自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

煽られる原因となりやすい運転とは。軽自動車、初心者マークだと煽られやすい?

通行を妨害する目的で、車間距離を異常に詰めたり、急ブレーキをかけたり、幅寄せをしたり、執拗に追い回したりして交通の危険を生じさせる「あおり運転」が社会問題化しています。

自分ではあおり運転をされないよう安全運転をしているつもりでも、何かのきっかけで煽られた経験がある方もいるかもしれません。

本記事では、車やバイクで煽られるきっかけはどのような運転なのか、煽られないようにするにはどのような運転をすればよいのかについてご説明します。

安全運転でも煽られることがある

これまであおり運転行為は、車間距離不保持などの違反行為として摘発されてきましたが、2020年3月「あおり運転」を新たに罪と定める道路交通法改正案が閣議決定されました。

危険なあおり運転に対する意識の高まりもあり、煽られない工夫をしているドライバーも多いのですが、煽られた経験があるというドライバーは少なくありません。

チューリッヒが実施した「2019年あおり運転実態調査」でもドライバーの約6割があおり運転をされた経験があると回答しています。

ある 59.8% ない 40.2%

なかでも、「車体を接近させて、もっと速く走るように挑発された」、「車体を接近させて、幅寄せされた」といった、「車体を接近」させる行為が多いことがわかりました。

バイク走行時に煽られたことがある人が7割以上

また、煽られるのは車だけではありません。

バイク用品店「ナップス」の「ライダーの交通安全意識・運転マナーに関する実態調査2020」で、「バイク走行時に車間距離を縮められ(あおり運転)「ヒヤリ」とした経験はありますか?」の問いに、全国のバイクライダー530人中、73%があおり運転をされた経験があると回答しました。

煽られる原因となる運転、軽自動車や初心者マークは煽られやすい?

では、煽られるきっかけや原因となった運転行為はどのようなものなのでしょうか。
再びチューリッヒの「2019年あおり運転実態調査」から見てみましょう。

「あおり運転」をされたきっかけとして思い当たるのは?という問いに対する回答

  • 制限速度で走っていた
  • スピードが遅かった
  • 車線変更をした
  • 追い越しをした
  • 合流トラブル

法定速度を守っていて、法律違反ではないという場合でも交通の流れからみて、明らかに他の交通の円滑さを損ねていることがあると、他のドライバーの気分を害する要因になっていることがうかがえます。

たとえば、無理な車線変更をすると、後続のドライバーは急ブレーキを踏まなければならず、非常に危険ですし、後続ドライバーはヒヤリと同時にイラっとする原因になります。

また無理な合流もトラブルの元です。合流部では無理に入ろうとせず、ウィンカーを出しておいて少しずつ進みながら入れてもらえるタイミングを見計らいましょう。

他にも

  • 追い越し車線を走り続けた

というケースもあります。

高速道路の追い越し車線は、あくまで前の車を追い越すための車線です。

道路交通法第20条にあるとおり、車は走行車線を走ることと定められています。
そのため走行車線に戻ることなく、追い越し車線を走り続けていると、法定速度であっても「通行帯違反」にあたるのです。

また、軽自動車、初心者マークだと煽られやすいということもいわれています。
これは「小さな車」「初心者マーク」の車をつい軽視してしまうというドライバーの心理的側面が大きく影響しているといえるでしょう。

あおり運転にあわないために

あおり運転は、あおり運転をするほうが問題なのですが、安全運転を心がけるのであれば、後続車のドライバーが不快に感じるような行為をしていないか、自分の運転について見直してみることも大切です。

チューリッヒのあおり運転に関する調査でも

  • 車間距離をしっかりとる
  • ウインカーは早めに出す
  • 急な割り込みをしない
  • 不用意にクラクションを鳴らさない
  • ドライブレコーダーを設置した
  • バックミラーをよく確認する
  • 高速道路ではすぐに走行車線に入る

など、あおり運転をされない工夫をしていることがわかります。

周りをよく見て、常に思いやりを持ち、「相手をイラつかせない」「急な動きをして驚かせない」ということを心がける必要があるでしょう。

煽られたときの対処法

気をつけて安全運転をしていても、車間距離を著しく縮められたり、クラクションを鳴らされたりして、もっと速く走るように煽られる場合もあります。

そのようなときは、決して挑発行為にのらず、道路の右側車線を走行している場合には、左車線へ移動しましょう。

移動したことで通り過ぎてくれればいいのですが、運転者に執拗に追われるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリアなど、交通事故にあわない安全な場所に避難します。

安全な場所に避難したら、必ずドアをロックして窓も閉め、速やかに110番通報します。相手の車のナンバー、車種、車の色など、覚えている範囲で伝えます。

相手車両のナンバーなどを記録するのには、ドライブレコーダーやスマートフォンのカメラなどを有効に活用しましょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年5月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD200518-8

「あおり運転・改正道交法」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り