閉じる

自動車保険の見直しタイミングや見直しポイントは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

自動車保険の見直しタイミングや見直しポイントは?

カーライフに必須の自動車保険。保険料と補償内容のバランスがとれた保険を選びたいものです。自動車保険も、家族が増えた、子どもが免許を取得した、家の購入や転職などライフスタイルの変化によって補償内容を見直したり、更新のタイミングで他社の見積もりや割引項目を確認したりすることによって、今よりも満足度の高い保険にすることができます。
この記事では、より自分自身にあった自動車保険にするための見直しポイントをご紹介します。

自動車保険の見直しポイントとは

自動車保険の見直しポイントとは

自動車保険を見直す(補償内容の変更を考える)際には、いくつかの重要なチェックポイントが存在します。

  • 見直し時期(タイミング)
  • 通販型と代理店型を比較検討する
  • 補償内容を確認する
  • 運転者や用途などを見直す
  • 割引制度を活用する

ここからは、それぞれの項目について詳しく解説していきます。

車の保険を見直すタイミングはいつがベスト?

車の保険を見直すタイミングはいつがベスト?

「契約中の保険が満期を迎える」、「車の使用目的や使用頻度が大きく変わった」など、自動車保険を見直すきっかけは人それぞれですが、保険内容を比較検討するのと同じように、自動車保険の乗り換えのタイミングも重要です。

満期(更新の時期)に合わせれば等級が1等級アップ

自動車保険は原則として1年契約です。現在契約中の自動車保険が満期を迎えるタイミングは、乗り換えのひとつのきっかけとなるでしょう。現在の保険期間中に事故がなく、満期日に合わせて乗り換えれば、乗り換え後の契約は「等級が上がり、割引率も高くなる」というメリットがあります。

満期で乗り換える場合は、少なくとも満期日の1ヵ月前から新たな保険の補償内容などを調べるなどして検討しはじめ、満期日と新しい保険契約の始期日が一致するように手続きを行いましょう。手続きが遅れると、せっかく積み上がった等級がリセットされることもあります。

一方で、家族が増えるなどライフスタイルに変化があった場合は、更新時期に関係なく保険の見直しを考えてみましょう。車の使用目的や頻度、走行距離などが変われば、必要になる補償も変わります。また、新車を購入した場合も「新車割引」や「新車特約(車両新価特約)」が適用される保険に乗り換えたほうがいいケースもあります。

自動車保険の詳しい乗り換え方については、こちらをご参照ください。

代理店型と通販型を比較検討する

代理店型と通販型を比較検討する

自動車保険には大きく分けて、「通販型」と「代理店型」の2種類がありますが、「代理店型」から「通販型」に乗り換えることで保険料を節約できる場合があります。

代理店型…対面で契約を行う
主に保険会社から委託された代理店の窓口で、専任スタッフのサポートを受けながら、対面で契約を行うものです(自宅や勤務先に出向いての契約する代理店もあります)。自分の希望を伝えれば、専任スタッフが希望に沿った商品をアドバイス、提案してくれるのでプランをじっくり検討したい方におすすめです。書類作成や手続きなども専任スタッフがサポートしてくれるのもメリットといえます。
保険料は通販型に比べ割高に感じることがあるかもしれませんが、その分きめ細かなフォローが期待できます。インターネットに不慣れな方、専門家に任せたいという方は代理店型がおすすめです。

通販型…電話やインターネットを利用して契約を行う
ダイレクト型、ネット型と呼ばれることもあり、代理店型に比べて安い保険料を実現、提供していることが大きな特長です。インターネットを活用すれば、一度に複数社の見積もりを取ることが可能ですので、比較検討しやすいという点でも優れています。
その反面、保険商品について自分で理解したうえで、カスタマイズし、手続きをすべて自分で行う必要があります。それでも保険料を安く抑えたいという方に向いています。

通販型と代理店型を比較した解説ページはこちら

今の補償内容を確認する

今の補償内容を確認する

現在契約中の保険に加入したのはいつだったか覚えていますか?加入当初の契約内容をそのまま引き継いでいる方も少なくないのではないでしょうか。
そんな方は、この機会に保険内容を見直してもいいかもしれません。生活スタイルが変われば、必要な補償も変わります。
自動車保険を見直すにあたって、自動車保険の基本となる補償対象を確認しておきましょう。

相手への補償

対人賠償保険 他人を死傷させた事故で自賠責保険などの支払い額を超える部分の損害について補償される
対物賠償保険 他人の車や家屋、ガードレールや信号機、電柱、店舗などの損害も補償の対象になる

チューリッヒの相手の方への補償はこちら

自分や同乗者のための補償

搭乗者傷害保険 自分や同乗者が自動車事故によって死傷した場合にあらかじめ決められた金額が支払われる
人身傷害保険 搭乗中以外にも自分や家族が歩行中などに自動車事故で死傷した場合に保険の基準で計算した保険料が支払われる

チューリッヒのご自身や搭乗者のための補償はこちら
搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違いについてはこちら

車の補償

車両保険 自動車事故などで自分の車に損害が発生した場合の補償

チューリッヒの車のための補償はこちら

自動車保険を補償対象ごとに確認しました。上記のなかでも、保険料を大きく左右するといわれるのが「車両保険」です。
車両保険は、事故やいたずらなどで「自分の車」が損害を受けた場合、その修理費用を補償してくれる保険です。支払われる保険金は、車の時価額(市場販売額)を基に算出されています。年式の古い中古車や、価格が安くなっている中古車は、修理費を自己負担で行う、買い替えをするなどのほうがより節約できることもあり、車両保険を外すなど、加入するかどうかについても検討する可能性がでてきます。

また、車両保険を使う際の自己負担額である「免責金額」を高く設定すると保険料は安くなります。「故障した時のためにある程度貯蓄がある」といった人は、車両保険の免責金額の設定を高くすることで、保険料の節約につながります。

さらに、契約タイプを補償範囲が広い「一般型」の車両保険から、補償範囲が限定される「限定型」に切り替えることでも保険料を抑えることが可能です。「限定型」の場合当て逃げや単独事故による損害は補償されませんが、「一般型」よりも保険料を抑えることができます。

運転者や用途などを見直す

運転者や用途などを見直す

運転者や用途など、補償範囲を見直すことでも、保険料をお得なものにすることが可能です。

用途、使用目的

一般的に、個人の自動車保険における車の使用目的は主に、「通勤・通学」と「日常・レジャー」に分けられています。これらは年間平均で月に15日以上、通勤や通学に車を使用しているかどうかが分かれ目となっています。「保険の契約当時は車通勤だったが今は電車通勤で、ときどき車を利用するだけ」など生活が変化した場合は、使用目的を変更することで保険料を抑えられます。

年齢条件や運転者の範囲

自動車保険は年齢条件によって保険料が異なります。若年層ほど事故を起こすリスクが高いと考えられているからです。年齢条件は一般的に「全年齢・21歳以上補償・26歳以上補償・30歳以上補償・35歳以上補償」の5種類です。ただし、年齢区分の設定は、保険会社によって異なるので、保険会社に確認しましょう。
補償年齢条件にあてはまらない人が事故を起こしてしまった場合は補償対象外になります。契約車両を運転する一番若い人の年齢に合わせて設定することが重要です。

同様に、契約車両を運転する人が限られている場合は、運転者の範囲を限定することをおすすめします。年齢が若い家族が契約車を運転しなくなった場合、保険料は安くなります。
チューリッヒでは、1.運転者本人・配偶者限定特約 2.運転者家族限定特約の2つから選択可能です。1から順に割引率が大きく、限定しない場合は割引がありません。
運転車限定特約も、対象範囲を確認してください。通常は「記名被保険者」「配偶者(内縁も含む)」「同居している親族」「別居の未婚の子供」ですが、保険会社に対象範囲をきちんと確認しておきましょう。

走行距離

「車の保険を見直すタイミングはいつがベスト?」でも触れましたが、保険会社によっては年間の走行距離を保険料算出の基準とするところもあります。最初の保険契約時に比べ、1年間に走る距離が減っている場合は見直しをしてみましょう。

知っておくと便利な割引制度

知っておくと便利な割引制度

自動車保険にはさまざまな割引制度が用意されています。割引制度の内容は保険会社によって異なります。以下に主な割引制度を挙げましたので、自分に合った割引制度を活用しましょう。

インターネット割引

保険会社によっては、インターネットからの見積もりや契約によって保険料を割引する制度があります。これは、契約者ご自身がインターネットで見積もりと契約を行うことで受けられる割引制度です。

早期割引

見積もりや契約のタイミングを早くすることで保険料が割引される制度です。早期割引適用時期は保険会社によって違います。チューリッヒでは、保険開始日の45日前までにご契約いただくと対象となります。

証券不発行割引

保険契約時に保険証券を発行しないことを選択すれば割引が適用される、という制度を行っている保険会社もあります。現在は、インターネットで証券と同等の内容が確認できますし、もし証券が必要になった場合でも、別途で割引と同じかそれ以上に安い額で発行が可能です。

ゴールド免許割引

記名被保険者の運転免許証の色がゴールド免許の場合に受けられる割引です。

チューリッヒのおトクな割引はこちら

契約内容を見直して、今の自分に合った補償を選ぶ

契約内容を見直して、今の自分に合った補償を選ぶ

自動車保険は、さまざまな補償の組み合わせです。生活環境の変化などで、補償内容や補償対象が変わっている可能性があります。満期を迎える自動車保険はもちろんのこと、家族構成の変化や生活スタイルの変化などがあった場合などは、現在の保険契約を確認して、いくつかの保険会社で見積もりを取ってみるとよいでしょう。現在の自動車保険は細かい条件を考慮して保険料に反映させるしくみとなっています。不明な点がある場合は、保険会社のヘルプセンターや代理店スタッフへ相談・問合わせをしてみましょう。ご自身のカーライフに合う保険選びのために本記事をお役立てください。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD180807-5

「保険の乗り換え」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り