閉じる

バイク・原付のエンジンオイル交換方法・チェーンオイルについて

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

バイク・原付のエンジンオイル交換方法・チェーンオイルについて

バイク・原付のメンテナンスの代表的な項目にオイル交換があります。難しい作業ではないので、慣れてしまえば自分でもできるメンテナンスといえるでしょう。今回はエンジンオイルに目を向け、オイル交換の必要性、交換時期や注意点などを探ってみます。

エンジンオイル、5つの役割

エンジンオイル、5つの役割

まず、エンジンオイルの役割を考えてみます。主に5つの役割があります。

潤滑作用

エンジン内部の回転部や摺動部(しゅうどうぶ)など、金属同士が摩擦を起こす部分で薄い油膜を作り、摩擦を低減し、動きをスムーズにする作用で、焼き付きを防ぎます。

洗浄作用

エンジン内に発生したスラッジと呼ばれる煤(すす)や金属粉などの汚れを取り込み、エンジン内を綺麗に保つ働きをします。

密封作用

エンジン内ではシリンダー内をピストンが高速で動きます。シリンダーとピストンは密着させてしまうと摺動抵抗が増え、エンジンがスムーズに回らなくなります。ピストンにはピストンリングが取り付けられ、僅かな隙間を作っています。そこにエンジンオイルが入り込み、隙間を埋めてエンジンパワーのロスを防ぎながら潤滑を行います。

冷却作用

エンジン内部の燃焼や摩擦により発生する高熱をオイルが吸収し、放熱することでエンジン部品を変形や焼き付きから守ります。

防錆作用

エンジン内部は高温になるため、エンジン外部との温度差で結露が発生します。エンジン内部の錆のもとになる空気や水分が鉄製部品に直接触れないよう、内部に油膜を作り、錆を防ぎます。

また、クルマと違って多くのバイクでは、エンジンオイルがトランスミッション(変速機)の潤滑も行い、オイル管理は重要なバイクメンテナンス項目となります。

オイル交換の目安と必要性

オイル交換の目安と必要性

エンジンオイルの役割を知るとオイルがいかに過酷な状況でエンジン内の各部を巡り、重要な役割を果たしているかがわかります。

交換の目安

経年に応じてオイルにはスラッジなどの異物も含まれていき、オイルそのものが劣化し、黒く汚れます。また油温が上下を繰り返すことも劣化を進行させます。そのため、オイルの機能が損なわれる前に新しいオイルとの交換が必要になります。通常の使用で距離にすると3,000〜5,000km、期間として半年〜1年程が交換のタイミングの目安となります。

オイルレベルゲージで定期的にチェック

経年に応じて、エンジンの不調やオイル漏れなどでオイルの量が減っていることがあります。オイルレベルゲージの付いたエンジンであれば定期的にオイルの残量と汚れ/粘度のチェックをしましょう。

未使用期間の長いバイクはオイル交換を

走行距離が短くても長く放置されたバイクでは、エンジン内の空気がオイルを劣化させています。前回の交換から時間が経過している場合は、走行距離に関係なく、オイル交換をしてからエンジンをかけると安心です。

オイル交換の際はフィルターも交換

また、オイルだけでなく、オイルエレメント(フィルター)の交換も重要です。オイル交換の2回に1回というタイミングが一般的です。
(詳細はバイクのマニュアルをご確認ください。)

オイル交換を怠ると

オイルが劣化するとエンジン性能を維持できなくなるばかりでなく、部品の破損、変形、オーバーヒート、焼き付きなどを誘発し、酷い場合はエンジンが再起不能になります。定期的に確実な交換をすることで、エンジンが長持ちします。

オイルの劣化と防止策

激しく油温が上がる状況、たとえばレースやスポーツ走行など、高回転を維持し、激しい加減速を繰り返す運転は、エンジンに高負荷をかけ、結果、オイルにとっても過酷な状態となることは容易に想像できます。しかし、ハードに走らなくてもオイルにとって過酷な条件は意外にも身近にあります。

たとえば暑い日の渋滞など、長時間の低速走行では冷却風が当たりづらく、油温の上昇を招きます。こうした温度差によりエンジン内に結露が生じ、水分がオイルと混ざることによってオイルの劣化を招き、鉄製の内部の錆も進行させてしまいます。
逆に寒い時期のいわゆる「ちょい乗り」は、油温が適正温度に上がりきる前にエンジンを切ってしまうことが多く、オイルの持つ本来の性能が出し切れなくなります。

まずは劣化の原因となる結露の蒸発を促すために、エンジンには適度の熱を入れ、オイルの機能が発揮できるよう環境を整えることが大切です。オイルの劣化を防ぐことは、エンジンを長持ちさせることにも繋がるのです。

オイル交換作業

オイル交換作業

では実際にオイル交換について必要な用具や手順について簡単に見てみましょう。

作業道具

オイル交換を自分で行う場合には、ドレンボルト※1を外したり、締めたりするための工具が必要です。エンジン本体のドレンボルトのネジ山を壊してしまう恐れもあるので、サイズの合った工具、メガネレンチやソケットレンチを使いましょう。

また、抜いたオイルを入れるためのオイル処理容器(ゴミ処理の仕方は地方自治体の決まりに従ってください)、新たなオイルを注入させるためのオイルジョッキ、オイル漏れを防ぐための、ドレンワッシャーは必ず新品のものを忘れずに用意します。

ウエス※2とパーツクリーナー※3を用意しておくと作業時にこぼれたオイルをキレイに落とせたり、その後のオイル漏れをチェックできたりするので便利です。

※1 オイルパンや燃料タンクなどにある、エンジンオイルなどの排液口を塞ぐネジ
※2 機械類の油や汚れをふき取る布
※3 金属・プラスチック製パーツの洗浄や脱脂、保守管理に使用する製品

作業手順

  1. バイクを安全な場所に置き、センタースタンドやバイクスタンドをかけ、転倒しない状態を作ります。
  2. エンジンが冷えている場合は少々アイドリングをし、オイルを温めておくとオイルの抜けが良くなります。温めすぎると火傷の原因になるので気を付けてください。
  3. エンジン下部のドレンボルトの下にオイル処理箱を置いて、ドレンボルトを緩めます。オイルが勢い良く出る場合があるので注意しましょう。
  4. オイルが完全に抜けたらドレンボルトとボルト孔をウエスで拭き、キレイにします。
  5. オイル漏れを防ぐため、ドレンワッシャーを新品に交換し、ドレンボルトを締めます。ネジ山を壊さないよう、最初の数回転はドレンボルトを手で回すといいでしょう。
  6. 最後はオイルを注入口から規定量入れれば終了です。この後、1分程エンジンをかけてからオイルの量を確認し、適正な量であることを確かめます。もし足りないようであれば少しずつ足して規定量にしてください。

オイル交換2回に1度の割合でオイルエレメントを換えるのが一般的な作業内容となります。(詳細はそれぞれのバイクのマニュアルをご確認ください。)

オイル選び

オイル選び

バイク量販店をのぞいたりネットで検索したりすると、オイルの種類が多くあります。自分のバイクに合ったオイルは何なのか、自分の使用方法に合ったオイルは何なのかを判断しなくてはなりません。

購入する際は、経験や知識が豊富な販売員にバイクの使い方や使用環境を伝え、選んでもらうのも有効です。

一般的な「鉱物油」と高性能な「化学合成油」、そしてその二つの良い所を取り入れて性能と価格のバランスをとった「部分合成油」という3種のベースオイルがあり、そこに各種の添加剤が合成され、バイク用オイルはできています。

販売されているオイルの容器には、商品名の他にさまざまな情報が記されています。特に重要なのが、SAE 5w-30とか10w-50という表記です。この数字はオイルの粘度を示します。オイルは寒い外気の中では固まってしまいます。高温になると、必要な粘度を保てなくなり、サラサラになります。表示にあるwinterの頭文字「w」の前の数字は低温時の粘度を、ハイフン以降の数字は油温100度のときの粘度を示します。

ベストマッチオイル

オイル成分のスペックでは同じ数値でも、メーカーの設計思想によってそれぞれテクスチャーが変わります。
自分の好みと目的に合ったオイルを選ぶことができたらバイクライフが快適になるばかりか、バイクにとっても良い結果をもたらします。オイル交換によって自分のバイクの状態を把握することにも繋がります。

オイル交換は基本プロにお願いしましょう

オイル交換はバイクメンテナンスの基本です。作業自体はそれほど難しいことではないので、準備をすれば自分での作業が可能ですが、不慣れな場合は購入店、バイク用品店、修理工場などに相談することをおすすめします。

プロに作業をしてもらう場合、オイル代の他に作業工賃がかかりますが、プロの目でバイクを見てもらい、不具合箇所を見つけてもらえることもあるので、オイル交換とともにアドバイスを求めるのが良いでしょう。

もうひとつのオイル系メンテナンス〜チェーンオイル

エンジンオイルの交換とともに確認しておいた方がよいものとして、チェーンへの注油があります。エンジンからトランスミッションを介し、動力をタイヤに伝える歯車をスプロケットといいますが、エンジン側とホイール側にある2枚のスプロケットを結ぶのがドライブチェーンです。

バイクをより安全に走行させるには、このドライブチェーンのメンテナンスも重要です。目安として走行距離500kmに1度の注油と1,000kmに1度の洗浄/注油をするのが良いでしょう。雨天での走行やオフロードなどでは、泥はねや埃で汚れますが、その度に洗浄、注油をした方が安心です。

洗浄はチェーンクリーナーの中でも多くのバイクで使用されているシールチェーン対応のクリーナーとブラシを使って行います。クリーナーによっては塗布後に水での洗浄も必要になるので作業環境によって使用方法を確認しましょう。

チェーンが綺麗になったらチェーンオイルを差します。チェーンの両サイドのピン部分と中央のスプロケットとの接触部にタイヤを回転させながらしっかりと塗り込みます。見た目が綺麗になるとともに、スムーズにチェーンが動くようになると抵抗が大きく減るため、パワーも燃費も復元します。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD190417-1

「バイク・原付」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大3,000

バイク保険 お見積り