バイク保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

バイク免許の取得費用。中型バイクに乗れる普通二輪免許の取得年齢は何歳から?

更新日:2024年2月9日

公開日:2020年5月27日

バイクには、通勤や日常の足として手軽に乗れるタイプやツーリングを楽しむタイプなどさまざまな種類があります。
バイクに乗るには免許が必要ですが、免許によって運転できる車種が異なり、取得できる年齢も違います。
バイク免許の免許取得にかかる費用や年齢についてご説明します。中型バイクに乗れる普通二輪免許の取得年齢は何歳なのかなどもご説明します。

ポイント

  • バイクの免許は7種類あります。免許によって運転できる車種が異なり、また取得できる年齢も違います。
  • バイクは「大型二輪免許(AT限定を含む)」を除いて16歳から取得することが可能です。
  • バイクの免許取得にかかる費用は、教習所に通うか試験場で直接受験するかによって異なります。
  • AT限定の免許を取得する場合や他の免許を所有している場合、教習料金が安くなる傾向にあります。

バイクの免許の種類と運転可能な車種。免許取得可能な年齢は何歳から?

バイク免許は原付免許を含め7種類の免許があり、免許の種類によって運転できるバイクの種類が異なります。またそれぞれの免許取得可能な年齢を以下の表にまとめました。

自分の乗りたいバイクに必要な免許の種類を確認しておきましょう。

「原付免許」「小型二輪免許(AT限定を含む)」「普通二輪免許(AT限定を含む)」の取得できる年齢は16歳からです。

400cを超える大型バイクに乗れる「大型二輪免許(AT限定を含む)」が取得できる年齢は18歳からです。

このようにバイクは「大型二輪免許(AT限定を含む)」を除いて16歳から取得することが可能です。

免許の種類 取得可能年齢 排気量
50cc以下 50cc超
125cc以下
125cc超
400cc以下
400cc超
原付免許 16歳以上 マル
小型二輪免許
(AT限定を含む)
16歳以上 マル マル
普通二輪免許
(AT限定を含む)
16歳以上 マル マル マル
大型二輪免許
(※AT限定を含む)
18歳以上 マル マル マル マル

大型二輪免許(MT車)は制限なし
※AT限定大型二輪は650ccまで

参照:一般社団法人 日本二輪車普及安全協会 二輪車運転免許の種類
※2023年10月執筆現在

バイクの免許取得にかかる費用(2023年10月執筆現在)

バイク免許の取得費用は免許の種類によって異なります。また普通自動車免許を持っているかどうか、教習所に通学するかどうかによっても異なります。

こちらは他の所持免許なしで、指定自動車教習所で二輪免許を取得する場合の教習料金の例です。

指定教習所に通って取得する場合

指定教習所での免許の種類ごとの教習料金の一例
バイクの免許の種類 所持免許なし
小型二輪免許 17万〜18万円程度
小型二輪免許(AT限定) 16万〜17万円程度
普通二輪免許 19万〜20万円程度
普通二輪免許(AT限定) 18万〜19万円程度
大型二輪免許※1 28万〜29万円程度
大型二輪免許(AT限定)※1 26万〜27万円程度
原付バイク -
※1大型二輪免許については、普通二輪免許の所持を前提としている教習所もあります。
※2023年10月調べ

所持免許なしでの普通二輪免許の取得費用は19万円前後になります。
AT限定免許は若干安くなっている他、普通自動車免許など、他の免許を取得している場合も料金は安くなります。

指定自動車教習所の教習料金は地域によって、またキャンペーンの有無などによって変わってきます。
インターネットなどで料金やサービスを比較検討し、指定自動車教習所を選ぶとよいでしょう。

ファイナンシャル・プランナー 水野 圭子

二輪免許にもAT限定があるのですが、普通免許と同様に、普通二輪免許や大型二輪免許でも、AT限定の免許需要は段々と増えているようです。AT限定はMT車に比べ1万〜2万円教習料金が安い傾向にあります。どちらを選択したいのか、事前に考えておくとよいでしょう。

指定自動車教習所の卒業者の運転免許試験場での費用

指定自動車教習所の卒業検定(技能試験)に合格すると卒業証明書が交付され、これを運転免許試験場に持って行くことで技能試験が免除されます。したがって試験場で受けるのは、学科試験のみのため、二輪免許の種類にかかわらず、以下の金額になります。

受験料 1,750円
免許証交付料 2,050円
合計 3,800円
参照元:警視庁「二輪免許試験(指定教習所を卒業された方)」
※2023年10月執筆現在

指定自動車教習所に通って取得する場合は、教習所での教習料金に運転免許試験場での費用3,800円(受験料1,750円・免許証交付料2,050円)を加えたものになります。

一発試験で取得する場合の費用

一発試験受験者は、運転免許試験場で学科試験と技能試験を受ける必要があります。
ただし、すでに第一種免許(原付免許、小型特殊免許を除く)、第二種免許、普通二輪免許(大型二輪免許を受ける方)をお持ちの方は学科試験が免除されます。

また普通自動二輪免許と大型自動二輪免許では取得時の講習料が異なります。
普通自動二輪免許 大型自動二輪免許
受験料 2,600円 2,600円
試験車使用料 1,450円 1,450円
免許証交付料 2,050円 2,050円
取得時講習受講料 16,200円 16,650円
合計 22,300円 22,750円
参照元:警視庁「二輪免許試験(直接試験場で受験される方)」
※2023年10月執筆現在

以上のように、一発試験でバイク免許を取得するまでにかかる費用は受験料、試験車使用料、免許証交付料をあわせた6,100円に取得時講習受講料を加えたおよそ22,000円強となり、一度で合格すればかなり安く取得できます。

しかし、一発試験といっても1回で合格することは稀です。合格するまで何回か挑戦すれば、受験のたびに上記の費用がかかります。

普通免許ありの普通自動二輪免許の取得。免許取得の流れや日数・費用

バイクの免許の取得方法

バイク免許の取得方法には、指定自動車教習所に通って卒業する方法と、直接試験場で受験する(いわゆる一発試験)の2つがあります。

指定自動車教習所などで取得する

バイクの免許の取り方で、最も一般的なのが公安委員会から指定を受けている指定自動車教習所に通う方法です。

指定自動車教習所で学科教習と技能教習を修了した後、卒業検定に合格して、運転免許試験場で本試験を受けます。教習所の卒業証明書により技能試験が免除されるので、適性検査、学科試験のみ受験し、合格すれば免許証が交付されます。

なお、すでに普通自動車免許を持っている方は学科試験も免除され、短期間で取得できることになります。

一発試験で取得する

一発試験とは、指定自動車教習所に通わずに運転免許試験場で、直接試験を受けて免許を取得する方法です。
本試験では、適性検査、学科試験、技能試験に合格し、さらに取得時講習、応急救護処置講習を受講すると免許証が交付されます。

一発試験は、免許の取得費用を抑えられますが、指定自動車教習所を利用した場合と比較して、一発試験の技能試験は難易度が高いといわれています。

何度も受験を重ねれば、その分費用がかさんでしまうこともあります。

原付免許は指定自動車教習所に通わず、運転免許試験場で取得可能

原付免許は、運転免許試験場などで適性検査、学科試験を受けて合格した後に、原付講習を受講すると免許証が交付されます。また、普通自動車免許を持っている人は、原動機付自転車を運転することができます。

※2023年10月執筆現在

原付免許の費用(値段)。取得に必要な持ち物(住民票・写真)
ファイナンシャル・プランナー 水野 圭子

普通自動車免許の有無や受験方法によって、バイク免許取得までの費用や日数が変わってきます。四輪車の運転技術と二輪車の運転技術は違います。難易度が高い一発試験より、しっかりと運転技術が習得できる指定自動車教習所を利用したほうが安心かもしれません。

まとめ

バイクの免許は、原付免許から大型二輪免許まで全部で7種類あり、免許の種類によって運転できるバイクが異なります。また免許によって取得できる年齢も異なります。

免許を取得するには、指定自動車教習所を卒業する、一発試験を受けるという2つの方法があります。
新規で免許を取得する場合は、運転技術を基礎から学べる、指定自動車教習所がおすすめです。

指定自動車教習所を利用して免許を取得する際の教習料金は教習所によって異なりますので、入校する前に金額をよく確認しておきましょう。

※記載の情報は、2023年10月30日時点の内容です。

バイク免許の費用についてよくある質問

Qバイクの免許取得には、どのくらい費用がかかりますか?
A指定自動車教習所に通う場合、所持免許がなければ、小型二輪免許で約16万〜18万円、普通二輪免許で約20万円です。大型二輪免許であれば約28万円です。
教習料金については、指定自動車教習所によって異なります。くわしくは入校を希望する指定自動車教習所に、お問合わせください。
Qバイクの免許は、どのように取得すればよいのでしょうか?
A原付を除くバイクの免許の取得は、指定自動車教習所に通って卒業する方法と、直接試験場で受験する(一発試験)方法の2つがあります。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒのバイク保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒのバイク保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒのバイク保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大10,000円割引

  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

「バイク・原付」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険

プレゼントキャンペーン

「バイク・原付」の記事一覧

A-231115-03

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大10,000

バイク保険 お見積り