閉じる

2台目の自動車保険はセカンドカー割引でお得

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
2台目の自動車保険はセカンドカー割引でお得

一世帯で自動車を複数台所有するケースもあるかと思います。夫婦でそれぞれ車を持ったり、免許を取得した子どもが車を買ったりと、家族の形態やライフスタイルに合わせて車を購入することもあると思います。その場合は、「セカンドカー割引」というお得なサービスを利用できるかもしれません。こちらでは、2台目以降の自動車保険をお得に契約できる方法をご紹介します。

セカンドカー割引とは

セカンドカー割引は、ほとんどの保険会社で採用している割引制度です。2台目の車両を契約する場合、1台目の自動車保険がその時点で11等級以上であれば、2台目の自動車保険を7等級からスタートできるというものです。また、1台目と2台目が違う保険会社であっても、セカンドカー割引を適用させることができます(保険会社によっては1台目と2台目が同じ保険会社で契約することが条件となる場合もあります)。

通常の新規契約であれば6等級からスタートすることになるので、1等級すでに上がった状態から始められるというメリットがあります。1等級の違いでも保険料の割引率は変わります。

また、6等級と7等級の違いは補償にもあります。チューリッヒの場合、車両保険の免責金額(自己負担する金額)は6等級が7万であるのに対し、7等級であれば5万円となります。たとえば事故による自分の車の損害額が50万円である場合、6等級の場合は7万円を自己負担し、残りの43万円を車両保険で補償します。しかし7等級の場合は、5万円を自己負担し、残りの45万円を車両保険で補償しますので、自己負担は2万円少なくなります。

少しでも自動車保険の保険料や自己負担金額を節約し、補償を充実させることを考えているのであれば、セカンドカー割引を活用することをお勧めします。

チューリッヒの「おまとめキャンペーン」

チューリッヒの「おまとめキャンペーン」

前述の通りセカンドカー割引はほとんどの保険会社で採用されていますが、チューリッヒではさらに2台目のご契約をお得にできる「おまとめキャンペーン」と呼ばれるキャンペーンも展開しています。

これは、チューリッヒでご契約いただいている場合で、2台目以降の自動車保険をチューリッヒでご契約いただいた場合にお米ギフトカードをプレゼントするキャンペーンです。新たな契約の年間保険料が5,000円以上3万円未満で1,000円相当、3万円以上で3,000円相当のお米ギフトカードをお送りします。

自動車保険だけでなく、バイク保険や傷害保険をご契約いただいた場合にも、「おまとめキャンペーン」が適用されます。
ちなみに1契約目がチューリッヒのバイク保険や傷害保険の場合でも、新たに自動車保険や2台目のバイク保険、傷害保険に新規契約したというケースも「おまとめキャンペーン」の対象です。補償内容や価格はもちろんのこと、このようなキャンペーンも保険会社を選ぶ際の参考にしてみてください。

「おまとめキャンペーン」の対象になるのは、スーパー自動車保険、スーパーバイク保険、スーパー傷害保険、スーパー傷害保険Liteの4つの新規契約です。スーパー傷害保険プラス(普通傷害保険)、ネット専用自動車保険(自動車保険)は対象外となります。

「おまとめキャンペーン」は契約者が同じであることが条件

チューリッヒの「おまとめキャンペーン」を活用したいとお考えであれば、契約者名義についてご注意ください。チューリッヒの「おまとめキャンペーン」では、1つめの契約も、2つめの契約も契約者名義が同じ保険契約が対象となります。
たとえば、夫婦それぞれの自動車の保険の名義を別々にしてしまうと、せっかくのキャンペーンが受けられなくなってしまいます。また、あくまでも保険の新規契約が対象となります。継続契約は対象外となりますので、その点もあらかじめご理解ください。
「おまとめキャンペーン」の詳しい情報やエントリー方法はこちらをご確認ください。

特約の重複に注意しましょう

特約の重複に注意しましょう

2台目以降の自動車保険をご契約される際には、特約を含めた補償内容をしっかり吟味するようにしましょう。

たとえばチューリッヒでは、弁護士費用等補償特約個人賠償責任補償特約原付特約記名被保険者またはその配偶者の同居の親族が被保険者となり、補償が適用されます。そのため、配偶者や同居の家族が同じ特約をつけている場合には補償が重複する可能性があります。それぞれのご契約内容を確認し、補償が重複していないか注意するようにしましょう。

また、2台目の自動車保険に入る際には、人身傷害保険の補償内容もチェックすることで保険料が節約できることがあります。人身傷害保険とは、契約している車だけでなく他の自動車に乗車しているときや、歩行中に交通事故に巻き込まれて死亡、もしくはケガをしたときに補償を受けられる保険です。
他の自動車に対する補償もついているため、もし2台目以降に人身傷害保険を付けるのであれば、補償範囲を搭乗中のみに限定して契約するとよいでしょう。

2台目以降の車をご検討される際は是非チューリッヒでもお見積もりください

以上のように、チューリッヒではセカンドカーの自動車保険契約に対して、セカンドカー割引だけでなく、さらにお得な「おまとめキャンペーン」もご用意しています。すでに当社でご契約中の方も、これから検討をされる方も是非チューリッヒの自動車保険をご検討ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170526-5

「自動車保険」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE