閉じる

他人の車を運転したときに備える他車運転特約とは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
他人の車を運転したときに備える他車運転特約とは?

友人の車を借りて運転する機会がある方もいるでしょう。もしその状態で事故を起こしてしまった場合、その車が加入している自動車保険の内容次第では保険が適用されない可能性や補償金額が十分では無いこともあります。

このような万が一のときに受けられる補償の特約が、「他車運転特約(他車運転危険補償特約)」です。

他車運転特約(他車運転危険補償特約)とは

通常の自動車保険は、運転手ではなく契約の車に対して保険がかかっています。そのため、友人の車を借りて事故を起こしてしまった場合、事故を起こした人の加入する保険ではなく、車の所有者の加入する保険を使って対処することになります。
しかし、他車運転特約を付けているのであれば適用の範囲が変わってきます。

他車運転特約(他車運転危険補償特約)とは、記名被保険者、もしくはその家族が所有している車以外の車を臨時に借りて運転して事故を起こした場合に、その車にかけている自動車保険ではなく自分の自動車保険を使って保険金を支払う特約となります。
つまり自動車を貸した友人には迷惑をかけることなく、自分の自動車保険で事故の対応ができるわけです。

他車運転特約の対象となる車両ですが、普通・小型・軽四輪などの自家用乗用車、自家用小型・軽四輪貨物車などといった一般的な自動車です。プライベートで運転する自動車であれば、ほとんどの車種が対象になります。

他車運転特約では補償されない範囲もあることに注意

他車運転特約では補償されない範囲もあることに注意

他車運転特約(他車運転危険補償特約)は、自分の自動車保険と同じ範囲で補償を行うので、その点には注意しましょう。特約などで自動車保険の運転者を限定している場合には、その範囲内で特約も補償されます。

たとえば、運転者を夫婦だけに限定している自動車保険の場合、同居の子どもが他人の車を借りて運転して事故を起こした場合、他車運転特約は適用されません。もしも、夫婦限定の条件を付けていなかったとすれば、記名被保険者の他にその配偶者、同居の親族、別居している未婚の子供までが補償の対象に含まれます。

また、自身の契約に車両保険を付帯している場合には、他の人から車を借りて事故を起こした場合には、借りた車の時価額が限度額として補償されます。車両保険の中には、限定カバー(エコノミー)型と呼ばれる補償の範囲が限定された車両保険に加入している方もいるでしょう。その場合には、限定カバー型の対象外の事故であると、特約を使って借りた車の補償をすることはできないので注意しましょう。

他車運転特約の補償の対象外となる条件として、まず記名被保険者や配偶者、同居の親族が所有、または常時使用している自動車があります。

たとえば、同居する子どもが所有する車を借りて運転して事故を起こした場合、他車運転特約ではカバーされません。また、承諾を得ることなく友人の車を勝手に借りて事故を起こしてしまった場合など、自動車の所有者のあずかり知らぬところで事故があれば、他車運転特約の適用外になります。

業務目的で事故を起こした場合も補償は受けられません。たとえば、記名被保険者が会社の役員で、会社の所有する自動車で事故を起こした場合や、自動車修理業者などが業務受託した他人の自動車を納車する途中などで交通事故を起こした場合などは、補償の対象外となります。

レンタカーの場合にも安心

旅先や出張のときに、レンタカーを利用する方も多いでしょう。もしレンタカーを借りて交通事故を起こしてしまった場合、まずはレンタカーで加入している保険が適用されます。

レンタカーの場合にも安心

通常レンタカー会社では、車を借りるにあたって一時保険に加入することが義務付けられています。この一時的な保険を使って交通事故の賠償をする形になります。しかし事故の損害の額によっては、レンタカー会社の用意した保険だけではすべての賠償をカバーしきれないケースも出てくるでしょう。その場合でも、ご自身が加入されている自動車保険の他車運転特約によって、超過分に関しての補償を受けられる場合があります。

一方、レンタカー自体の損害については、ご自身の車両保険の補償の範囲内でカバーされることにご注意ください。たとえば、電柱にぶつかってしまった場合などの相手のいない自損事故によるレンタカーの損害は、ワイドカバー型の車両保険であれば補償の対象となりますが、限定カバー型(エコノミー)は補償の対象外になります。対象の範囲についてはあらかじめ把握しておきましょう。

チューリッヒの自動車保険では基本補償に含まれている

チューリッヒの自動車保険では基本補償に含まれている

インターネットで自動車保険の一括見積もりを取れるサイトがよくあります。見積もり結果を比較した際に、他の保険会社にはある他車運転に関する「特約」としての記載が無いため、心配な方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。

チューリッヒの自動車保険には、基本補償として「他車運転賠償責任条項」が含まれています。他の多くの保険会社と同様に、他人の車を借りて運転中に事故を起こした場合、対人・対物事故について、現在自分が加入している自動車保険と同等の補償が受けられます。

他人の車を借りて運転するというケースは、意外と多いものです。たとえば、キャンプやゴルフ、スキーに出かけるときなど長距離運転する場合、ドライバーを交替してドライブすることもあります。

もし他人の車で事故を起こしてしまった場合、他車運転特約を付けていないと、その自動車を所有している人の保険を使って対処することになるため、貸した側も借りた側も気まずい思いをすることでしょう。もし保険を使うことになれば、自動車保険の等級は3つダウンしてしまいます。事故後の保険料も割高になってしまい、そのデメリットはとても大きいです。

他車運転特約を付けていれば、事故に関してはご自身の保険でカバーできるので友人に迷惑をかけることもなくなります。

他車運転特約(他車運転危険補償特約)が基本補償として組み込まれているチューリッヒの自動車保険に加入しておくことで、余計な心配をすることなく、安心して友人の車を借りて運転することができるでしょう。

※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170309-2(2)

「自動車保険」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

保険料平均
19,535円節約※1

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE