バイク保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

バイクの車検が必要な排気量。費用や必要書類

更新日:2022年12月8日

公開日:2019年8月1日

バイクにも自動車と同じように車検制度があります。

バイクの車検が必要なのは車両の安全性の確保、技術基準を規定する道路運送車両法の小型二輪にあたる、排気量250cc超のバイクです。

排気量によって車検の有無があるバイク車検についてご説明します。

ポイント

  • 排気量250cc超のバイクは車検が必要です。
  • 車検は、バイクの新車を購入後、初回のみ3年後、それ以降は2年ごとです。
  • 車検の有効期間の満了日の1ヵ月前から満了日までにうけると有効期間に無駄がありません。
  • バイク車検は販売店に依頼して取得してもらう方法と自ら検査場に持ち込むユーザー車検があります。
  • バイク車検時にかかる法定費用は「自動車重量税」「自賠責保険料」「印紙代」があります。

バイクの車検が必要な排気量

250cc超のバイクは車検が必要

車検はバイクが保安基準に、適合しているかどうかを確認する制度で正式には「自動車検査登録制度」と呼びます。

バイクの新車を購入後、初回のみ3年後、それ以降は2年ごとの車検が義務付けられ、適合していれば車検証が更新されます。

以下の表のとおり、排気量250cc超のバイクは車検を受ける必要があり、車検証に記載された有効期間の満了日までに、車検を済ませておかなければなりません。

道路運送車両法による区分 排気量 車検の必要性 車検期間
原付 125cc以下
×
二輪の軽自動車(軽二輪) 125cc超〜250cc以下
×
二輪の小型自動車(小型二輪) 250cc超
初回新車登録後は3年で、以後も継続して使用する場合は、2年ごとに車検(継続検査)を受ける必要があります。

排気量250cc以下の二輪は車検の対象外ですが、点検整備をしなくてよいというわけではありません。

モータージャーナリスト 高根 英幸

上の表のとおり「車検が必要なのは250cc超」のバイクです。250cc以下のバイクは登録も簡素化されて車検も不要な手軽なバイクという扱いですね。

バイクの車検はいつどこで受ける?

車検の有効期間の満了日の1ヵ月前から満了日までに受ける

車検は有効期間の満了日前までに済ませておけば問題ありませんが、早すぎてしまうと、もとの車検有効期間の重複が発生し、更新した車検の有効期限が早く到来するので損をしてしまいます。

車検は、有効期間の満了する日の1ヵ月前から満了する日までの間に受けると、有効期間を短縮することなく更新することができます。(ただし、離島地域に使用の本拠の位置を有する車検は、有効期間の満了する日の2ヵ月前から満了する日まで)

車検を受ける場所

バイクの車検には大きく分けて、販売店にバイクを預けて点検整備と車検取得を依頼する方法と、自ら運輸支局などに持ち込んで行う「ユーザー車検」とがあります。

バイクのユーザー車検とは。車検費用やネット予約システム

また、日常の足として使わなくなってしまったバイクの場合、車検切れになっていることがあります。

車検を受けて復活させたいときは、車検切れの状態で道路を自走できませんので、バンやキャリアカーに積むか、仮ナンバーを市区町村に申請、借用して自走し、販売店や陸運支局に持ち込む必要があります。

バイクの車検費用はいくら?

バイクの車検費用は販売店に依頼し、プロの整備業者に任せる車検と、自ら運輸支局などに持ち込んで行うユーザー車検では費用が異なります。

ユーザー車検の場合は、ユーザー自らが運輸支局などにバイクを持ち込んで検査することで、整備費用と車検代行費用を抑えるメリットがあります。

整備業者に依頼する場合は、バイク車検にかかる最低限の法定費用に加えて、整備費用、部品代、代行手数料などがかかります。

バイクを購入した販売店での車検は業者や整備内容によって費用が変わってきますので、ここではバイク車検にかかる法定費用を表記します。

バイク車検にかかる法定費用

自動車重量税
  • 初度登録より13年未満の場合は3,800円
  • 初度登録より13年超〜18年未満の場合は4,600円
  • 初度登録より18年超の場合は5,000円
自賠責保険 初度登録の場合
  • 37ヵ月…11,390円
継続検査の場合
  • 24ヵ月契約…9,270円
  • 25ヵ月契約…9,440円
印紙代の目安 1両につき、1,700円(国の印紙 400円+機構の証紙1,300円)
出典
自動車重量税:2021年5月1日からの自動車重量税の税額表
自賠責保険:自動車損害賠償責任保険基準料率 2021年1月15日届出 損害保険料率算出機構
印紙代の目安:独立行政法人自動車技術総合機構 自動車検査 費用目安 検査手数料
2022年11月記事執筆現在

バイクの車検の必要書類

車検の際には、以下の書類を用意する必要があります。

1.自賠責保険証明書

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の加入は法律で義務づけられており、次回の車検の有効期限まで加入している自賠責保険証明書がないと車検は受けられません。

自賠責保険が切れた車両を運行した場合は、違反点数6点が加算され、ただちに免許停止になるだけでなく、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金に処される重い罰則があります。

従って、自賠責保険の加入期間は、次回の車検期間を満たしている必要があります。車検日当日に延長する契約をすることも可能です。

車検標章(車検シール)はバイクのナンバープレートの左上に貼ることになっています。現在バイクを持っている方は、愛車のナンバープレートを見てみましょう。

2. 軽自動車税(種別割)納税証明書

毎年支払う自動車税の領収書が「軽自動車税(種別割)納税証明書」で、車検(継続検査)の際に軽自動車税(種別割)の未納がないことを証明するものです。

指定の金融機関・コンビニで支払っている場合は、納税通知書の一部が車検用の納税証明書になっていますので、領収印が押されていることを確認しましょう。

クレジットカードで納付した場合、軽自動車税(種別割)納税証明書は発行されません。また、スマートフォンの決済アプリでの納付の場合は納税証明書が発行となるまで時間がかかります。

納税証明書が急ぎで必要な方は、スマートフォン決済では納付せず、金融機関、コンビニエンスストア、各区市税の窓口、各区役所内金融機関派出所などで支払いましょう。

なくしてしまった場合、市区町村役場の税務を扱う部署(納税課・課税課など、自治体によって名称が異なります)で証明書を再発行してもらえます。

3.自動車検査証(車検証)

車検証は、所有者や使用者の公証をしたり、検査時点で車両が自動車保安基準に適合していたことを証明したりする公文書で、車両に備えつけることが義務づけられています。

4. 定期点検整備記録簿

新車で購入した場合には「メンテナンスノート」として付属してくるもので、12ヵ月点検や24ヵ月点検の内容を記入したものです。

5.印鑑※

※かつて印鑑は必須でしたが、国土交通省の通達により、令和3年1月1日より「(継続検査申請書)の申請書の押印は不要」という扱いになりました。

心配であれば、バイクを持ち込む前に事前に問い合わせるとよいでしょう。

バイクの車検の検査項目

運輸支局(自動車検査登録事務所)で行います。

  • 外観検査による車検証との相違がないかの点検
  • 灯火類や反射板(リフレクター)の点検

検査ラインでは

  • スピードメーター・ブレーキの制動力検査
  • テスターを使った排ガス検査やヘッドライトの光軸検査

が内容です。

合格すれば新しい車検証が発行され、不合格の点が出た場合は、整備し直して検査を受け直すことになります。

モータージャーナリスト 高根 英幸

ユーザー車検を受ける場合は、検査ラインで不合格になる可能性があることも考慮して、余裕をもった日程で受けるようにすることをおすすめします

まとめ

車と同じように250ccを超えるバイクについては車検を受ける必要があります。

車検の有効期限が切れた状態で公道を走ることは違法です。ナンバープレートの左上に貼っている検査標章(車検シール)を確認し、車検切れにならないように注意しましょう。

※記載の情報は、2022年11月1日時点の内容です。

バイクの車検についてよくあるご質問

Q車検の必要なバイクの排気量は?
A車検が必要となるのは道路運送車両法の「小型二輪」にあたる排気量が「250ccを超えるバイク」です。
Qバイクの車検はいつ、どこで受ければよい?
有効期間の満了する日の1ヵ月前の日よりも前に車検を受けるとどうなりますか?
Aバイクの車検は、有効期間の満了する日の1ヵ月前から満了する日までの間に、バイクの販売店に依頼しプロの整備業者に任せるか、自ら運輸支局などに持ち込んで車検を行います。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒのバイク保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒのバイク保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒのバイク保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大10,000円割引

  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

「バイク・原付」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険

プレゼントキャンペーン

「バイク・原付」の記事一覧

A-221102-1

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大10,000

バイク保険 お見積り