バイク保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

原付免許とは。取り方や取れる場所。乗れるバイクの種類

更新日:2023年10月12日

公開日:2023年1月20日

原付免許とは、原動機付自転車(原付)を運転できる免許です。
しかし、原付と呼ばれるバイクには、原付一種と原付二種の2種類があることをご存じでしょうか。
実は、原付免許で両方のバイクを運転できるわけではないのです。

また、原付免許試験には技能試験がありません。
そのため、原付免許は教習所に通って取得するのではなく、運転免許試験場や運転免許センターなどで学科試験を受験する形となります。
さらに、学科試験に合格しても、実際にバイクに乗る原付講習を受けなければ免許は交付されません。

原付免許で運転できるバイクの種類や、原付免許の正式名称、原付免許取得までの流れなどについてご説明します。

ポイント

  • 原付免許の正式名称は、原動機付自転車免許です。
  • 原付免許は、運転免許センターや運転免許試験場で取得することができます。
  • 原付には原付一種と原付二種があり、原付免許で運転できるバイクは原付一種です。
  • 原付免許の学科試験は、マークシート形式(〇×の2択問題)です。

原付免許とは

原付免許は原動機付自転車(原付)を運転することができる免許です。
しかしながら原付免許は、正式な名称ではないことをご存じでしょうか。

履歴書の免許・資格欄に原付免許を記載する際には、どのように書くのが正しいのでしょうか。

原付の正式名称とは

原付とは、「原動機付自転車」の略語です。従って、原付免許の正式名称も「原動機付自転車免許」となります。

履歴書の免許・資格欄に記載する際には、原付免許ではなく、正式名称である「原動機付自転車免許」と書くようにしましょう。

有効期間

原付免許は他の運転免許と同様に有効期間があり、新規に原付免許を取得した方の場合の有効期間は3年です。

有効期間が切れる直前の誕生日の1ヵ月前から、1ヵ月後までの2ヵ月の間に更新手続きが必要になります。

初回の更新をする場合や違反運転者が更新をする場合の有効期間は3年、優良運転者、一般運転者が更新をする場合の有効期間は5年となっています。

ただし、70歳(更新期間満了日の直前の誕生日に71歳になられる方)の優良・一般運転者の有効期間は4年、71歳以上の優良・一般運転者の有効期間は3年となります。

原付免許取得費用、取得できる場所

原付免許の取得にかかる費用は、8,050円です。

内訳は次のとおりです。

  • 受験料 1,500円
  • 免許証交付料 2,050円
  • 原付講習受講料 4,500円

参照:警視庁ウェブサイト
2023年7月31日現在

また、原付免許は運転免許試験場や運転免許センターで取得できます。

原付免許で運転できるバイク

原付免許で運転することができるバイクは、排気量50cc以下の原付です。
しかし、原付と呼ばれるバイクには原付一種と原付二種の2種類があり、原付免許で運転できるのは原付一種のみとなるため、原付二種に乗ることはできません。

原付一種と原付二種には、以下のような違いがあります。

原付の免許区分

原付一種と原付二種では、排気量やモーター出力に違いがあり、運転に必要となる免許も異なります。
また、排気量やモーター出力によってナンバープレートの色が分けられています。

原付一種と原付二種の違い
車両区分 排気量 モーター定格出力 必要な運転免許
原付一種 50cc以下 0.6kW以下 原付免許
原付二種 50cc超〜90cc以下 0.6kW超〜0.8kW以下 小型限定普通二輪免許(AT限定も含む)
90cc超〜125cc以下 0.8kW超〜1.0kW以下

原付一種と原付二種では、排気量やモーター出力が異なるため、走行時の最高速度やその他の走行ルールにも違いがあります。

まず、原付一種の速度制限は時速30kmであるのに対し、原付二種の最高速度は時速60kmです。
また、原付一種は二人乗りが禁じられていますが、原付二種では二人乗りも許可されています。

さらに、原付一種には義務付けられている交差点での二段階右折も原付二種では必要ありません。
原付一種、原付二種ともに、高速道路や自動車専用道路の走行は禁止されています。

ナンバープレートの色の違い

排気量50cc以下の原付一種のナンバープレートは白、排気量50cc超〜90cc以下の原付二種のナンバープレートは黄色、排気量90cc超〜125cc以下の原付二種のナンバープレートはピンクとなっています。

一種 50cc以下
二種 50cc超〜90cc以下
90cc超〜125cc以下

原付(一種)で乗れるバイク

原付免許で運転することができるバイクは、排気量50cc以下の原付一種が対象となります。

原付二種は排気量が50ccを超えるため、原付二種を運転するためには小型限定普通二輪免許(AT限定も含む)、もしくはその上の免許である普通二輪免許(AT限定も含む)が必要となります。

また、普通自動車免許などで運転することができるバイクも排気量50cc以下の原付一種となっています。

原付免許の取得条件

原付免許を取得するためには、以下のような条件が定められています。

年齢

16歳以上の方。

視力

両眼で0.5以上であること。片方の視力が0.1に達しない方の場合は、よく見える方の視力が0.5以上あり、視野が左右150度以上あること。
いずれの場合も、眼鏡やコンタクトによる矯正視力でも問題ありません。

聴力

聴力に関する基準はありません。

色彩識別

赤色・青色および黄色の識別ができること。

その他の条件

過去に免許の取消処分などを受けている方の場合は、受験前の1年以内に取消処分者講習を受け、欠格期間が経過した後でなければ、原付免許の試験を受験することはできません。
また、受験時には取消処分者講習終了証明書の原本が必要となります。

取得にどれくらいかかるか(期間)

原付免許が交付されるまでにかかる期間は、都道府県によって違いがあります。
学科試験の受験と同日に原付講習の受講が可能なところでは、1日で免許の交付を受けることが可能です。

学科試験受験後、別日に原付講習を受ける必要がある場合、もしくは先に原付講習を受け、後日学科試験を受験する場合は、2日以上の時間がかかるケースもあります。

都道府県によって対応が異なりますので、詳しくは受験を予定する都道府県の運転免許試験場や運転免許センターなどでご確認ください。

バイク免許取得の費用と免許の種類。取得年齢は何歳から?
モータージャーナリスト 竹岡 圭

普通自動車免許を取得すると、50cc以下の原付バイクも運転できますが、クルマとバイクは必要とされる運転技能がまったく違うので、運転には注意が必要です。

原付免許の取り方の流れ

原付免許は次のような流れで取得します。

都道府県によっては、事前の予約が必要なところもあります。
事前にお住まいのエリアの都道府県警察、運転免許試験場(運転免許センター)のウェブサイトで確認しておきましょう。

申請書の配布 書類作成 手数料納付 受付 適性試験 学科試験 合格発表 登録カードの発行 写真撮影 原付講習 免許証交付 参照:神奈川県警察 ウェブサイト

試験当日に必要なもの

  • 本籍(国籍など)が記載された住民票の写し
  • 健康保険証、マイナンバーカード、パスポートなどの本人確認書類
  • 申請用写真(縦3cmx横2.4cm)、無帽、正面、上三分身、無背景で申請前6ヵ月以内に撮影したもの 1枚
  • 手数料
  • 眼鏡、コンタクトレンズなど

原付免許の試験

原付免許の試験は、文章問題とイラスト問題で構成されています。45点以上で合格となるため、試験前にはしっかりと対策をした上で試験に臨みましょう。

出題数・満点 文章問題46問(各1点)、イラスト問題2問(各2点)の50点満点で構成。
出題形式 ○か×で答えるマークシート式。
イラスト問題は、イラストを見て3つの設問に答えるものが2題出題されます。
試験時間 30分間
合格基準 45点以上
参照:株式会社武蔵境自動車教習所「原付免許の学科試験の内容について」本田技研工業株式会社 ウェブサイト、令和4年版 警察庁交通局運転免許課 運転免許統計

講習について

原付講習は、実際にバイクに乗って行う講習です。学科試験に合格し、原付講習を受講しなければ、原付免許証は交付されません。

受講時は長袖、長ズボン、靴の着用が必要です。サンダルやハイヒールなどでは受講できませんのでご注意ください。

モータージャーナリスト 竹岡 圭

クルマからはこう見える、ここが見えないなど、原動機付自転車に乗ることで実感を伴ってわかることもありますので、普段のクルマの運転にも原付の運転の経験を生かしましょう。

まとめ

原付免許の正式名称は、「原動機付自転車免許」です。
履歴書などに記載する際は、原付免許ではなく、「原動機付自転車免許」と記載するのが正式な書き方となります。

原付免許で運転できるバイクは、排気量50cc以下の原付一種と呼ばれるバイクです。
同じ原付と呼ばれるバイクであっても、排気量50ccを超える原付二種は、原付免許では運転することができません。

原付一種と原付二種は、ナンバープレートの色で識別することができます。

※記載の情報は、2023年7月31日時点の内容です。

原付免許のよくあるご質問

Q原付免許で乗れるバイクは、どんなバイクですか?
A原付免許で乗れるバイクは、排気量50cc以下の原付一種です。
Q原付免許を取得できる場所はどこですか?
A原付免許は、お住まいの自治体にある運転免許試験場や運転免許センターで取得できます。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒのバイク保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒのバイク保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒのバイク保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大10,000円割引

  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

「バイク・原付」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険

プレゼントキャンペーン

「バイク・原付」の記事一覧

A-230901-3

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大10,000

バイク保険 お見積り