バイク保険の
車両保険
(車対車事故のみカバー型)

※正式名称:自動車相互間衝突危険「車両損害」補償特約(相手自動車確認条件付)

車両保険とは?

ご契約されているバイクの損害に対する補償です。

※ 原動機付自転車へのご契約にはご付帯できません。
※ インターネットでのご契約時のみ付帯可能です。

こんな場合に補償されます

他の車(原付自転車を含む)との衝突・接触事故が起きた。

相手自動車およびその運転者、または所有者が特定できる事故を補償します

補償内容

お支払いする主な保険金

バイクの損害に応じて、それぞれ次の金額をお支払いします。

《分損の場合》

修理費(損害額)から自己負担額(免責金額)を差し引いた金額をお支払いします。

《全損の場合》

ご契約の保険金額の全額。

※全損とは次のいずれかの場合をいいます。
  • 1. バイクの修理費が保険金額以上となる場合
  • 2. バイクが修理不可能の状態まで損傷してしまった場合

補償されない主な範囲

  • 1. ご契約の二輪自動車の盗難によって生じた損害(発見されるまでの間に生じた損害も含みます。)
  • 2. 保険契約者、被保険者または保険金を受け取るべき者の故意または重大な過失によって生じた損害
  • 3. 地震もしくは噴火またはこれらによる津波によって生じた損害、または火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮、ひょう災によって生じた損害
  • 4. 無免許運転、麻薬等の影響で正常な運転ができないおそれがある状態での運転、酒気を帯びた状態での運転の場合に生じた損害
  • 5. 被保険自動車を競技、曲技のために使用すること、または被保険自動車を競技、曲技を行うことを目的とする場所において使用することにより生じた損害
  • 6. 被保険自動車に危険物を業務として積載すること、または被保険自動車が危険物を業務として積載した被牽引自動車を牽引することにより生じた損害
  • 7. 被保険自動車に存在する欠陥、腐食その他自然の消耗による損害
  • 8. 故障損害
  • 9. タイヤ(チュ−ブを含む)に生じた単独損害
  • 10. 他の自動車(原付自転車を含む)との衝突・接触で、相手自動車およびその運転者または所有者が不明の場合(あて逃げなど)

車両価額協定保険特約(自動付帯)

車両保険に自動付帯される特約です。この特約の付帯によって、保険期間中におけるご契約のバイクの経年減価に関わらず、ご契約時の保険金額を限度に車両保険金をお支払いします。ただし、事故の際に損害調査を行った結果、車両保険金額が時価額を著しく超える場合は、時価額を限度に保険金をお支払いします。

もっと補償を充実させるには

盗難時の臨時費用特約

バイクが盗難にあったときの補償です。警察に届け出た場合に、5万円をお支払いします。

携行品特約

自動車と衝突事故を起こしてしまい、デジタルカメラが壊れてしまったときなど、偶然の事故により、外出中の記名被保険者が携行している身の回り品に生じた損害を補償します。

補償内容の詳細は重要事項のご説明、契約前のご案内及び約款をご確認ください。

A-220518-7

インターネットから申し込むと、初年度最大10,000円割引

  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

チューリッヒのバイク保険
ネット申込みで最大10,000割引!

  • インターネット割引の詳細はこちら

バイク保険 お見積り