閉じる

自動車保険のノンフリート等級とは

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
自動車保険のノンフリート等級とは

自動車保険を検討していると「等級」、「ノンフリート」、「フリート」という単語を見かけることがありませんか?
等級(制度)とは、事故(保険金請求)歴に応じた保険料の割引・割増を適用するための制度を指します。
では、「フリート」や「ノンフリート」とはどのような内容なのでしょうか。

ノンフリート契約とフリート契約

ノンフリート契約

ノンフリート契約とは、契約者が所有、もしくは使用している自動車のうち、すべての台数が9台以下の契約を意味しています。一部例外はありますが、個人的な使用で車を10台以上所有することはまずないでしょう。そのため、個人で自動車保険に加入する場合には、ほとんどがノンフリート契約になります。

フリート契約

一方、フリート契約とは、自動車の台数が10台以上の契約を意味しています。主に法人が自動車保険に加入する際の契約のことを指します。

ノンフリート契約の特徴について

ノンフリート契約の特徴は、前述の等級制度という、事故(保険金請求)歴に応じた保険料の割引・割増を適用するための制度があるという点です。「ノンフリート等級」と呼ばれるもので1〜20等級(保険会社によってはそれ以上の場合もあります)に分けられており、等級が高いほど、事故が少ない優良なドライバーということになります。

新規加入時には6等級からスタートし、等級が上がるにつれて保険料の割引率が高くなっていき、保険料負担を軽減できるという仕組みです。

ある自動車保険に加入していて、他に魅力的な商品を見つけたので乗り換えたいと思うこともあるでしょう。その場合、6等級よりも上の等級を持っていると、乗り換えにより6等級に戻ってしまうのではないかと心配な方もいるかもしれません。
しかし一部例外を除き、ノンフリート等級は保険会社を変えても、そのまま引き継がれます。20等級の方が別の保険会社の自動車保険に乗り換えても20等級のままとなり、6等級に戻ってしまうことはないため、その点を心配する必要はありません。

なお、等級を他の保険会社から引き継ぐ場合、満期日のタイミングで保険会社を乗り換えることをお勧めします。等級は1年間無事故であれば1つ上がりますが、満期でなければ上がることはありません。もし無事故であったとしても契約期間中に保険会社を変更してしまうと、等級が上がる機会を逃してしまいます。
満期日まで無事故であり、満期日のタイミングで保険会社の乗り換えを行えば、移行先の保険会社でも1等級上がった状態で引き継ぐことができます。

等級の上下が起こる仕組み

等級の上下が起こる仕組み

前述したように、自動車保険に新規契約をすると6等級からスタートします。その後の保険の使用状況に応じて、等級が上下するという仕組みです。

まず契約して1年間、保険を使うような事故を起こさなかった場合には翌年に1等級上がります。ただし交通事故などを起こして自動車保険を使った場合には、翌年度の等級は事故1件につき最大3等級下がってしまいます。等級が下がればその分保険料が高くなるため、損害額が少ない軽微な事故の場合は、保険を使わない方が結果的に負担額が少ないケースもあります。

保険を使った場合、原則として翌年度は等級が3つ下がることはすでに紹介しましたが、例外もいくつかあります。まず、人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険だけを請求する場合や、代車費用特約や弁護士費用特約、原付(ファミリーバイク)特約などの特約にて保険金を請求する場合には、事故としてカウントされずノーカウント事故となります。つまりその他の保険金請求がない場合には、翌年度の等級はダウンせずに1つ上がります。このように事故の内容によって等級への影響が変わることから、3等級下がる事故のことを「3等級ダウン事故」、1等級下がる事故のことを「1等級ダウン事故」といいます。

たとえば、自動車盗難の被害に遭ってしまった場合や、台風や竜巻、洪水、高潮のような自然災害によって自動車が損害を受けた場合、いたずらなどで自動車を修理に出さなければならなくなった、小石がフロントガラスに飛んできてヒビが入ったので補修をしたといった場合には、1等級ダウン事故となります。このように3等級ダウン事故とはならない事例もあることも覚えておいて良いでしょう。

ちなみに通常は6等級からのスタートですが、すでに自動車保険に契約済みの方が2台目の自動車で保険に加入する場合には、一定の条件を満たすことでセカンドカー割引が適用され、7等級からスタートできる制度もあります。

2012年にノンフリート等級制度が改定

2012年にノンフリート等級制度が改定

ノンフリート等級制度は、2012年に一部ルールが改定され、それまでのルールから大きく変わっています。その中でも注目すべきなのは、各等級の割引率を、事故無の場合と事故有の場合との2種類に分類したことです。つまり同じ等級でも事故無か事故有かによって、適用される割引率が違うのです。なお、ここから先では、事故無の割引率のことを「無事故係数」、事故有の割引率のことを「事故有係数」とします。

事故により保険金を請求したことのある方は、翌年度の契約から「事故あり係数適用期間」の契約となり、一定期間「事故有係数」が適用されます。一方で保険金を請求したことがない方は、「無事故係数」が適用されます。

ただし事故を起こして「事故あり係数適用期間」の契約になった場合でも、決められた期間に保険の使用がなければ「事故あり係数適用期間」はゼロとなり、無事故係数が適用されることとなります。「事故あり係数適用期間」は、3等級ダウンの事故の場合には、1件の事故により3年間、1等級ダウンの事故の場合には、1件の事故により1年間が適用されることとなります。

自分の等級の確認をしよう

自動車保険に加入している方の中には、現在自分がどの等級なのか知らないという方もいるかもしれません。しかし、保険料の見直しや乗り換えを検討し別の保険会社で保険料の見積もりをするにあたって、その時点での等級がいくつかを知る必要があります。自分の等級を知らない方は、契約時の保険証券や、更新の案内はがきなどに記載されているはずなので確認してみましょう。

自動車保険を乗り換えることによって、違ったサービスを受けることができたり、今まで以上にお得な保険料で同じような補償が受けられる可能性もあります。自動車保険の乗り換えをご検討中の方で、更新はがきなどから等級の確認ができた方は、当社にてぜひお見積もりください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170309-2(2)

「等級」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

保険料平均
19,535円節約※1

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE