閉じる

自動車事故の過失割合とは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
自動車保険の解約手続きと中断制度

自動車事故が起きると、当事者双方のどちらが、交通違反および不注意の責任が大きいのかを判断されることになります。

このとき出される責任の割合のことを、「過失割合」といいます。
ここでは、過失割合についての基礎知識をご紹介します。

過失割合とは?

自動車事故のほとんどは、当事者双方に何らかの過失があることで起こります。

たとえば、信号のある交差点を右折時に直進車と衝突した場合、優先は直進車なので右折車にすべての非があると思われがちでしょう。
しかし、実際には直進者の不注意や、スピードの出し過ぎなどの過失が問われるケースが少なくありません。

自動車事故において、どちらか一方にすべての責任が及ぶことは非常に稀なのです。

そして、この割合を数字で表して損害賠償額の比率を分かりやすくしたものを、過失割合といいます。
割合は80:20や60:40などと表し、それぞれ下限は0、上限は100です。
過失割合が大きい当事者は事故における加害者、過失割合が小さい当事者は被害者と呼ばれます。

ただ、被害者といえども、上記のように過失があるケースが多いため、いくらかの損害賠償額を支払う義務が生じます。

過失相殺とは?

過失相殺とは、損害賠償額を算出する際に、過失割合に応じて被害者側の過失額を減額することを指します。
つまり、被害者にも損害賠償額を支払う義務が生じるとはいえ、実質の支払い額は0円になることがあるのです。

前出の自動車事故例をもとに、過失相殺の例を見てみましょう。

過失相殺の例

信号のある交差点で右折車が直進車と衝突しました。

本来、直進車が優先される状況のため、右折車の過失割合が大きく、直進車の過失割合は低くなります。
具体的な過失割合と損害賠償額は、以下のとおりです。
以降、右折車はA、直進車はBとします。

過失割合:A80%、B20%
Aの損害:200万円
Bの損害:150万円
AからBの損害賠償額:120万円(150万円×80%)
BからAの損害賠償額:40万円(200万円×20%)

AとBの損害賠償額を計算すると、AがBに80万円支払うことになります(120万円−40万円)。
これが過失相殺の概要です。

また、自動車事故における損害賠償額は、上記のような計算方法をとっているために、加害者の過失が大きいのにかかわらず被害者だけが損害賠償額を支払わなければならない事例も起こり得ます。

たとえば、上記例と同じ過失割合で、Aの損害が300万、Bの損害は50万円だったとします。
するとAからBの損害賠償額は40万円(50万円×80%)、BからAの損害賠償額は60万円(300万円×20%)となり、BがAに20万円支払うことになるのです(60万円−40万円)。

過失割合の決定方法

過失割合の決定は、当事者が契約する保険会社同士の協議によっておこなわれます。
これは過失割合の決定が、あくまで民事上の問題だからです。
現場に立ち会うのは警察であることから、警察が決定に関与していると思われがちですが、あくまで現場確認および事実の記録のみしかおこなっていません。

また、各保険会社が過失割合を決定する際には、道路交通法に基づき、公平な見地で算出しています。
加えて、事故に類似した過去の裁判事例を基準にしているため、契約する保険会社によって割合の変動が起こることもありません。

過失割合の具体例

では、自動車事故の具体的なケースをもとに、過失割合がどれほどになるのか見てみます。

信号機による交通整理がおこなわれていない交差点での車対車の事故(同幅員)

一時停止の標識がある交差点で、自分は徐行義務違反、相手は一時停止違反をした場合、相手80%、自分20%の80:20になります。

これは、一時停止の規制がある道路を走行する車は停止線で一時停止しなければならないのに加えて、交差する道路を走行する車を妨げてはならないと定められているからです(道路交通法43条)。

進路変更車と後続直進車における車対車の事故

自分が後続直進車で相手が進路変更車だった場合、左右の車線にかかわらず、相手70%、自分30%の70:30になります。
これは、後続直進車の速度および方向を変更させるおそれのあるときは、車両をみだりに変更してはならないと定められているからです(道路交通法26条)。

横断歩道上で発生した車対人の事故

歩行者の信号が赤、車の信号は青だった場合、車70%、歩行者30%の70:30になります。歩行者の信号無視によって起こった事故ですが、横断歩道上を通行する歩行者を車が妨げてはならないと定められており、車のほうの過失が大きくなってしまいます(道路交通法38条)。

万が一に備えて

このように、自動車事故の状況によって過失割合は変動し、損害賠償金の額も変わってきます。
過失割合の決定は保険会社がおこなうものですが、知識として備えておいて損はありません。
なぜなら、示談時に相手の意向によって過失割合の交渉が起こることもあるからです。

万が一のために自動車保険に加入しておくのはもちろんですが、こちらの内容を参考に過失割合の知識についての理解を深めておきましょう。

※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170309-2(2)

「事故対応」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE