バイク保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

小型二輪免許とは。教習所・一発試験の免許取得方法とAT限定解除

125cc以下の小型二輪は普通自動車と同じ法定速度で走れること、二段階右折の必要がないことなどから通勤の足としても人気が高まっています。
またAT小型限定普通二輪免許(AT小型限定免許)は、法律の改正で免許の教習修了まで最短3日間が最短2日間で可能となり、取得しやすくなっています。

そこで本記事では小型二輪免許についてご説明します。

そもそも二輪免許とは?

車両としての二輪車は道路運送車両法と道路交通法による区分が存在します。運転免許については、道路交通法による区分にしたがって分けられています。

排気量 50cc以下 125cc以下 250cc以下 400cc以下 400cc超
道路交通法 車両区分 原動機付自転車(原付) 普通自動二輪車(普通二輪) 大型自動二輪車(大型二輪)
免許の種類 原動機付自転車免許(原付免許) 普通自動二輪車免許(小型限定普通二輪免許) 普通自動二輪車免許
(普通二輪免許)
大型自動二輪車免許

二輪免許証は上記の表のように、「原付」「小型限定普通二輪」「普通二輪」「大型二輪」に加えて、AT車限定の「AT小型限定普通二輪」「AT普通二輪」「AT大型二輪」の全7種類があります。
小型限定普通二輪免許で運転可能な二輪車は、排気量125cc以下のものです。

小型限定普通二輪免許取得の方法

小型二輪を運転するために必要な免許は、小型限定普通二輪免許です。AT型のみ運転できるAT小型限定普通二輪免許もあります。
小型限定普通二輪免許は16歳から取得可能です。

それでは小型限定普通二輪免許取得の流れを見てみましょう。小型限定普通二輪免許を取得するには

  1. 教習所を利用する
  2. 教習所を利用せずに直接免許試験を受験する(一発試験)

という2つの方法があります。

①教習所を利用する場合は視力・聴力などの適性検査で問題がなければ学科教習と技能教習に進みます。卒業検定で70点以上とれれば教習所を卒業となります。
卒業後、運転免許試験場で適正検査と学科試験を受けクリア(90%以上)すれば、教習所の卒業試験に合格した人は技能教習が免除されるので、免許取得となります。

受験料 1,750円
免許証交付料 2,050円(試験に合格し、免許証を交付してもらうときに必要)

②教習所を利用せずに運転免許試験場で直接免許試験を受験する場合です。一発試験という言い方をする人もいます。

運転免許試験場で適性検査、学科試験、技能試験、講習を受けたあと免許取得となります。

受験料 2,600円
試験車使用料 1,450円
免許証交付料 2,050円(試験に合格し、免許証を交付してもらうときに必要)

ただし、試験に合格しないと、その都度受験料、試験車使用料がかかります。

二輪免許をはじめて取得する場合、取得時講習(12,000円)、他に現有免許がなければ応急救護講習費(4,200円)がかかります。

※受験料などは2019年6月記事執筆現在のものです。

AT小型限定普通二輪免許の技能教習は最短2日間で修了可能に

小型限定普通二輪免許にはAT限定免許もあることは冒頭でお話ししました。
平成30年7月に実施された道路交通法施行規則の一部改正により、普通自動車免許所有者はAT小型限定普通二輪免許の教習所での教習が最短3日間かかっていたのが、最短2日間で修了可能になりました。
これは、AT小型限定普通二輪免許(AT小型限定免許)に係る1日の技能教習時間の上限などが見直されたためです。

普通免許等保有者のAT小型限定免許取得に係る2日間教習実施教習所は、こちらで確認できます。

AT車限定を解除してMT車にも乗れる、小型限定二輪免許にするには?

運転免許証に各種の限定条件が付されている免許を限定のない運転免許に変更することを限定解除、といいます。正式には限定解除審査といい、限定条件のない免許に変更するための審査のことです。

たとえばAT小型限定普通二輪免許のAT車限定条件を解除して、小型限定普通二輪免許に変更するというような場合です。

二輪車の限定解除のパターンを紹介します。
現有免許 解除後の免許 解除内容 必要教習時限数
AT小型限定普通二輪免許 小型限定普通二輪免許 AT車限定の条件を解除 4時限
AT小型限定普通二輪免許 普通二輪免許 AT車限定の条件および小型限定の条件を解除 8時限
AT小型限定普通二輪免許 AT限定普通二輪免許 小型限定の条件を解除 3時限
小型限定普通二輪 普通二輪免許 小型限定の条件を解除 5時限
AT限定普通二輪免許 普通二輪免許 AT車限定の条件を解除 5時限
AT限定大型二輪免許 大型二輪免許 AT車限定の条件を解除 8時限

限定解除には以下の2つの方法があります。

①指定自動車教習所で規定時限数の教習(表内の必要教習時限数)を受け、審査に合格したら、運転免許試験場で申請手続きをする方法
試験手数料 1,400円

A運転免許試験場で直接限定技能審査を受ける方法
試験手数料1,400円 車使用料1,450円 合計2,850円がかかります。

※試験手数料などは2019年6月記事執筆現在のものです。

小型限定普通二輪免許は一発で取得できるの?

教習所にかかる費用や時間の面から、小型限定普通二輪免許を運転免許試験場で直接受ける一発試験で取りたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。
運転免許試験場では、小型限定普通二輪免許を運転するだけの技能と学科が身についていることを試験されます。

車種 現有免許 技能講習(合計) 学科教習(合計)
小型限定普通二輪 MT なし(小特・原付含む) 12時限 26時限
大型・普通・大特免許 10時限 1時限
AT なし(小特・原付含む) 9時限 26時限
大型・普通・大特免許 8時限 1時限

現有免許がない場合、小型限定普通二輪免許を取得するために、教習所では学科26時間、技能12時間の教習時間が設定されています。教習所を利用せずに運転免許センターで免許を取得することは可能ですが、指定自動車教習所を卒業して合格する人のほうが多いです。

免許の種類 平成30年受験者数(人) 平成30年合格者数(人) 合格率
小型限定普通二輪(「AT」を含む小型限定の全体数) 35,310 26,037 73.7%
小型限定普通二輪(AT)(小型限定の内数) 25,528 18,110 70.9%
免許の種類 平成30年合格者の内訳(人) 平成30年合格者数(人)
指定自動車教習所 免許試験場 その他
小型限定普通二輪(「AT」を含む小型限定の全体数) 22,318 792 2,927 26,037
小型限定普通二輪(AT)(小型限定の内数) 15,915 691 1,504 18,110

警察庁交通局運転免許課 運転免許統計 平成30年版を元に表作成
ただし、普通自動車免許を持っていると教習時間が学科1時間、技能10時間と大きく短縮され、AT小型限定普通二輪免許においては学科1時間、技能8時間と短縮されます。また普通自動車免許を持っていると本試験で学科試験が免除されます。

まとめ

小型限定普通二輪免許についてお話ししてきました。125cc以下の小型二輪は50cc以下の原付にある法令の制限(2段階右折、30km/hの速度制限)がなく通勤、通学、買い物などの他、ツーリングなど幅広い用途で利用することができます。

また法改正によりAT小型限定普通二輪免許は、普通自動車免許を持っていれば最短2日間で教習を修了できるなど、普通免許所持者には免許取得がしやすくなりました。

小型二輪免許の取得に本記事を参考にしてください。

最後に、バイクを所有されている方は、チューリッヒのバイク保険をぜひご検討ください。
万が一のバイクの事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

チューリッヒのバイク保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大10,000円割引

  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD190711-1

「バイク・原付」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険

プレゼントキャンペーン

「バイク・原付」の記事一覧

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大10,000

バイク保険 お見積り