閉じる

家族間の等級の入れ替え(吐き出し新規)

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
家族間の等級の入れ替え(吐き出し新規)

家族で複数台の自動車を保有する際には、それぞれの車ごとに自動車保険を契約するのが基本です。

共働きのご家庭の場合には、奥様の通勤のために車が必要になったり、お子さんが社会人になって購入したりと、複数台所有、2台目を増車する世帯も少なくありません。

そういった増車による新規契約が必要なときに、少しでも保険料を安くする方法として「吐き出し(はきだし)」や「押出し」と呼ばれる制度の利用が挙げられます。

ここでは、自動車保険(任意保険)におけるこの制度についてご紹介します。

自動車保険の吐き出し(押出し)とは?

この制度は、家族間で等級の付け替えを行える制度のことです。

なかなかイメージしにくいかと思いますが、「等級を貰う・あげる」という言葉に置き換えると分かりやすいでしょう。

これは、自動車保険にすでに加入している方が、配偶者や同居の親族に自身の持っている等級を譲り渡すことができる制度です。

保険業界では、一般的に用いられる言葉であり、等級を譲り受け、高い等級をつけた上で保険に加入することを「吐き出し新規」や「押出し新規」と呼称することもあります。

この制度を利用すれば、譲られた等級から契約をスタートできます。
特に、年齢が若い方の場合には、年齢制限をはじめとした保険審査や条件が厳しくなり、最初の内は保険料が高くなってしまいます。

この点を回避できる等級の譲渡は、お子さんがいるご家庭であれば知っておくと嬉しい制度といえるでしょう。

たとえばこんな時に……

等級の譲渡をすることで、どれくらいの保険料が節約できるのかは、現在契約中の自動車保険の等級によって大きく変化します。
これは、保険料が等級によって変化することが理由です。

例として、下記のようなケースを想定してみましょう。

【20歳の息子が車を購入した家庭】

お子さんが新規で車を購入、ご家庭にはすでに一台お父さん名義の車を所有しているが、あまり車に乗る機会がなく、ゴールド免許でさらに保険の等級が20等級だとします。
このとき、お子さんが通常通り新規で保険に加入すると、6等級(もしくは7等級)での契約となるのが基本です。

一方で、お父さんの等級を譲り受ければお子さんが20等級になります。
お父さんの方は、改めて保険加入するため6等級(もしくは7等級)からスタートとなりますが、ゴールド免許や年間走行距離、年齢などが加味され、お子さんが新たに契約した場合よりも安くなることが予想されます。

上記の二つを比べてみると、等級を譲渡した場合の方が大きく節約できます。

これは、等級が低い人の方が保険料は高くなるのに加えて、年齢が保険料に大きく影響することも要因になっています。同じご家庭であれば、等級の譲渡をした方がよいケースが多いのです。

等級を譲渡する際の注意点

上記のようなメリットがある等級の譲渡ですが、この制度を利用するためには、一定の条件を満たす必要があることを覚えておいてください。

主な条件には、「配偶者か同居の親族である」ということと「車両の交換では適用できない」という点が挙げられます。

【配偶者と同居の親族でしか利用できない】

等級の譲渡を行う人と受ける人のご関係が、配偶者間か同居のご親族間でなければ、この制度を利用しての契約は認められません。

そのため、お子さんであっても、実家を離れているケースでは適用できませんので注意してください。
実家を出る前に車を購入する機会があるのであれば、同居しているうちに自動車保険の契約をすることで利用できます。

一方で、等級の高いお父さんが単身赴任で遠方にいる、というケースでも配偶者の同居人であれば等級の譲渡が可能です。
この場合の配偶者は法的でない内縁でも問題ありません。さらに、同居人であれば、甥や姪といった直接の血のつながりがない方でも、ご親族の方であれば等級を譲り受けることが可能です。

【車両の単純交換では適用不可】

そもそもこの制度は、基本的にご家庭で利用する自動車の増車か、自動車保険に加入中の自動車を廃車にすることを前提にしています。
したがって、同世帯で保有する自動車の台数が増加したり減少したりする際には適用できますが、単純な保有者の入れ替えでは利用することができません。

例えば、お父さんが短距離通勤になったため、今までお子さんが乗っていた軽自動車を貰い受け、これまで乗っていたハイブリッド車を、比較的長距離を運転する機会の多いお子さんへと譲るような場合には、等級の交換となり契約はできません。
ただし、どちらかが任意保険にこれまで加入していなかったなどの特殊なケースでは、個別で対応が異なりますのでお問合わせください。

覚えておくとメリットがある制度

自動車保険は、必ず入るというご家庭が多いものの、年間の負担金が高くなってしまい悩んでいるという方もいらっしゃるでしょう。
少しでも安くするためにさまざまな保険会社で見積もりを取ったり、制度について調べてみたりしているという方もいるはずです。

等級の譲渡は、そのような自動車保険における制度の中でも、知っておいて損はない制度です。
単純な保有者の入れ替えでは利用することができないものの、条件を満たせば、等級を付け替えるだけで年間の保険料を抑えられるでしょう。

2台目の増車はもちろん、これからお子さんや奥様が車の購入を予定しているようであれば、ぜひ検討してみてください。

※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170309-2(2)

「等級」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り