閉じる

自動車保険の新規6等級の保険料の相場は?保険料を割安にするポイントは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

自動車保険の新規6等級の保険料の相場は?保険料を割安にするポイントは?

初めて車を購入された方でも、自動車保険には等級があるということを聞いたことがあると思います。等級は「運転する人の事故の起こしやすさのリスク」を段階で示したもので、初めて自動車保険に入るときは、等級は6等級からスタートになります。

割引率が高くない新規の自動車保険であっても、保険料をできるだけおさえるにはどうすればいいのでしょうか。
そこで本記事では、初めての自動車保険料を少しでも割安にするためのポイントについてご説明します。

自動車保険の等級制度について

自動車保険の等級制度について

等級によって保険料は変わる
等級は保険料を決める重要な要素ですので、まずは等級と保険料の関わりについて確認しましょう。

事故のリスクが低い=保険を使う可能性が低いということを意味します。等級は1等級から20等級まであり、数字が大きいほど保険料の割引率が高くなります。すなわち、等級が上がるごとに保険料の割引率が高くなり、保険料が安くなります。

等級によって保険料は変わる

等級は毎年見直しが行われ、事故で保険を使わなければ、翌年度の等級が上がり割引率は高くなります。しかし事故などで保険を使うと、翌年度以降は事故によって3等級または1等級、等級がダウンします。

さらに保険料の割引率に影響する事故有係数適用期間が3年間または1年間適用されるため保険料は割増で高くなります。

<ノンフリート等級別料率制度の保険料割増引率>
等級 事故あり 無事故
20等級 ▲44% ▲63%
19等級 ▲42% ▲55%
18等級 ▲40% ▲54%
17等級 ▲38% ▲53%
16等級 ▲36% ▲52%
15等級 ▲33% ▲51%
14等級 ▲31% ▲50%
13等級 ▲29% ▲49%
12等級 ▲27% ▲48%
11等級 ▲25% ▲47%
10等級 ▲23% ▲45%
9等級 ▲22% ▲43%
8等級 ▲21% ▲40%
7等級 ▲20% ▲30%
6等級 ▲19%
5等級 ▲13%
4等級 ▲2%
3等級 +12%
2等級 +28%
1等級 +64%

▲は割引率、+は割増率
出典:損害保険料率算出機構発表 自動車保険参考純率改定説明資料(詳細版)2011年10月21日適合性審査結果通知受領による
※1〜6等級の継続契約では無事故契約者は含まれないため、無事故・有事故の区分はありません。

新規加入でも自動車保険料をおさえるポイント

新規加入でも自動車保険料をおさえるポイント

事故歴に応じて保険料の割引・割増を適用する等級制度によって保険料は変わります。初めて自動車保険に加入するときは、通常6等級からスタートし、無事故の実績がないため保険料はどうしても高めになります。

また、初めての自動車保険を契約する際、年齢が若い人たちは他の年齢層と比べて事故を起こしやすいという統計からも保険料が割高になっています。

このように新規で加入する初めての自動車保険はどうしても保険料が高くなりがちですが、少しでも割安な保険料にするにはどのようにすればよいのでしょうか。

家族の等級を引き継げないか確認する

もしご家庭で2台目の車を購入し、自動車保険に新たに加入するなら家族間の等級の引継ぎを行うことが可能です。

たとえばお子さんが新規で車を購入、ご家庭にはすでに一台父親名義の車を所有しているが、あまり車に乗る機会がなく、ゴールド免許でさらに保険の等級が20等級だとします。
このとき、お子さんが通常通り新規で保険に加入すると、6等級(もしくは7等級)での契約となるのが基本ですが、父親の保険(20等級)をお子さんの車に移し、父親の車は新規(6等級もしくは7等級)で保険に入るということが可能です。
詳しくは家族間の等級の入れ替え(吐き出し新規)をご確認ください。

補償内容を必要なものに抑える

自動車保険は基本補償にオプション補償や特約を付帯できますが、オプション補償や特約を付帯すると当然保険料が割高になります。

加入する人や車によって、ほんとうに必要な補償かどうかよく見直してみましょう。
ただし対人賠償保険と対物賠償保険に関しては、万が一のために無制限で契約することが望ましいです。

車両保険を見直してみる

車両保険は、車が破損した場合の補償です。購入した車が登録初年度から5年〜10年程度経っているような中古車であれば、車両保険を付帯せず、事故の際は自費で支払った方が合理的な場合もあります。

また、車両保険の多くは、事故や盗難、自然災害など幅広く補償するワイドカバー型(一般条件)や、単独事故を対象外にするなど補償内容を絞った限定カバー型など補償範囲を選択できます。補償内容を絞ると保険料を抑えることができるので、自分に合った車両保険を検討してみましょう。

さらに、車両保険の免責金額を高く設定すると保険料を安くすることができます。免責金額とは自己負担額のことです。免責金額を高く設定するということは保険会社の負担が減ることになるため、保険料が安くなるのです。

保険料が比較的割安なダイレクト型を選ぶ

ダイレクト型の保険会社は電話やインターネットで顧客と契約を交わすので店舗を持つ必要がなく、代理店手数料などがかかりません。このため同程度の補償内容で代理店型の保険会社よりもリーズナブルな保険料を提示できるのです。

代理店型と通販(ダイレクト)型の保険料の仕組み

割引サービスを確認する

特にダイレクト型の自動車保険はインターネット割引のある会社が多いのが特徴です。また新車割引やセカンドカー割引などの割引制度もあります。新規で自動車保険を契約する際はこうした割引サービスも含めて、保険会社選びの参考にするとよいでしょう。

たとえばチューリッヒの「スーパー自動車保険」では、インターネット割引やe証券割引(e割)、早期契約割引(早割)、新車割引、ゴールド免許割引、自動ブレーキ割引、紹介割引などおトクな割引で保険料を安くできる場合があります。

チューリッヒのおトクな割引はこちら

さらにチューリッヒの「ネット専用自動車保険」は、見積り・契約の手続きをネット限定にすることで、さらにリーズナブルな保険料を実現しています。

ネット専用自動車保険はロードサービスや各種特約をオプションで選択できます。すでにJAFの会員である場合などは、ロードサービスオプションをつけないことで、よりリーズナブルな保険料とすることが可能です。

まとめ

まとめ

初めての自動車保険は6等級からスタートすることもあり、無事故を積み重ねて等級が上がっている人に比べて保険料は割高になります。しかし自動車保険は、保険会社ごとに補償内容や保険料、割引に違いが存在します。

特に初めての自動車保険であれば疑問や不明点があるでしょう。いろいろな保険会社から見積もりをとって比較検討するのがおすすめです。

また安全運転を心がけ無事故を積み重ねれば、等級が上がり、割引率も上がるので、結果として保険料の節約になります。常に安全運転を心がけましょう。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD201216-1

「等級」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り