自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

車の買い替え時の自動車保険。変更手続きや必要書類

更新日:2023年11月2日

公開日:2020年9月28日

車の買い替え時の自動車保険。変更手続きや必要書類

車を買い替えたときは、自動車保険の契約車両を切り替える必要があります。買い替え後の車で事故にあった際に必要な補償を受けるためには、保険会社に連絡をして納車日までに手続きを済ませましょう。

契約当初から補償内容を見直していないという方も少なくないでしょう。補償対象となる車が変わると保険料が変わる可能性が高いため、車の買い替えは保険料や補償内容を見直すきっかけにもなります。

車の買い替え時の変更手続き方法や見直しポイント、注意点などをご説明します。車を買い替えた方や買い替える予定がある方は、ぜひご参考にしてみてください。

チューリッヒのご契約者さまで車の買い替えによる保険の切り替え手続きをご希望の方は、「車両入替のお手続き」もご確認ください。

ポイント

  • 車を買い替えるときは、自動車保険の車両入替の手続きをすると新しい車に補償内容が引き継がれます。
  • 車両が変わると保険料が変わる場合があるので、差額を精算する必要があります。
  • 車を買い替えたら、自動車保険の保険料と補償内容も見直しましょう。

車を買い替えたときは自動車保険の車両入替手続きが必要

車両入替とは、保険期間の途中で補償対象となる車を変更することです。

自動車保険は、補償対象である車で起きた事故の損害を補償するため、車を買い替えたら補償対象の車も変更する必要があります。

車両入替手続きをしなければ新しい車が補償の対象にならないため、事故を起こしてしまったときに保険金が受け取れません。

なお、車両入替を行うには一定の条件を満たす必要があります。新しい車を購入した場合や車を譲り受けた場合など、契約している車が変わる際は保険会社に連絡し、車両入替手続きをしましょう。

車を買い替えたときは自賠責保険と任意保険で手続きが異なる

自賠責保険は、すべての車の所有者が加入しなければならない強制保険で、任意保険は自賠責保険だけでは補償できない部分をカバーするための保険です。

車を買い替えたとき、自賠責保険では買い替えた車が「新車」か「中古車」かによって手続きが異なり、任意保険では「車両入替」の手続きが必要です。

自賠責保険

買い替えた車が「新車」である場合、新たに自賠責保険に加入する必要があります。

これまで加入していた自賠責保険は引き継ぐことができません。新規加入の際は、これまで加入していた自賠責保険の解約手続きも必要ですので、併せて行いましょう。

なお、自賠責保険の保険料を一括払いしていた場合、有効期限の途中で解約すると残りの保険料が返金されます。還付金金額は契約条件によっても異なります。

一方、買い替えた車が「中古車」である場合、自賠責保険の名義変更を行う必要があります。

原則として、車を購入したディーラーや販売店が手続きを代行してくれますが、個人間取引で譲渡を受けた場合は、契約している保険会社の営業所などで自ら手続きします。

契約している保険会社は、自賠責保険証明書に記載されていますので、個人間取引で車を購入した場合は、自賠責保険証明書の受け取りを忘れないようにしましょう。

自賠責保険の名義変更は必要?住所変更やバイクの名義変更との違い

任意保険

車を買い替えた場合は、新車か中古車かに関わらず、任意保険(自動車保険)の「車両入替」手続きが必要です。

車両入替の手続きをしなければ、万が一の際に必要な補償が受けられない可能性があります。

なお、車両入替には「入替前の車が廃車・譲渡・返還された場合である」「入替後の車の所有者が入替前の所有者または配偶者、同居の親族である」などの一定の条件を満たしている必要があるため、手続き前にあらかじめ確認しておきましょう。

車を買い替えたときに保険を切り替えるタイミングは?

保険を切り替えるタイミング

新しい車の納車日が決まったら、契約している保険会社へ早めに連絡し、できれば納車日までに手続きを済ませておきましょう。

自動車保険の車両入替の手続きを事前に済ませれば、納車日に自動的に保険が切り替わります。当日、乗り換えるまではそれまでの車、乗り換え後からは新しい車が補償対象となります。

なお、新たに取得した車であれば、車両入替手続きに猶予期間が設けられているため、新しい車の取得から30日以内であれば、取得後であっても車両入替の手続きが可能です。

チューリッヒでは、納車日の29日前から納車日翌日以降29日以内であれば、インターネットでお手続きすることが可能です。

車を買い替えたときに必要な任意保険の手続き

車を買い替えたときは、以下の手順で任意保険の車両入替手続きを行いましょう。

車を買い替えたときに必要な任意保険の手続き

1.必要書類を準備する

チューリッヒの場合、車両入替手続きには以下の書類を準備する必要があります。

新しいお車の車検証

新しいお車の
車検証

クレジットカード

クレジットカード

※追加保険料が発生する場合

銀行口座情報

銀行口座情報

※返還保険料が発生する場合

※ご納車前で車検証がお手元にない場合は、以下の項目をご確認のうえ、お手続きをお願いいたします。

  • 型式(例:E-ABC100)
  • メーカー名、社名(仕様)
  • 車両所有者
  • 車台番号
  • 初度登録年月
  • お車の登録番号(ナンバープレート)
  • 車両使用者

車両入替手続きに必要な書類は、保険会社によって異なる場合があるため、契約している保険会社にあらかじめ確認しましょう。

2.保険会社へ車両入替手続きの連絡をする

新しい車の購入が決まったら、車両入替の手続きを行いましょう。納車日が変わる場合は、その都度連絡する必要があります。

手続き方法は、保険会社によって異なります。
チューリッヒでは、インターネットもしくはお電話にて車両入替手続きが可能です。

3.補償内容と保険料を確認

車両入替によって補償対象が新しい車になっても、ノンフリート等級はそのまま引き継がれますが、車種や年式が変われば保険料も変わります。

車を買い替えたタイミングで、車両保険の加入有無や運転者の範囲など、自動車保険の補償範囲や補償内容を必要に応じて見直ししておきましょう。

4.保険料の差額を精算

任意保険は、車両や等級などさまざまな要素で保険料が決まるため、車両入替をすると多くの場合で保険料に差額が発生します。

車両入替で保険料が高くなる場合は差額を支払う必要があり、安くなる場合は返金されます。

保険の車両入替手続きをする際に必要な条件

車両入替手続きを行うには、一定の条件を満たしている必要があります。

チューリッヒの場合は以下の条件となります。

  • 入替後のお車が新たに取得したお車であること、または、入替前の車を廃車・譲渡・返還し、所有するお車を入れ替える場合
  • 入替後のお車の所有者が、入替前のお車の所有者またはご契約の記名保険者、その配偶者もしくは同居の親族であること
  • 入替後のお車の用途車種が自家用8車種であること

自家用8車種とは、以下の車種が該当します。

自家用8車種

※自家用普通貨物車(最大積載量0.5t超2t以下)、自家用普通貨物車(最大積載量0.5t以下)、特種用途自動車(キャンピング車)は、保険始期日が2022年1月1日以降のご契約に限ります。

車を買い替えたときの保険手続きの注意点

車両入替を行う際は、以下の5点に注意する必要があります。
チューリッヒの場合の、車両入替手続きの注意点についてご説明します。

  • 二輪車と四輪車では車両入替できない
  • 車両入替手続きは納車前に行う
  • 補償内容の見直しをする
  • 中途解約すると等級アップが遅くなる
  • 等級が引き継げない場合もある

二輪車と四輪車では車両入替できない

二輪車から四輪車、その逆の四輪車から二輪車など、二輪車と四輪車の車両入替はできません。

現在の契約が二輪車の場合、入替手続きは二輪車への変更手続きのみとなります。

車両入替手続きは納車前に行う

新しい車が納車される前に車両入替手続きを行わなければ、新しい車で事故を起こした際に任意保険の補償が受けられません。

なんらかの理由で車両入替手続きが納車前に間に合わない場合であっても、新しい車を取得してから30日以内の猶予期間内であれば手続きが可能です。しかし、猶予期間ギリギリで事故を起こしてしまった場合、補償を受けるには急いで車両入替の手続きをしなければなりません。

落ち着いて運転するためにも、新しい車に乗り換えることがわかったら、早めに車両入替手続きを行うようにしましょう。

事前に車両入替の手続きをしておけば、納車当日、自動車販売店から乗って帰る際に保険が切り替わっているため、安心して運転できます。

補償内容の見直しをする

車を買い替えるときは、自動車保険の補償内容を見直すよい機会です。乗り換える車に合わせて補償内容を見直せば、保険料を下げられる可能性があります。

今まで車両保険を付けていなかった場合でも、車を買い替えたタイミングで車両保険を付けることも原則可能です。

ただし、お車の初度登録年月、お客さまのノンフリート等級、お車の種類などにより、車両保険のお引受ができない場合があります。

中途解約すると等級アップが遅くなる

車を買い替えるタイミングで、他の保険会社に切り替えることも可能です。

しかし、契約期間の途中で保険会社を切り替えると、解約時点の等級で、切り替え後の契約を始めることになります。切り替え後の保険契約が1年満了するまで等級が変わらないため、等級の進みが遅くなってしまいます。

等級が上がるのは自動車保険の契約満期日です。満期日に合わせて他の保険会社に切り替えれば、スムーズに等級アップができ、保険料が抑えられる可能性があります。

等級アップのタイミング

車の買い替え時期が選べるのであれば、自動車保険の満期日に合わせて検討するとよいでしょう。

等級が引き継げない場合もある

車を買い替えても、原則として等級を引継げますが、以下2つのパターンでは等級を引継ぎできません。

  • 契約が切れて8日以上経った場合(売却と納車タイミングのズレ)
  • 乗っていた車を所有し続ける場合(売却や譲渡をしない)

等級の引継ぎができるのは解約日翌日から7日以内で、8日以上経つと等級がリセットされます。

たとえば、所有していた車を中古車の買取店で売却し、新しい車をディーラーで買うときは売却と納車のスケジュールを合わせにくく、空白期間が8日以上になる可能性が高くなります。

また、乗っていた車を廃車や譲渡せずに所有し続ける場合は、2台目を購入したとみなされるため、等級を引継げません。

「中断証明書」を発行することで等級を維持できる

自動車保険の解約から納車まで空白期間ができることがあらかじめわかっている場合は、保険会社に「中断証明書」の発行を申請しましょう。
チューリッヒの場合、等級を中断した日から最長10年間維持できます。

たとえば車を売却してから半年後に新しい車を購入するなど、車を所有しない期間が8日以上になる場合は、中断証明書を発行してもらいましょう。

中断証明書の発行条件は保険会社によって異なるので、詳細は加入する保険会社に確認しましょう。

自動車保険の中断証明書とは。デメリットはある?

車の買い替えに合わせて保険会社を見直すポイント

車を買い替えたときは、保険会社を見直すいい機会です。自分にあった保険会社を選ぶために、以下の見直しポイントを押さえましょう。

車の買い替えに合わせて保険会社を見直すポイント

さらに、複数の保険会社から見積りをすると補償内容や保険料が比較しやすく、自分にあった保険を選べるのでおすすめです。

自動車保険の見直しポイントとは?おすすめのタイミングと比較方法

通販型(ダイレクト型)か代理店型か

車の買い替えタイミングで保険会社を見直す際に、少しでも保険料を抑えたい方は、通販型の保険会社がおすすめです。

保険会社には、通販型(ダイレクト型)と代理店型の2種類があります。

通販型とは、インターネットや電話で加入できる保険会社です。代理店手数料や店舗経費が不要であることから、代理店型で加入するよりも保険料が抑えられる傾向があります。補償内容はインターネットや電話を通して相談も可能ですが、おもに自分で調べる必要があります。

一方、代理店型とは、代理店を通してスタッフに相談しながら保険に加入できる保険会社です。通販型と比べると保険料が高くなる傾向ですが、担当者に相談しながら補償内容を決められます。

通販型と代理店型は特長が異なるため、比較しながら自分に合うタイプの保険会社を選びましょう。

保険料を抑えられる割引がないか

各保険会社が用意している割引制度を活用することで、保険料が抑えられる可能性があります。

チューリッヒでは、以下の割引を用意しています。

チューリッヒの割引制度の例

  • インターネット割引
  • e証券割引(e割)
  • 早期契約割引(早割)
  • 新車割引
  • エコカー割引
  • 自動ブレーキ割引

保険会社によっては、「新車割引」や「エコカー割引」、「自動ブレーキ割引」など、車の買い替えタイミングで適用できる割引制度を多く用意しているため、積極的に利用しましょう。

補償内容に不足がないか

車を買い替えたときは、保険料だけでなく補償内容に不足がないかを検討しましょう。保険料だけに目を向けてしまうと、充分な補償を受けられない可能性があります。

また、車両だけでなくライフスタイルに合わせて補償内容や補償範囲が適切かもあらためて検討しましょう。

たとえば、子どもが免許を取得して運転するようになった場合は、運転者の範囲に子どもを含めるべきです。それにも関わらず、運転者の範囲が「本人・配偶者限定」のままとなっている場合があります。普段から契約内容を見直していなければ、気づかないうちに補償内容が不足してしまう可能性があります。

事故対応は充実しているか

事故対応の充実度は、保険会社を選ぶうえで重要なポイントです。自動車保険の事故対応は、保険会社によって異なりますが、特に差があるのがロードサービスです。

チューリッヒは、レッカー100kmまでの移動や10Lまでの給油などのロードサービスを無料で受けられます。

ご契約者さまならどなたでもご利用いただけるので、万が一の事故の際も安心です。
※ロードサービスが無料で付帯されるのは、スーパー自動車保険をご契約のお客さまに限ります。

ロードサービスとは。料金は無料?自動車保険とJAFとの違い

車を買い替えたら自動車保険も見直そう

車を買い替えたら、自動車保険の車両入替手続きを必ず行いましょう。納車前に前もって手続きをしておけば、納車日当日、車を乗り換えるタイミングで自動車保険が切り替わります。

車を買い替えるときは、保険会社を見直すチャンスでもあります。買い替える車両やライフスタイルの変化に合わせて、自分にあった補償内容や補償範囲であるかを見直すことが大切です。

通販型自動車保険のチューリッヒでは、車の買い替え時に新車割引やエコカー割引、新規加入の方にインターネット割引や早期契約割引(早割)など各種割引を設けています。

車の買い替えに合わせて自動車保険を見直す際は、ぜひチューリッヒをご検討ください。

金子 賢司

どれくらいの期間を新車とみなしてくれるかも保険会社で異なります。新車割引が長期間適用できたほうが保険料を割安にできる可能性が高いため、各保険会社の新車割引の適用期間を比較しておくことをおすすめします。

車の買い替えのよくあるご質問

Q車両入替の手続きは納車日当日でも可能ですか?
A

可能です。ただし、保険が切り替わらないと新しい車が補償の対象にならないため、納車日よりも前に手続きを済ませておくと安心です。

Q車両入替手続きの必要書類は?
A

チューリッヒの車両入替手続きでは、以下をご準備ください。

・新しいお車の車検証※
・クレジットカード(追加保険料が発生する場合)
・銀行口座情報(返還保険料が発生する場合)

Q車の買い替えに合わせて運転者の年齢条件も変更したいのですが、どうすればよいですか?
A

年齢条件の変更は、契約内容の変更手続きが必要です。車両入替とあわせて手続きしてください。
チューリッヒでは、インターネットでのお手続きが可能です。

Q車両入替手続きをすると、それまでの等級は引継げますか?
A

引継げます。ただし、以下2つのパターンでは等級を引継ぎできません。

・契約が切れて8日以上経った場合(売却と納車タイミングのズレ)
・乗っていた車を所有し続ける場合(売却や譲渡をしない)

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

「保険の手続き」の記事一覧

「保険の手続き」の記事一覧

A-230817-3

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り