閉じる

通販型(ダイレクト)と代理店型の自動車保険の違い

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
通販型自動車保険と代理店型自動車保険の違いとは?

通販型自動車保険(ダイレクト自動車保険)は、CMなどでもよく見かけるようになりました。しかしながら、代理店型自動車保険との違いについてはご存じない方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、通販型と代理店型のそれぞれの自動車保険の特徴(メリット、デメリットなど)を踏まえ、違いをご紹介します。

自動車保険には2種類ある

自動車保険は、「通販型自動車保険」と「代理店型自動車保険」という2つの種類に大別されます。

通販型自動車保険(以下、通販型)とは、特定の店舗を持つことがない、インターネットや電話などを介して契約・更新・変更を行う自動車保険のことです。1995年に保険業法が改正されて以降、各保険会社が保険料を自由に設定することが可能となり普及しました。通販型のほかに、「ダイレクト型」と呼ばれることもあります。

一方で代理店型自動車保険(以下、代理店型)
とは、特定の店舗を有し、店舗およびご自宅などで担当者と直接対面してやり取りをする自動車保険のことです。通販型自動車保険が登場してからは、双方を区別するために「代理店型」と呼ばれることもあります。

通販型と代理店型の特徴

通販型と代理店型には、それぞれ異なる特徴があります。項目別に確認してみましょう。

通販型

やり取りに関してインターネットや電話などを介して行うために、募集代理店に支払う手数料をはじめとしたコストが削減されており、合理的な保険料を実現しています。インターネットや電話などのやり取りに関連して、手続きを自分のタイミングで進められる手軽さも特長のひとつです。
また複数の保険会社の見積もりを取ることができ、比較検討がしやすい利便性も兼ね備えています。一方で、対面式ではないので書類作成・手続き・事故の連絡などを、電話などで保険会社スタッフのサポートを受けながら自分で行わなければならない場合があります。

代理店型

対面式のやり取りが基本であり、代理店スタッフのサポートを直接受けられるのが大きな特長です。
書類作成や手続きなどもすべて代理店スタッフが担当してくれます。

また、自動車保険だけでなく、生命保険をはじめとした保険を一括で取り扱っている代理店もあるため、保険に関するすべての手続きをまとめて進めることも可能です。ただ、代理店スタッフによるサポートが充実している反面、手続きに時間がかかったり、募集代理店に支払う手数料などのコストが保険料に加算されている場合があります。

通販型が合理的な保険料を提示できるのはなぜ?

通販型の魅力は、合理的な保険料を提示できるところです。ここには、自動車保険の保険料を構成する「純保険料」と「付加保険料」のメカニズムが大きく関係しています。

純保険料とは、契約者に支払われる保険金の原資として用いられる金額のことです。一方の付加保険料は、純保険料とは別に発生する、代理店手数料・広告費・人件費・店舗経費・利潤などにおける金額を指します。自動車保険の保険料はこれらの要素によって構成されており、それぞれにかかる費用によって提示できる金額が異なります。

つまり、代理店を介さないお客様とのダイレクトなやり取りを行う通販型は、「代理店手数料が発生しない」「人件費・店舗経費などを削減できる」という2点の理由で合理的な保険料が提示できているのです。

事故対応は通販型も代理店型も変わらない

事故対応は通販型も代理店型も変わらない

通販型が合理的な保険料を提示しているために、補償内容に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。ただ、先述のとおり、純保険料以外のところでコストを削減しているので、事故対応における経費は代理店型と変わりません。

たとえば、自動車事故を起こしてしまった場合、社内の専任担当者が示談交渉を担当し、損害額も契約内容に基づいた額できちんと支払われます。契約者が行うのはあくまで、契約手続きや契約内容の変更などの段階であり、事故対応は契約した保険会社が担当するのが基本です。通販型の契約であっても、代理店型同様に補償内容などについて心配する必要はありません。

通販型の選び方

ひと口に通販型保険といっても、さまざまな種類があります。そのなかから自分に合った保険を選ぶ際、比較サイトなどの口コミや評価、保険料で決める方も少なくありませんが、それぞれの補償内容をきちんと理解したうえで見積もりを取ることをおすすめします。
通販型では、ウェブサイト上で見積もりを行えるページが設けてあることも多いために、まずはそちらを複数利用して比較検討しましょう。

通販型のインターネット割引

通販型を提供している多くの保険会社では、インターネットで契約した際に保険料の割引が受けられます。チューリッヒでは最大10,000円の割引となりますが、条件によって割引金額が異なりますので詳細はこちらをご確認ください。

その他にも、保険契約開始日より45日以上前のお申込みで、「早割」というさらなる割引もあります。こちらに該当する場合は、年間保険料が最大500円割引されます。

※チューリッヒが発行する中断証明書を利用した新規契約は、一律1,500円(クレジットカード分割払いの場合1,440円)の割引となります。あらかじめご了承ください。
通販型の自動車保険は、ゴールド免許の方や年間走行距離の短い方など、保険に加入してはいるものの、事故歴は少なく保険料もそれに見合ったものにしたいという方におすすめです。

※ご契約の保険始期および契約条件によっては、上記割引が適用されない場合がございます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM180525-1

「自動車保険」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

保険料平均
19,535円節約※1

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE