閉じる

自動車保険の満期日とは。過ぎると継続手続きはどうなる?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

自動車保険の満期日とは。過ぎると継続手続きはどうなる?

自分が加入する自動車保険の満期日をしっかりと把握していますか?自動車保険は満期日を過ぎてしまうと自動的に解約されることがあったり、継続手続きが面倒であったり、等級が下がったりと何かと大変です。そこで満期日が過ぎてからの自動車保険の継続手続きなどについて解説します。

自動車保険の満期日とは

自動車保険の満期日とは

終身保険のような終身保障の保険でない限り、保険に加入すると満期日が到来しますが、そもそも満期日とは正式にはいつのことをさすのでしょうか。

満期日とはいつをさすのか

満期日とは自動車保険をはじめとする保険全般の契約期間の終了日のことをいいます。自動車保険の契約期間は通常は1年なので自動車保険に加入している限りは、毎年必ず満期日を迎えることになります。ただし保険によっては複数年契約のものもあり、その場合は契約年数により満期日が来ます。

保険会社は通常満期日の近づいた加入者には事前に郵送などでその旨通知を行いますが、人によっては仕事が忙しすぎたりしてうっかり見落としてしまうことがあります。更新を忘れると無保険期間ができてしまうことにつながるので、自分の自動車保険の満期日は必ず知っておく必要があります。

満期日を過ぎるとどうなる?

満期日を過ぎるとどうなる?

多くの保険会社が自動車保険は満期日の翌日から「6日以内」の猶予期間を設けています。
つまり自動車保険は満期日の翌日から「6日以内」なら同様の契約内容での手続きが可能になるのです。等級も引き継ぐことができ、たとえば満期日前の等級が10等級の人は無事故ならば無事に11等級になることができ、より安く自動車保険を利用することができるのです。

ただし、満期日の翌日から「6日以内」に契約をした場合は、補償開始は申し込みを終了した日の翌日午前0時からになります。
次の場合を見てみましょう。

自動車保険の空白期間の例
現在加入している自動車保険の満期日  :11月1日午後4時まで
継続の申し込み手続き完了日時     :11月6日午前11時
補償開始日時             :11月7日午前0時

11月1日午後4時から次の補償が開始する11月7日午前0時までの間に起こった事故に関しては、一切の補償はされません。

特に自動車で仕事をしている人は、いつ何時事故に遭遇するかわかりませんので、満期日を過ぎてから「6日以内」なら大丈夫と思わずに必ず満期日までに契約をするよう心がけましょう。なお満期日を過ぎてからの猶予期間が「7日以内」の会社もあるなど、保険会社によって違うので注意が必要です。

いずれにせよ、満期日を過ぎていても契約する保険会社が設けた猶予期間内であれば、継続して契約ができるので、うっかり満期日が過ぎた場合はすぐに保険会社に問い合わせて手続きを取るようにしましょう。

チューリッヒの場合についてご説明します。

チューリッヒの自動車保険の継続手続きを忘れ、満期日を過ぎてしまった場合

満期日以降30日以内であれば、インターネットで継続の手続きができる場合があります。こちらからMyZurichにログインして、手続きの可否を確認します。

なお、満期日より30日を過ぎてしまった場合は、再度契約手続きが必要となりますが、インターネットでの手続きはできません。
カスタマーケアセンター(0120-409-777 受付時間:午前9時から午後8時/年末年始は除く)までご連絡ください。

他社の自動車保険契約の満期が切れ、現在無保険状態の場合

保険開始予定日が前契約の満期日翌日から13ヵ月以内であれば、インターネットで契約が可能です。見積り開始画面から「お見積りするお車の満期日が過ぎている場合」に進み、手続きします。

13ヵ月を過ぎている場合でも、インターネットで契約することが可能ですが、この場合は、お見積り開始画面においては、「初めて加入するお車」や「現在自動車保険に加入していないお車」と同一の扱いとなります。

保険会社の猶予期間を過ぎても自動車保険は継続できる?

保険会社の猶予期間を過ぎても自動車保険は継続できる?

満期日の翌日から保険会社が設けた猶予期間内であれば、引き続き自動車保険を継続できますが、猶予期間を過ぎてしまった後は、継続して契約をすることはできないのでしょうか。

満期日の猶予期間が過ぎたらどうなる?等級は?

もし満期日から7日以上が過ぎるなど猶予期間が過ぎてしまった場合は、基本的にこれまでの自動車保険の継続は不可能となってしまいます。等級においても基本的にこれまでの等級を引き継ぐことができずに、再度6等級からのスタートということになり、人によっては保険料も高くなってしまうことになるのです。
ただし、保険会社によってはさまざまな特約を設けている場合もあるので、猶予期間が過ぎた後でも必ず保険会社に問い合わせをして確認するようにしましょう。
また、保険会社に特約などがなく、再度6等級に戻ることが確実になった場合は、他の保険会社の資料を取り寄せ、これまで契約している保険会社と金額や契約内容などを見比べて、ご自身に合った補償内容で契約できる保険会社を選びなおすのも一つの方法といえます。

更新手続きは早めがいい理由とは?

更新手続きは早めがいい理由とは?

自動車保険の更新手続きは早めに行うとお得になります。これまでの等級を安心して引き継ぐという意味もありますが、その他にもいろいろな理由があります。

会社によっては早期更新割引サービスがある

自動車保険会社によっては、早目に継続手続きをすることで早期更新割引が受けられます。
たとえばチューリッヒの場合は、保険契約始期日より45日以上前に契約すると割引サービスが受けられるようになっています。こうした早期更新割引サービスのある保険会社と契約している場合は、早めに更新手続きをするようにしましょう。

満期日で乗り換える場合は比較検討の時間が必要

実は満期日は保険会社を乗り換えるタイミングともいえます。しかし、他の保険会社から見積りを取って比較検討するなどの時間的余裕が必要になります。
保険会社のなかには、できるだけ新規契約者を増やすために、乗り換え契約をする人向けに、保険料の割引やプレゼントが用意されている場合があります。こうした特典の有無も確認しながら、どの保険会社が自分にとって最もふさわしいかを十分に検討したうえで、保険会社を乗り換える場合は保険の満期日の前日までに手続きを済ませるようにしましょう。

満期日は保険を中断するタイミングでもある

しかし、何らかの事情により車にしばらく乗らなくなり、自動車保険が必要でなくなるケースもあるでしょう。その場合は、自動車保険を解約せずに中断することもできます。保険を中断することで今の等級は10年間保存できるので、再度車を運転し始めるときは6等級ではなく中断した時点の等級からスタートできるのです。中断の手続きはすぐにできるので、満期日を契機に自動車保険自体を解約しようと思っている人は、中断という選択肢もあることを頭に入れておくとよいでしょう。

自動車保険を乗り換えるときの注意事項

自動車保険を乗り換えるときの注意事項

続いて、自動車保険を乗り換えるときの注意事項に関して解説します。

等級や事故歴は引き継がれる

保険会社を乗り換えても、これまで契約していた自動車保険の等級は継続されることになります。また無事故で満期日に新たな保険会社と契約をした際は、1等級アップして契約することができます。
保険会社を乗り換える際は、事故歴など必ず正確な申告をするようにしましょう。事故歴などの情報は、移行元の保険会社から移行先の保険会社に必ず伝えられるので、事故を起こしたにもかかわらず正確な申告を怠った場合は、等級が下がったり、場合によっては契約解除になったりすることもあります。

空白期間と重複契約に注意

これまで契約していた保険会社と契約更新をせずに、満期日後に別の保険会社に乗り換えた場合、新たな契約日までの間に空白期間が生じます。空白期間は事故が起こっても補償を受けることはできないので要注意です。
また、満期日前に新たな保険会社との契約がスタートする場合は、重複契約になってしまいます。重複期間に事故が起こっても、保険金は重複して支払われず、一方の保険料が無駄になってしまいます。
満期日をもって乗り換える場合は、早目に比較検討を行い、新たに契約する自動車保険の保険開始日とこれまでの自動車保険の満期日が同じ日になるように設定することが大切です。

満期日はきちんとチェックしておこう

満期日はきちんとチェックしておこう

多くの保険会社では、自動車保険は満期日が過ぎても、満期日から6日以内であれば通常通りに契約を継続することができ、等級も継続することができます。しかしそれ以上過ぎてから契約すると基本的に等級が6等級に下がってしまうことをご説明しました。自動車保険の満期日は必ずチェックして忘れないようにしましょう。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD181204-1

「保険の手続き」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り