閉じる

事故で自動車保険を使うと等級はどうなる?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

事故で自動車保険を使うと等級はどうなる?

事故で自動車保険を利用すると等級は下がり保険料は高くなります。では等級はどのような事故の場合、どの程度下がるのでしょうか。ここでは、事故で自動車保険を利用した場合の等級のしくみについて説明します。

事故で保険金を受け取った場合、そのあと等級はどうなるの?

事故で保険金を受け取った場合、そのあと等級はどうなるの?

等級は毎年の保険料を決める基準となるものです。事故の内容によっては等級の下がり方なども違ってきます。上手に保険を利用するためにも等級のしくみを正しく理解しましょう。

自動車保険の等級とは

自動車保険では、契約者の事故の回数や内容に応じて保険料を算出する等級制度を設定しています。これを正式には「ノンフリート等級別料率制度」といい、一人の契約者に付き契約車両台数が9台以下の場合に適用されます。
等級は1等級から20等級まで設定されており、等級が上がるほど保険料の割引率も上がるしくみになっています。契約初年度は6等級からスタートし、以後無事故であれば毎年1等級ずつ上がり保険料も安くなるしくみです。
このように、無事故で安全運転を心がけている運転手にとって有利になるのが等級制度なのです。

初めて加入する場合、等級はどこから始まるの?
初めて加入する場合、等級はどこから始まるの?

保険金を受け取ると等級はダウンする

しかし、事故を起こして自動車保険を利用し、保険金を受け取ると等級はダウンします。
たとえば人身事故の場合や物損事故を起こした場合などは3等級ダウンします。

保険金を受け取ると翌年度の保険料に影響する

事故で自動車保険を利用した場合は等級ダウンになるので、等級がダウンした分翌年度の保険料は上がります。
また事故を起こすと「事故あり等級」が適用され、無事故の場合よりも割引率が下がるのです。
自動車保険を利用すると等級ダウンによる保険料のアップだけでなく、保険料の割引率も下がるので、さらに保険料が高くなるのです。

3等級ダウン事故の場合

翌年度の契約から3年間、「事故あり」の等級が続きます。

3等級ダウン事故の場合

1等級ダウン事故の場合

翌年度の契約から1年間、「事故あり」の等級が続きます。

1等級ダウン事故の場合
<「事故無し等級」と「事故あり等級」の保険料の割引率比較>
等級 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
無事故 64% 28% 12% -2% -13% -19% 30% -40% -43% -45%
有事故 -20% -21% -22% -23%
等級 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
無事故 -47% -48% -49% -50% -51% -52% -53% -54% -55% -63%
有事故 -25% -27% -29% -31% -33% -36% -38% -40% -42% -44%

※1〜6等級の継続契約では無事故契約者は含まれないため、無事故・有事故の区分はありません。

出典:日本損害保険協会HP

等級ダウンの継続期間

事故で保険金を受け取った場合は、事故の内容に応じて等級ダウンの継続期間も適用されます。
たとえば13等級のときに人身事故を起こし、対人賠償保険を利用し保険金を受け取った場合は、翌年度から3年間「事故あり等級継続期間」が適用され、事故あり等級の割引率が適用されることになります。

【例】13等級で事故を起こした場合の事故あり等級継続期間と保険料割引率
事故発生 事故あり等級継続期間(3年)
等級 事故無しの13等級 事故ありの10等級 事故ありの11等級 事故ありの12等級 事故無しの13等級
割引率 -49% -23% -25% -27% -49%

繰り返し事故を起こした場合はどうなる?

事故を繰り返して起こした場合は「事故あり等級継続期間」が加算されることになります。たとえば13等級の年に人身事故を起こし、さらに翌年度物損事故を起こした場合、3等級ダウンが2回、計6年度分の事故あり等級継続期間が適用されることになります。

【例】事故を起こした翌年度に再度事故を起こした場合の「事故あり等級継続期間」と保険料割引率
事故あり等級継続期間
等級 事故無しの13等級 事故ありの10等級 事故ありの7等級 事故ありの8等級 事故ありの9等級 事故ありの10等級 事故ありの11等級 事故無しの12等級
割引率 -49% -23% -20% -21% -22% -23% -25% -48%
事故発生 事故発生

事故の内容で等級ダウンの仕方が変わる場合もある

事故の内容で等級ダウンの仕方が変わる場合もある?

自動車保険を利用すると基本的に3等級下がりますが、事故の内容によっては等級が下がらなかったり、1等級しか下がらなかったりする場合もあります。それぞれの事故の内容はどのようなものなのでしょうか。

ノーカウント事故〜等級が変わらない場合〜

自動車保険を利用しても等級への影響がなく、翌年度も等級が無事故と同様に1等級上がる事故のことをいいます。
ノーカウント事故は以下の場合に適用されます。

  • 自動車事故で契約車の搭乗者が死傷するなど、人身傷害保険や搭乗者傷害特約を利用した場合
  • もらい事故で保険会社が示談交渉できない場合に弁護士特約を利用した場合
  • 事故を起こした相手側が、無保険車で無保険車傷害特約を利用した場合
  • 自転車に乗って対人事故を起こしたなど、個人賠償特約を利用した場合
  • 原付などで事故を起こし原付特約を利用した場合

など

等級が下がらない事故

1等級ダウン事故

翌年度の契約で等級が1等級ダウンし、事故あり等級継続期間が1年間の事故のことをいいます。
1等級ダウン事故は以下の事故の際、車両保険などが利用される場合に適用されます。

  • 台風や竜巻などの自然災害で車両が破損した場合
  • 落書きなどのいたずらで車両が破損した場合
  • 飛来物または落下物の衝突により車両が破損した場合
  • 車両が盗難に遭った場合
  • 他物との衝突や転覆、転落などの理由以外で車両が火災や爆発を起こした場合
1等級ダウン事故

3等級ダウン事故

3等級ダウン事故は、ノーカウント事故と1等級ダウン事故に該当しない事故すべてに適用される事故です。
3等級ダウン事故の主なものとして以下の内容があげられますが、基本的にほとんどの事故は3等級ダウン事故といえます。

  • 人身事故を起こし、対人賠償保険を利用した場合
  • 他人の車や店舗、家屋に車をぶつけて対物賠償保険を利用した場合
  • 電柱に車をぶつけるなど、単独事故で車両保険を利用した場合
  • 当て逃げに遭い、車両保険を利用した場合
3等級ダウン事故

事故の際、保険金は受け取った方がいいの?

事故の際、保険金は受け取った方がいいの??

せっかく自動車保険に加入しているのだから、事故の際は自動車保険を利用したいと思いがちです。しかし、実際は自動車保険を利用すると結果的に経済的負担が大きくなる場合もあります。

保険を利用した方が割高になる場合も

自動車事故は事故の内容によって生じる損害賠償額もさまざまです。
たとえば、人身傷害事故や大きな物損事故などは、巨額な補償が必要になることが珍しくないので自動車保険を利用することが必要不可欠です。
しかし、微妙なのが修理費や賠償金が10万円以下など、軽微な事故の場合です。
自動車保険を利用すると等級が下がり、「事故あり等級の割引率」と「事故あり等級継続期間」が適用されるので、自動車保険を利用しない場合に比べ、翌年度以降の保険料が高くなります。軽微な事故の場合は自動車保険を利用した方が逆に高くなってしまう場合もあるのです。
保険を利用した方が、保険料が割高な場合や大きな差がない場合は、保険を利用せずに自費で修理費や賠償金を支払うことをおすすめします。

事故が起きたら保険会社に相談しましょう

事故を起こしてしまった場合、自動車保険を利用するかどうかも含めて必ず保険会社に相談しましょう。保険料の増額分と修理代の概算を教えてもらえるので、そのうえで自動車保険を利用するのと自費で支払うのとでは、どちらが経済的かをじっくりと検討することをおすすめします。

また事故はいつ何時起こるかわかりません。軽微な事故の後に大きな事故を起こすことも考えられます。事故の大きさにかかわらず、万が一に備えた自動車保険の上手な活用方法をおすすめします。

まとめ:自動車保険を利用すると翌年度からは保険料が上がります。

まとめ:自動車保険を利用すると翌年度からは保険料が上がります。

一般的に事故で自動車保険を利用すると自動車保険は、

  • 等級が下がる
  • 「事故あり等級」が適用される
  • 「事故あり等級継続期間」が適用される

ことになり、翌年度からの保険料が上がります。
軽微な事故の場合は、保険料の増額分よりも修理費が低いこともあるので、事故の場合は保険会社に自動車保険を利用すべきかどうかを相談し、必要なときだけ自動車保険を利用するようにしましょう。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190415-2

「等級」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り