定工場の二種類があります。

「自動車整備の専門家である」という点は共通ですが、車検場としての取り扱いと施設の規模の二点で区別されます。

認証工場と指定工場の違い

認証工場と指定工場の最も大きな違いは、車検の取り扱いです。

指定工場は自動車の検査ラインを所有しているため、車検の完成検査まで行うことができます。
指定工場が「民間車検場」と呼ばれるのは、そのためです。

一方、認証工場で実施できるのは整備・点検までです。車検に通りやすいよう整備してもらうことはできますが、完成検査は車検場で行う必要があります。

指定工場の認定を受けるには、認証工場と比べて厳しい基準が設けられています。作業場の規模や工員の数、整備士の有資格者の数などの細かい基準を満たさなければなりません。

自動車整備士の代表的な整備内容

修理が必要になった際、自動車整備士を有する整備工場ではどのように修理されるのでしょうか。

以下の3つの例で、代表的な作業内容を確認してみましょう。

  • タイヤのパンク修理
  • カーエアコンの修理
  • ボディのへこみ修理

それぞれ順に、ご説明していきます。

タイヤのパンク修理

タイヤがパンクした場合、まずはパンクが判明した時点でスペアタイヤへの交換が必要です。

タイヤを付け替えたうえで、パンクしたタイヤを整備工場へ持っていきましょう。

整備工場では、パンクしたタイヤの状態をチェックし、修理・買い替えの判断を行います。
修理で対応できる場合は、パンク修理剤やシールを利用して、タイヤの損傷部分を塞ぐのが一般的です。

カーエアコンの修理

カーエアコンに不具合が発生している場合、考えられる原因は多岐にわたります。

たとえば、以下のようなものが原因として挙げられます。

  • 冷媒ガスの充填の不具合
  • コンプレッサーの不具合
  • サーモスタットの故障

整備工場ではエアコンの症状を聞き取り、実際に車の様子を見て原因をつきとめたうえで、作業内容を決定します。

たとえば、冷媒ガスの不足が原因であれば、ガスの充填が主な対応方法です。

整備工場によっては、エアコンの修理は電装系に強い業者に外注することもあります。
この場合即日の修理が難しいこともあるので、修理を頼む前に所要時間を確認しておきましょう。

ボディのへこみ修理

ボディがへこんでしまった場合、へこんだ部分を引き出したうえで、塗装・研磨を行うという流れが一般的です。

まずは、整備工場に持ち込まれた車の損傷箇所を確認します。
次にへこんだ部分を引き出し、デコボコしてしまった部分をパテで埋めてならしていきます。
最後に塗装・研磨を経て、できる限りもとの状態に戻して完了です。

整備士資格の等級と業務内容

整備士資格には三級から一級までの等級と、特殊整備士と呼ばれる専門資格があります。

それぞれ担当できる業務範囲が異なります。

一級整備士 二級整備士より高度な整備を行う資格です。
現場の安全管理・他の整備士の指導も行います。
二級整備士 自動車の一般的な整備が単独でできる資格です。
自動車検査員や整備主任者になる場合に必要です。
三級整備士 自動車の各ユニットの基本的な整備ができる資格です。
自動車の整備には上級整備士の指導・監督が必要になります。
特殊整備士 自動車のユニットの整備の専門資格です。
車体・電気装置・タイヤの三つに分類され、各ユニットの整備に対する専門知識を保有しています。

認証工場や指定工場の認証を受けるためには、整備士資格を持った工員が一定以上在籍していなければいけません。

このことからも、自動車整備士の資格は自動車修理のプロフェッショナルの証といえます。

修理を依頼する際の二つの注意点

初めて修理を依頼する際は、どのような点に注意すればよいでしょうか。自動車の修理を依頼する際のポイントは二点です。

  • 修理前に見積りを取る
  • 整備工場修理の特長と注意点

それぞれ、詳細を確認していきましょう。

修理前に見積りを取る

自動車の修理を依頼する前に、見積りを取るとよいでしょう。

修理にかかる費用を事前に知ることができるので、修理後に高額な請求額が判明するという事態を回避できます。

また、修理範囲を書面にしてもらうことで、契約後のトラブルを防止できます。

整備工場修理の特長と注意点

ディーラーではなく整備工場を利用する場合、ディーラーと比べて修理料金が安くなる場合があります。

その理由として、部品代を安く抑えることができるからです。

ディーラーの修理は主にメーカーの純正品を使用しますが、整備工場では互換品やリサイクルパーツの使用が可能です。

純正品と比較して部品代を抑えられるリサイクルパーツですが、使用には注意が必要です。
社外品の部品を取り付けると、それ以降ディーラーの保証を受けられなくなる場合があります。

整備工場で社外品の取り付けを提案された場合、こういったデメリットも踏まえたうえで判断が必要です。

修理したいなら自動車整備工場への依頼が確実

多少のへこみやパンクの修理であれば、ガソリンスタンドで対応してもらえることもあります。

しかし、外からは見えない損傷が内部にまで及んでいる場合は、整備士のいる整備工場でなければ修理できません。

こういった点を考えると、一見軽微な損傷であっても整備工場に依頼する方が、後の安全に繋がります。

万が一に備えて、近くの整備工場をあらかじめチェックしておきましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年2月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200303-2

「車の修理・メンテナンス」の記事一覧

「車の修理・メンテナンス」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り