閉じる

自動車保険会社(損害保険会社)の種類

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

自動車保険会社(損害保険会社)の種類

自動車保険は損害保険の1つです。損害保険は企業や個人の事故や災害による損害を補償する目的で、自動車保険の他、物品や建物が対象の火災・地震保険などがあります。
自動車保険は、自動車を所有し、使用するうえでのさまざまなリスク、不測の事故から身を守るうえで大切な保険です。自動車保険を取り扱う保険会社は数多くあるため、どの保険会社を選べばいいか分からないという方も多いでしょう。
しかし、加入している、または加入しようとしている保険会社が損害保険業界の中でどのような位置づけにあるかを知ることで、提供するサービスの強みなどが垣間見えるかもしれません。そこで本記事では日本にある自動車保険会社(損害保険会社)の業界地図をご紹介します。

自動車産業の成長、マイカーブームとともに自動車保険の普及へ

自動車産業の成長、マイカーブームとともに自動車保険の普及へ

日本の高度経済成長とともに自動車産業は成長し、1968年には自動車保有台数は、1,000万台を超えました。
そして、自動車の普及により交通事故の増加は大きな社会問題になっていきます。車という財産を守るというよりもむしろ、万が一事故を起こしてしまったときに相手の損害を補償することが、自動車保険に求められる最大の役目へとシフトしていきました。

当時の自動車保険はみな同じ料率

当初、自動車保険は自動車保険料率算定会(現在は損害保険料率算出機構)という料率算出団体が自動車保険や火災保険の料率を決めており、すべての保険会社がその料率を適用するように法律で義務付けられていました。つまり条件、補償内容が同じならば、どこの損害保険会社で加入しても保険料は変わらなかったのです。

自動車保険の自由化で保険料に差が出るように

自動車保険の自由化で保険料に差が出るように

今でこそ自動車保険に加入する際、数社で見積もりをとったり、一括見積サイトを利用したりするという方も多いでしょう。各損害保険会社の特色を出した保険商品や「リスク細分型」の導入による保険料の設定、電話やインターネットによる通信販売が可能になったことで、同じ条件でも保険会社によって保険料に差が出ることが浸透しているからです。

自動車保険自由化 主なできごと

1996年 日米保険協議最終合意:保険業法の改正、生損保相互参入
1997年 リスク細分型保険の解禁:アメリカンホーム保険の通信販売スタート
1998年 保険料率が自由化:自動車保険算定料率の使用義務廃止

通販(ダイレクト)型自動車保険の販売開始年

  • アメリカンホーム保険……1997年
  • チューリッヒ保険会社……1998年
  • ソニー損保……1999年
  • アクサ損保……1999年
  • 三井ダイレクト損保……2000年

国内の自動車保険会社(損害保険会社)は大きく3分類

国内の自動車保険会社(損害保険会社)は大きく3分類

損害保険の自由化の流れをうけ、各保険会社は新商品の開発やリーズナブルな保険料の提示を行うための激しい競争の中にいるといえ、効率的な経営が求められています。
そのため損害保険会社は合併、統合をすすめ、現在の損害保険業界は東京海上日動火災を中心とする東京海上ホールディングス、三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保が統合したMS&ADホールディングス、損保ジャパン日本興亜のSOMPOホールディングスという3メガ損保、その他国内自動車保険会社、外資系保険会社に分類できます。

自動車保険を取り扱う会社も多数あり、各社それぞれ保険商品の設計を行っているため、どの保険会社がいいのか迷ってしまうのも無理はありません。自動車保険の保険料は自動車を運転する人の年齢、事故歴、使用目的などの要素が影響しますので一概にどこの保険会社がいい、安ければいいとは言えないのです。
しかし、どこで入っても自動車保険は同じという時代と比べ、自分自身の使用状況、必要な補償をきちんと把握すれば、自分に合った自動車保険を選択することができる時代になったということです。
自動車保険を選ぶ際は、ぜひ複数の保険会社を比較検討してみてください。
チューリッヒのかんたん3ステップお見積りはこちらから

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD181116-1

「保険の乗り換え」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り