閉じる

自動車保険に初めて入るときの基礎知識

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

自動車保険に初めて入るときの基礎知識

自動車保険に初めて加入するとき「保険会社はたくさんあるけれど、どこの保険会社がおすすめなの?」「初めてだと保険料は高いの?」などの疑問がわくでしょう。

自動車保険は運転中の思わぬ事故によって発生した損害を補償してくれる保険です。自動車保険に加入していないと、事故によって人や物に与えた損害をすべて自己負担で補償しなければなりません。高額賠償金になると数千万〜1億円以上におよぶこともあります。しかし、強制保険である自賠責保険は、被害者救済を目的とした最低限の補償のため、高額な賠償額をまかなうことができません。
自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償してくれるのが自動車保険です。

この記事では、初めて自動車保険に加入する際に知っておきたい、おすすめの補償や、保険料に影響する要素・注意点・相場などをご説明します。

自動車保険の基礎知識

自動車保険の基礎知識

自動車保険は、大きく分けて「強制保険」と「任意保険」の2種類があります。強制保険とは「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」のことで、車の所有者は必ず加入することが法律で義務付けられています。
一方、任意保険は、加入する・加入しないを個人が自由に決められる保険です。
加入が任意とはいっても、任意保険に加入するのは、被害者のみならず、自分を守ることにもなります。
自賠責保険では、傷害には120万円、死亡には3,000万円、後遺障害には4,000万円を上限とした保険金しか支払われないので、相手方への高額な賠償金を賄うことができません。自賠責保険で賄えない賠償金をカバーしてくれるのが任意保険なのです。

運転中に相手にケガを負わせてしまい
賠償請求金額が1,500万円になった場合
自賠責保険のみの場合
自賠責保険から補償:120万円 自己負担:1,380万円 自賠責保険から補償:120万円 自己負担:1,380万円
対人賠償保険に加入している場合
自賠責保険から補償:120万円 対人賠償保険から補償※保険金額無制限の場合:1,380万円 自賠責保険から補償:120万円 対人賠償保険から補償※保険金額無制限の場合:1,380万円

任意保険のメインは相手方への補償である「対人賠償保険」と「対物賠償保険」

任意保険のメインは相手方への補償である「対人賠償保険」と「対物賠償保険」

一般的にいう「自動車保険」とは「任意保険」のことです。任意保険は複数の補償内容を組み合わせ、一人ひとりが「自分に必要な内容」を選んで契約します。

任意保険のメインとなるのが、事故を起こしてしまったときの「相手方」への補償です。相手の車に乗っている人や歩行者などのケガ、死亡に対する損害を補償するのが「対人賠償保険」です。

  • 運転中歩行者に衝突してしまった
    運転中歩行者に衝突してしまった
  • 運転中、自転車と衝突してしまった
    運転中、自転車と衝突してしまった

そして「対人賠償保険」と同じくらい重要なのが「対物賠償保険」です。相手側の自動車だけでなく、電柱やガードレール、信号機、電車などに対しての損害も補償します。

  • ブレーキとアクセルの踏み間違えで店舗に突っ込んでしまった
    ブレーキとアクセルの踏み間違えで店舗に突っ込んでしまった
  • 不注意により、停車している他人の車にぶつけてしまった
    不注意により、停車している他人の車にぶつけてしまった

「対人賠償保険」「対物賠償保険」これら2つの保険の加入者は自動車所有者の7割以上となっています。
チューリッヒの「対人賠償保険」「対物賠償保険」はこちら

自動車保険、保険料に影響する要素

自動車保険、保険料に影響する要素

自動車保険に加入するときに気になるのが、どのくらい保険料がかかるのかということではないでしょうか?
自動車保険は、保険料に影響を与える要素が多く存在し、その要素と補償内容の組み合わせによって保険料が変わります。
ここでは、保険料に影響を与える要素を簡単にご説明します。

車の条件

  • 車種
  • 年式(新車・中古車)
  • グレード

保険料を左右する要素に「型式別料率クラス」というものがあり、用途車種が「自家用普通乗用車」「自家用小型乗用車」にのみ適用されています。車両の型式ごとに「1〜9」の数字でリスクの大きさを表し、リスクが大きいほど保険料は高くなります。
「型式別料率クラス」は損害保険料率算出機構が決定しており、同機構のウェブサイト内「型式別料率クラス検索」でメーカーと車名、または型式を入力すると料率クラスを調べることができます。

加入者の利用状況と運転者の範囲

  • 使用目的
  • 走行距離
  • 運転者の年齢
  • 運転免許証の色
  • 運転する人の範囲

車の使用目的や予想走行距離によって保険料は変わります。車を使う頻度、走行距離が長いほど事故を起こす確率は上がります。年齢については、若い人と高齢者が事故を起こしやすいと判断され、保険料は高くなります。またこれまでに事故がなくゴールド免許になっていると保険料が安くなります。このように事故のリスクが保険料に影響します。

等級

初めて自動車保険に加入するときは一般的には6等級からスタートします。1年間事故を起こさなかった場合、翌年度は1等級上がって7等級になります。等級が上がれば上がるほど、割引率も上がるため、保険料は安くなります。

初めて加入する場合、等級はどこから始まるの?

補償内容

当然のことながら、手厚い補償を付ければ保険料は高くなります。

例)
車両保険の付帯

車両保険は車の価値がその補償対象なので、高級車であれば保険料が高くなります。

保険の契約方法

保険の契約方法は「代理店」よりも「ダイレクト型(通販型)」のほうが保険料は一般的に安くなります。

保険料の支払い方法

分割払いにも対応している保険会社の場合、分割払いよりも一括払いのほうが保険料が安くなります。

自動車保険はどこで契約する?

自動車保険はどこで契約する?

初めて自動車保険を契約するというときは、車を購入した自動車ディーラーなどの紹介で契約する場合もあるでしょう。
自動車ディーラーの担当者に相談したり、ネット上の一括見積もりサイトを利用したりして自分に合った保険選びをすることが大切です。

自動車ディーラー経由で契約する

自動車を購入するときは、多くの方がディーラーやその他の自動車販売業者を利用することでしょう。自動車ディーラーは自動車販売だけでなく保険も取り扱っているため、購入に合わせて保険契約を行うことができます。

メリットとしては、自動車購入時の担当者が目の前にいて相談しながらプランを決められる点が挙げられます。自動車を購入してくれたお客様ということもあり親身に対応してくれることでしょう。しかし、ディーラーによっては、自動車保険の代理店ではないため、自動車保険の取扱いを行っていない場合もありますので、注意しましょう。

コスト面で見ると、ディーラー経由で契約することで代理店手数料が上乗せされるため、後に紹介するダイレクト型(通販型)と比較すると保険料はやや高くなってしまうことが多いです。

自動車保険の代理店で契約する

自動車保険の代理店で契約する

代理店で自動車保険を契約する場合には、担当者、しかも自動車保険の専門家が直接相談に乗ってくれるという点が大きなメリットです。保険のプロがそれぞれにふさわしい保険をていねいに提案してくれるため、疑問が解消され、納得して保険を契約することができます。また、事故にあい保険を使うことになった際も、担当者が責任をもってサポートしてくれます。「保険を使うべきかどうか」といった相談も可能です。

デメリットとしては、ダイレクト型(通販型)の自動車保険と比べ、店舗運営費、代理店手数料、人件費のコストがかかっているため、割高であることなどが挙げられます。

ダイレクト型(通販型)で契約する

ダイレクト型(通販型)で契約する

ダイレクト型(通販型)とは、ネット上にある保険会社の専用ページを通じて保険会社に直接保険契約を申し込む方法のことです。保険会社ごとに手続きの方法は異なりますが、契約する自動車の種別や年間走行距離、主な利用目的などの情報を申込者自身が入力して、自分に合った保険プランの見積りを確認し、支払い方法を選べば手続きは完了です。
ネット上での申込手続きですから、24時間いつでも申し込みができるのが魅力です。最短で申込の翌日には契約が完了します。
そして、代理店型に比べ店舗運営費や人件費などのコストが抑えられているため、保険料が割安になります。

自動車保険に入るタイミング

自動車保険に入るタイミング

自動車保険は、自動車を購入し、納車日が決まったら、納車日に間に合うように加入手続きを完了させておく必要があります。自動車保険の加入が遅れ、そのまま運転して、万一事故を起こせば、自賠責保険のみの補償となり、非常にリスクが高いです。そのため、特別な理由がない限り「保険始期日」は「納車日」と同日に設定するのが一般的です。
「保険始期日」とは、自動車保険の補償が始まる日のことです。

原則としてディーラーや代理店から加入した場合は最速で申込当日、ダイレクト型(通販型)から加入した場合には申込の翌日を保険始期日に設定することが可能です。ただし、保険会社や保険料の支払い方法によって保険開始までにかかる時間は異なりますので、自動車保険加入の申し込み手続きは早めにしておきましょう。

自動車保険の申込みには「車検証」が必要になりますので、自動車ディーラーから事前に車検証のコピーをもらっておきましょう。

自動車保険の相場について

自動車保険の相場について

自動車保険の保険料は、車の条件、契約する人の条件、利用状況、契約方法や支払い方法など、さまざまな要素が影響します。さらに、希望する補償内容によっても保険料は変わってきます。
自動車保険の相場価格を「いくら」と明示することはできませんが、チューリッヒにおける保険料例をご紹介します。

トヨタヴォクシーで40歳の方が初めて自動車保険に加入する場合の保険料例

トヨタヴォクシーで40歳の方が初めて自動車保険に加入する場合の保険料例

インターネット割引
¥42,170
  • 年齢

    40歳

  • 車名・型式

    トヨタ・ヴォクシー
    ZRR80W

  • お住まい

    東京

  • 等級

    6等級

  • 車両保険タイプ

    車両保険
    (ワイドカバー型)

  • 走行距離

    5,000km超
    10,000km以下

保険料は、条件または保険始期日によって異なります。
[ 契約内容・条件等 ]
車両保険:あり/車両保険金額:290万円/免ゼロ:なし/身の回り品:10万円/弁護士費用等:あり/地震等全損一時金:あり/代車提供特約:あり/始期日:2019/03/01/前契約等級:純新規/事故あり係数適用期間:0年/初度登録:H29/10/エコカー割引:あり/自動ブレーキ割引:なし/新車割引:あり/使用目的:日常・レジャー/免許証の色:ゴールド/年齢条件:30歳以上/運転者条件:夫婦限定/対人賠償:無制限/対物賠償:無制限/対物超過特約:無制限/搭乗者傷害:1,000万円/人身傷害:3,000万円/人身傷害 搭乗中のみ:あり/傷害特約:なし/地震等死亡一時金:なし/個人賠償責任補償:なし/原付特約:なし/他車運転危険補償特約:あり/早割:なし/e証券割引:なし

ホンダN-BOXで40歳の方が初めて自動車保険に加入する場合の保険料例

ホンダN-BOXで40歳の方が初めて自動車保険に加入する場合の保険料例

インターネット割引
¥44,350
  • 年齢

    40歳

  • 車名・型式

    ホンダ・NBOX
    JF1

  • お住まい

    東京

  • 等級

    6等級

  • 車両保険タイプ

    車両保険
    (ワイドカバー型)

  • 走行距離

    5,000km超
    10,000km以下

保険料は、条件または保険始期日によって異なります。
[ 契約内容・条件等 ]
車両保険:あり/車両保険金額:145万円/免ゼロ:なし/身の回り品:10万円/弁護士費用等:あり/地震等全損一時金:あり/代車提供特約:あり/始期日:2019/03/01/前契約等級:純新規/事故あり係数適用期間:0年/初度登録:H27/10/エコカー割引:なし/自動ブレーキ割引:なし/新車割引:なし/使用目的:日常・レジャー/免許証の色:ゴールド/年齢条件:30歳以上/運転者条件:夫婦限定/対人賠償:無制限/対物賠償:無制限/対物超過特約:無制限/搭乗者傷害:1,000万円/人身傷害:3,000万円/人身傷害 搭乗中のみ:あり/傷害特約:なし/地震等死亡一時金:なし/個人賠償責任補償:なし/原付特約:なし/他車運転危険補償特約:あり/早割:なし/e証券割引:なし

初めての自動車保険、一括見積もりなどを利用して納得した保険選びを

初めての自動車保険、一括見積もりなどを利用して納得した保険選びを

このように自動車保険の保険料は、車の条件、契約する人の条件、利用状況、契約方法や支払い方法など、さまざまな要素が影響します。 特に契約方法についてはそれぞれ、メリット、デメリットがありますので、自分に適した方法を選択してください。
インターネットで見積もりをとってみようという方は、免許証、車検証の準備をしてから始めましょう。

、運転免許証、車検証、保険証券※他社でご契約中の場合

免許証は帯の色、運転免許取得日の入力に、車検証は車の型式やナンバー、初年度登録年月などの入力に必要になります。すでに自動車保険に加入している人は「保険証券」も出しておくとスムーズです。
チューリッヒの自動車保険のお見積りはこちら

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客様に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM181126-3

「自動車保険」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り