閉じる

保険料が安い自動車保険の選び方

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

保険料が安い自動車保険の選び方

自動車を持つと、必要となるのが「自動車保険」への加入です。自動車保険は事故が起きたときに頼りになる存在ですが、補償内容を十分にし、保険料を安く抑えるためには、ご自身のライフスタイルに合った保険選びをしなくてはなりません。今回は、保険選びのポイントや保険料の節約法についてご紹介します。

なぜ、「任意保険」に加入しなくてはならないのか

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」という2つの種類があります。このうち、自動車を持つと必ず加入しなくてはならないのが「自賠責保険」です。原動機付自転車を含むすべての自動車に自賠責保険の加入が義務付けられており、加入しなければ公道を走ることはできません。

しかし、自賠責保険は、あくまでも“被害者の最低限の救済”を目的としている点には注意が必要です。補償の対象となる事故は、「自動車によって他人の身体に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った」場合に限られます。そのため、運転者自身の身体や車が損害を受けたときや、他人の車や物に損害を与えたときには、自賠責による補償では不十分です。

しかも、自賠責による補償金額は以下のとおりであり、被害者の損害賠償に限ってみても十分な金額とはいえません。補償内容を万全にするためには、自賠責だけではなく、民間の保険会社などで取り扱う「任意保険」にも加入する必要があるのです。

自賠責保険の補償内容(それぞれ被害者1名につき)

  • 傷害:120万円
  • 死亡:3,000万円
  • 後遺障害:後遺障害の程度によって、75万円〜4,000万円

任意保険選びのポイントは必要な「補償内容」を見きわめること

任意保険に加入する場合、自分自身で保険会社を選ぶ必要があります。車を販売するディーラーから提携会社の任意保険をすすめられるケースもありますが、複数の保険会社を比較して納得できる保険を選んだほうがいいでしょう。

任意保険を選ぶ際、最初にすべきことは「補償内容の設定」を決めることです。車の使い方(使用目的)などに応じて必要な補償内容は変わりますが、まずポイントとなるのは次の2点です。

  • 必要な補償(例:対人賠償、対物賠償、搭乗者傷害)は十分な金額に設定する
  • 加入する人や車によって必要のない補償(例:車両保険)を減らす

対人賠償や対物賠償などは、場合によっては億単位の賠償額になることもありえます。そのため、補償金額を「無制限」にしておくと安心です。たとえ大きな事故を起こしたとしても、金銭的な負担を解消することができます。

車両保険を見直してみる

車の状態によっては車両保険の加入自体を検討したり、補償内容を絞ったりすることで保険料の節約につながります。
車両保険は、車が破損した場合の補償ですから、もしご自身の車が登録初年度から5年〜10年程度経っているような中古車であれば、車両保険を付帯せず、事故の際は自費で支払った方が合理的かもしれません。

また、車両保険のなかには、事故や盗難、自然災害など幅広く補償するものもあれば、単独事故を対象外にするなど補償内容を絞ったものもあります。補償内容を絞ると保険料を安く抑えることができますから、検討してみましょう。

さらに、車両保険の免責金額を高く設定すると保険料を安くすることができます。免責金額とは自己負担額のことです。免責金額を設定するということは保険会社の負担が減ることになるので、保険料が安くなるのです。

保険料を抑えるには、補償の範囲、内容を限定する「特約」を使う

任意保険に加入した後は、更新時期に契約内容を見直すことで、さらに節約できるかもしれません。たとえば、「運転者限定特約」などの補償範囲、補償内容を限定する特約を見直してみましょう。

運転者限定特約は、「特定の人が運転した場合のみ補償する」という設定であり、たとえば自分しか運転しないのであれば、「本人限定特約」をつけると保険料が安くなります。

もし家族で運転したいという場合には、子どもが小さいうちは「本人・夫婦限定」にしておいて、子どもが運転できるようになれば「家族限定」に切り替えるようにすれば、保険料の無駄を抑えることができるでしょう。

このほか、運転者の年齢条件や走行距離などの実態に合わせて特約を設定することも、保険料の節約のためには大切です。たとえば、お子様が結婚して実家を離れた場合には、夫婦の年齢に合わせて変更した方がお得になる場合があります。

ただし、特約をつけると、特約で定められた条件外の状況で事故を起こすと一切補償されませんので、慎重に設定するようにしましょう。

「ダイレクト型」の任意保険に切り換える

任意保険は、「代理店型」と「ダイレクト(通販)型」の2つのタイプの保険会社に大別できます。このうち保険料を低く抑えられるのはインターネットなどで手続きをするダイレクト型の保険です。店舗がなく代理店手数料などがかからないため、その分保険料を安く設定できるからです。

代理店型と通販(ダイレクト)型の保険料の仕組み

もし、既に代理店型の任意保険に加入している場合、ダイレクト型に乗り換えることを検討してみてはいかがでしょうか?

たとえばチューリッヒの「スーパー自動車保険」では、インターネット割引やe証券割引(e割)、早期契約割引(早割)、新車割引、ゴールド免許割引、自動ブレーキ割引などおトクな割引で保険料を安くできる場合があります。

チューリッヒのおトクな割引はこちら

さらにチューリッヒの「ネット専用自動車保険」は、見積り・契約の手続きをネット限定にすることで、さらに安い保険料を実現しています。

ネット専用自動車保険はロードサービスや各種特約をオプションで選択できます。すでにJAFの会員である場合などは、ロードサービスオプションをつけないことで、より安い保険料とすることが可能です。

その際、「ロードサービス」の内容もしっかり確認しておきたいところです。バッテリー上がり、ガス欠給油などサービス内容の詳細は保険会社によってさまざまです。

これらの点を確認し、必要な補償内容やロードサービスが決まったら、複数の保険会社から見積りを取ってみましょう。保険会社ごとに料金設定は異なるため、見積りを比較すると、保険料節約につながります。

チューリッヒのお見積りはこちら

今回の記事では、自動車保険のしくみや、保険料を安くするためのおすすめポイントをご紹介しました。既に自動車保険に加入されている方も、契約内容を見直してみると節約できるかもしれないので、検討してみてください。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190221-3

「自動車保険」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り