閉じる

交通事故時の対応はどうすればいい?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
交通事故時の対応はどうすればいい?

車を運転している方の中で、「事故を起こす」つもりで運転している方はいないでしょう。しかし、いくら気を付けていても交通事故を起こしてしまうことはあると思います。突然起こる交通事故に備えて、加入している自動車保険(任意保険)の保険会社への連絡など、事故時に行なわなければいけない5つの手順をしっかりと覚えておきましょう。

1. 交通事故は負傷者の確認と救護が最優先

もし、対人事故を起こしてしまったのであれば、被害者の救護を何よりも優先的に実施しなければなりません。まずは、相手に声をかけて意識があるかどうかを確認しましょう。さらに、救急車の手配もしてください。事故が起きてすぐは特に問題がなくても、脳出血などはしばらくして症状が顕在化する可能性があるためです。

また、意識のない重篤な状態であれば、まずは安全なところに被害者を運んで、必要に応じて人工呼吸や心臓マッサージなどの応急処置を施すことが大切になります。

2. 二次災害の防止をする

被害者を救護する一方で、二次災害の防止も行いましょう。たとえば、道路上に壊れた自動車などがあれば、今度は後続車両がその自動車に衝突してしまう可能性もあります。もし自動車を動かせるようであれば、他の車両の通行の妨げにならないような場所まで移動させてください。

しかし、車両がひどくダメージを受けていて、その場所から動かせないという事態も十分想定できます。その場合には、他の車両と衝突しないように事故が起きていることを周知しましょう。具体的には、ハザードランプの点灯、停止表示機材の設置、発煙筒の使用といった方法をとるようにしましょう。

また、車を動かせない場合は、車内にいるのは危険です。特に高速道路で起きた事故であれば、以上の措置が完了したところで速やかに車から離れ、安全な場所に避難しましょう。

3. 警察への連絡

警察への連絡

一通りの初期対応が完了したところで、警察に連絡をします。軽微な事故の場合は特に、警察に連絡をすることで免許証の点数に影響したり、罰金の対象になったりすることを恐れて連絡したくないと考える人も少なくないようです。

しかし、人身事故はもちろんのこと、物損事故や単独事故であっても警察に届け出るのは義務だと覚えておきましょう。警察への通報義務を怠った場合、罪に問われることもあります。

また、事故の損害に対して保険を使用する際には、原則事故証明書が必要になります。事故証明書の発行には警察への届出が必要であるため、警察への連絡は必須です。
警察へ連絡し、事故の状況を早い段階で形に残しておけば、その後の交渉をスムーズに進められる可能性も出てくるでしょう。

4. 事故の相手や目撃者の連絡先を聞く

事故の相手がいる場合には、氏名や住所、連絡先、車のナンバーなどを控えておきましょう。口頭ではなく、免許証などを見せてもらって確実に控えておくことが大切です。

実際の示談交渉は加入している自動車保険会社に依頼することになりますが、たとえば相手が入院するような大ケガをした場合には、お見舞いに行くのが礼儀でしょう。また、後々何か直接連絡をする必要が出てきたときのために、連絡先を確認しておくと良いでしょう。

また、交通事故を目撃している方がいる場合には、その方の氏名と連絡先も聞いておきましょう。最近では、事故の様子をスマートフォンなどで、画像や動画に記録している方もいるかと思います。被害者と加害者の意見が食い違った際には、このような画像や動画が有力な証拠になる可能性も高いです。

交通事故を起こしたときは気が動転してしまうものではありますが、もしできれば目撃者の有無なども確認しておくことをお勧めします。

5. 保険会社へ連絡をする

保険会社へ連絡をする

上記の対応が一通り完了したところで構いませんので、加入している自動車保険(任意保険)の保険会社に連絡を入れましょう。保険会社に事故報告の連絡をすることで、たとえ軽微な事故であっても等級が下がってしまうと思われる方もいるかもしれません。しかし、保険会社に事故報告をしても、保険を使用しないのであれば等級が下がることはありません。

被害者がいる場合には、保険会社への連絡が遅れることで、その後の保険会社の対応も遅れてしまう可能性があります。すると被害者の心証を損ね、交渉がスムーズに進まなくなる場合もあるでしょう。まずは被害者の救護などを行い、早めに保険会社に連絡を入れることが大切です。

年間で50万件以上の交通事故が発生

警察庁の発表によると、2015年には53万6,899件もの交通事故が発生し、交通事故による死傷者数は67万人を超えているとのことです。交通事故と聞くと、どうしても他人事のような印象を持つ人もいるかもしれませんが、このデータによると、日本全国で1日当たり1,470件強の交通事故が発生していることになります。さらにいうと、1時間あたり61件、毎分1件程度の交通事故が全国のどこかで起きている計算になるのです。交通事故は、自動車を運転する方にとって決して遠い出来事ではないという点を頭に入れておきましょう。

チューリッヒの事故対応

チューリッヒの事故対応

交通事故を経験した方によると、何をすればいいのか頭の中が真っ白になってしまったという話がしばしば聞かれます。突然の事態に慌ててしまいますし、上記で紹介したように、交通事故を起こすとやらなければならないことがたくさんあって途方に暮れてしまうという方も多いようです。

そのような事態に備えて、信頼できる自動車保険会社と契約することが大切になります。事故対応の充実度も、自動車保険(任意保険)選びのひとつのポイントになってくるでしょう。

チューリッヒでは、交通事故を起こしてしまった際に、的確にお客様をサポートできるサービスをご提供しています。たとえば、以下のようなものが挙げられます。

スマートソリューションサービス

事故を起こしてしまったときには、24時間・年中無休で事故受付し、午前9時〜午後8時の間の事故受付であった場合には、事故解決の専任担当者から1時間以内にご連絡させていただきます。また、対人事故を起こして相手方が入院されたり死亡されたりした場合には、スタッフ訪問サポートが受けられます。当社提携会社の社員がお客様の自宅を訪問し、事故解決までの手続きについてのアドバイスをします。そのうえで、専任担当者が相手と示談交渉をし、その進捗状況を逐一電話やメール、ホームページなどで報告し、今後の流れなどについても詳しくご説明します。

スムーズな事故対応を可能にする「Z-TRUST」

チューリッヒでは、「Z-TRUST」と呼ばれるシステムを運用しています。これは、事故受付から保険金の支払いに至るまで、データを一元管理できるシステムであり、保険金をスムーズかつ確実にお支払いすることが可能になります。

交通事故を起こしてしまったときは気が動転しがちですが、やらなければならないことをひとつずつこなしていかなくてはなりません。そして、もしものときのために、自動車保険(任意保険)に加入しておきましょう。手厚いサポートを行う保険会社から、次に何をすればいいのかアドバイスを受けられれば、事故解決までをスムーズに進めやすくなります。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170309-2(2)

「事故対応」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

保険料平均
19,535円節約※1

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE