閉じる

家族や他人名義の車でも自動車保険に加入できる?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

家族や他人名義の車、自動車保険は加入できる?できない?

「親から車を貰うことになったが、自動車保険はどうなる?」
「友人や知人から譲り受けた場合の自動車保険は?」
「知人の車を運転するときの自動車保険は?」

このようなときに真っ先に確認してほしいのが任意保険の内容です。

この記事では、家族や他人名義の車を所有することになった場合や、借りて運転することになった場合の自動車保険についてご説明します。

自動車保険に関係する3つの名義

自動車保険に関係する3つの名義

まず、自動車保険に関係する名義について確認しておきましょう。

自動車保険においては、「①車両所有者」「②保険契約者」「③記名被保険者」という3つの名義を理解しておく必要があります。

  • ①車両所有者
    ①車両所有者
  • ②保険契約者
    ②保険契約者
  • ③記名被保険者
    ③記名被保険者

①車両所有者
自動車保険を契約する車両の所有者です。自動車検査証(車検証)に記載されている人、つまり車検証の名義人です。ローンで車を購入した場合は、ローン支払いが完了するまではディーラーやリース会社、ローン会社が車検証の名義人となり、所有権留保という状態になります。

②保険契約者
自動車保険に加入する人であり、保険料の支払い義務を負う人のことです。

③記名被保険者
主に車を運転する人であり、補償の中心となる人のことです。

一般的なケースであれば、自分で車を所有し、自分で自動車保険に入るので①から③まで同一となります。

自分以外の人が所有している車で自動車保険に加入することはできる?

自分以外の人が所有している車で自動車保険に加入することはできる?

自動車保険は、車両所有者と保険契約者が同一であることが一般的です。車の名義と保険契約者の名義が異なっている場合の自動車保険について具体的にみていきましょう。

【車両所有者が保険契約者の親や配偶者の場合】
多くの保険会社では「配偶者または同居している親族の場合」は他人名義の車であっても自動車保険に入ることを可能としています。
つまり、配偶者や同居の親から譲渡された車であれば、保険契約者と車の名義が違っていても自動車保険に加入できます。ただし、車を譲り受けた本人が配偶者や親と同居している場合に限ります。親と別居している場合は、自動車保険に加入することができません。詳細は各保険会社に確認をしましょう。

【車両所有者が友人・知人などの他人である場合】
車両所有者が、保険契約者の友人や知人などの他人である場合は、名義変更せずに自動車保険に加入することはできません。
友人の車を譲り受けても任意保険までは譲り受けることはできないので、友人がかけていた保険を解約してもらい、新たに自分で保険に加入する必要があります。
車両を譲り受ける際に車両の名義変更をすれば、車両所有者=保険契約者となり、保険の加入は可能です。
ただし、名義変更の手続きと元の自動車保険の解約、新たな自動車保険の加入の手続きのタイミングは保険会社により異なるので、各保険会社に確認するようにしてください。

譲ってもらった車にローンが残っている場合はどうなる?

車両のローンが残っていると、車両の名義変更はできません。ローンが残っている車は、ディーラーやローン会社が所有者ですから、本来勝手に譲ることはできません。つまり、ローンを完済したあとに車を譲ってもらい、名義変更をし、自動車保険に加入するというのが原則です。しかし、ローンの返済が近々完了するという場合には、いわゆる「名義残り」という形で、実質の所有者は自分であるとして、譲ってもらった人の名義で保険契約ができることがあります。保険会社によっても対応が異なりますので、各保険会社に問い合わせてください。

他人名義の車を運転する、その場合の自動車保険はどうすればいい?

他人名義の車を運転する、その場合の自動車保険はどうすればいい?

自動車を譲り受ける場合でなくとも、他人名義の車に乗るという機会があるかもしれません。事情があって数日車を借りることや、長距離ドライブの際に「運転を代わる」ということもあるかもしれません。
そのような場合には、どうすればいいのでしょうか。
ここでは、他人名義の車を運転する際の疑問を解決していきましょう。

加入している自動車保険の記名被保険者の「家族」なら運転してもいい?

たとえば免許を取った直後の子どもが親の車を運転するというような場合です。 「自分名義の車ではないが、家族の車であれば運転しても問題ないのでは?」と思われるかもしれませんが、この場合、加入中の自動車保険の「運転者」の範囲を確認する必要があります。

「本人限定」「本人と配偶者限定」の場合は、同居の子どもであっても事故対応や補償をしてもらうことができません。 また、「年齢条件」で運転者が制限される場合、それ以下の年齢の人は補償の対象外です。たとえば、年齢条件が「30歳以上」で補償を設定していて、子どもが20歳だった場合、親の車で事故を起こしても補償の対象外になってしまいます。

このような場合は、自動車保険の「運転者」の年齢条件と範囲の内容を変更する必要があります。なお、子どもが自動車保険の補償の対象になるには同居していることが必須条件です。

他人の車を運転するとき、自分の自動車保険の特約はつかえる?

自分が既に自動車保険に入っていて、その保険に「他車運転危険補償特約」が付帯している場合には、他の人の車を運転していて事故にあった場合にも、借りた車を契約車両とみなし、自分の自動車保険から優先して損害を補償することができます。

ただし、車両の損害については、車の所有者が契約している自動車保険に車両保険がセットされている場合にのみ補償されますので、注意が必要です。保険会社によっても補償の範囲は異なりますので、確認してください。

チューリッヒの自動車保険にも他の車の運転中の事故に関する補償があります。他人の車を借りて運転中に事故を起こした場合であっても、一定の条件に合致し、対人・対物事故および車両保険をセットしていれば、契約している車の事故とみなして、借りた車での損害についても補償が受けられます。
詳細はこちら

任意保険に加入せずに、他人名義の車を運転するときは?

任意保険に加入せずに、他人名義の車を運転するときは?

「ほんのちょっとだから」と安易に他人の車を運転するのは危険です。車は所有していないが免許はあるという方にはドライバー保険に加入することをおすすめします。

「ドライバー保険」に加入する

他人の車を借りて運転している際に起こった事故について補償する保険です。自動車免許証を保有していれば加入することができます。1日単位で加入できるタイプのドライバー保険もあります。

ドライバー保険の補償内容や補償範囲については注意が必要

ドライバー保険は「他人名義の車」を運転する際、大変頼りになる保険です。ただし、補償内容や補償対象が一般の自動車保険に比べると限定されています。

<ドライバー保険の補償内容>
ドライバー保険の補償内容は、対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険の3つとなっています。他人の車の損害への補償は保険会社にとって異なりますので、確認が必要です。

<ドライバー保険の補償対象>
補償の対象となるのはあくまで「他人の車」です。たとえば、レンタカーや友人の車を借りる場合などであり、家族や、同居している親族が名義となっている車は補償の対象外となりますので、気をつけましょう。「別居している親族」であれば問題ありません。
また、車を業務に利用する場合もドライバー保険の補償対象外となります。業務で車を利用する場合には、業務上の責任者や車の管理者に、補償についてしっかり確認しておきましょう。

1日単位で加入できる自動車保険とは?

車を所有していないので、短期の補償でよいと考える人のために、「1日自動車保険」や「1DAY保険」といった名称の保険があります。一般的な保険は契約期間が年単位ですが、これらは1日単位で契約可能な保険です。1日あたり数百円からの保険料で加入できます。
また、インターネットやコンビニエンスストア、電話での加入が可能であるため、突然運転の予定が決まっても問題ありません。

※手続き方法、保険料の支払い方法はそれぞれ異なります。

任意保険に加入しなくても、「自賠責保険」に入っているから大丈夫と思うのは危険です。自賠責保険は相手のケガに対する最低限の補償で、相手の死亡・後遺障害などで支払われる金額は最大で3,000万円です。
対物賠償は補償の対象外ですので、借りた車の修理費や、建物や設備を壊してしまった場合の修理費には、億単位の支払いが必要になる事故もあり、自賠責保険だけでは補償は全く足りません。安易に他人の車を借りて運転せずに、ご自身の保険を見直したり、短期で加入できるドライバー保険に加入したりするようにしましょう。

まとめ/他人名義の車の自動車保険の加入について

まとめ/他人名義の車の自動車保険の加入について

以上、他人名義の車を譲り受けるときの自動車保険の加入、そして他人の車を運転するときの注意点についてご説明しました。
他人名義の車を譲り受けるとき、配偶者や同居の親族から譲り受けるのであれば、名義が異なっても自動車保険の加入は可能ですが、それ以外の友人、知人などから譲り受けた場合は名義を変更してから自動車保険の加入手続きをします。ローンが残っていて名義変更が間に合わない場合などは、保険会社に相談してください。

また車の貸し借りを気軽にしている方もいらっしゃるかもしれませんが、他人名義の車を運転する際に一番気をつけなければいけないのが、自動車保険の「年齢条件」と「運転者の範囲」です。他人の車を運転するとき、運転を途中で代わる可能性があるときは、事前に保険会社にご自身の契約内容を確認しておきましょう。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180620-2

「保険の手続き」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り