バイク保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

250ccバイク(ニーハン)がおすすめの理由。免許の種類や税金

更新日:2023年7月13日

公開日:2020年4月6日

250ccバイク(ニーハン)がおすすめの理由。免許の種類や税金

250ccバイクとは、排気量が250cc以下のバイクのことです。車体がコンパクトで軽いにも関わらずパワフルで、高速に乗れたり、維持費が安く抑えられたりすることから、人気があるバイクです。

バイクデビューしたものの、「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためには、必要な運転免許証やかかる税金など、排気量による区分をあらかじめ把握しておく必要があります。

250ccのおすすめポイントを説明したうえで、取得すべき運転免許や税金の種類など、購入する前に押さえるべきポイントを説明します。250ccバイクの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ポイント

  • 250ccバイクには、高速道路を走れる、維持費が抑えられるなどのメリットがあります。
  • バイクは排気量ごとに必要な免許やかかる税金が異なります。
  • 万が一に備えて、自賠責保険だけでなく任意保険にも加入しましょう。

250ccバイク(ニーハン)とは?排気量による分類や免許の種類

250ccバイクとは、排気量が125cc超〜250cc以下のバイクを指し、排気量が200と半分であることから「ニーハン」とも呼ばれています。

車両区分や必要な運転免許の種類、かかる税金や保険料などは、排気量によって区分されます。

購入前に知っておきたい排気量ごとの区分が一目でわかるよう、一覧にまとめました。

▼排気量によるバイクの分類
排気量 〜50cc 〜125cc 〜250cc 〜400cc 400cc以上
車両区分 道路交通法 原動機付自転車
(原付)
普通自動二輪車(普通二輪) 大型自動二輪車
(大型二輪)
道路運送車両法 第一種原動機付自転車(原付第一種) 第二種原動機付自転車(原付第二種) 二輪の軽自動車(軽二輪) 二輪の小型自動車
(小型二輪)
運転免許 原動機付自転車免許(原付免許) 普通自動二輪車免許(小型限定) 普通自動二輪車免許
(普通二輪免許)
大型自動二輪車免許
(大型二輪免許)
車検 不要 必要
税金 自動車重量税 - - 新規登録時にのみ4,900円
  • 新規登録時5,700円
  • 3,800円(登録後12年目まで)
  • 4,600円(登録後13〜17年目まで)
  • 5,000円(登録後18年以上)
軽自動車税 2,000円 2,000円または2,400円 3,600円 6,000円
自賠責保険料(12ヵ月)
※離島以外の地域
7,070円
(6,910円)
7,540円
(7,100円)
7,270円
(7,010円)
一般社団法人 東京都自動車整備振興会「バイクについての基礎知識」・ 総務省「平成28年度から軽自動車税の税率が変わります」・損害保険料率算出機構「自賠責保険基準料率表」をもとに表作成
※2023年2月執筆現在
※自賠責保険料は2021年4月1日から2023年3月31日の金額(かっこ内は2023年4月1日以降の金額)を記載

車両区分には「道路交通法」と「道路運送車両法」の2種類があり、以下のように状況や目的によって根拠となる法律が異なります。

  • 「道路交通法」:運転免許や交通取締り
  • 「道路運送車両法」:登録や車検、自賠責保険

また、必要な運転免許証やかかる税金も、排気量によって異なるため、注意が必要です。排気量によるそれぞれの区分をあらかじめ把握しておくと、以下のような後悔を防ぎやすくなります。

  • 普通自動二輪車免許を小型限定で取得してしまったため、乗りたかった250ccのバイクに乗れない
  • 「普通二輪なら税金がかからない」と誤った情報のまま300ccのバイクを購入した

自分に最適なバイクを探すためにも、排気量による区分の違いを理解しておきましょう。

250ccバイクを運転できる免許の種類

250ccのバイクを運転するには、16歳以上で取得できる「普通自動二輪免許」、もしくは18歳以上で取得できる「大型二輪免許」のどちらかが必要です。

免許を取得するには、教習所を卒業してから試験を受ける場合と、教習所に通わず運転免許試験場で試験を受ける場合の2つの方法があります。

それぞれの取得方法や取得にかかる費用は、以下のとおりです。

教習所を卒業後運転免許試験場で試験 運転免許試験場での一発試験
試験の流れ 適性検査 あり あり
学科試験 あり
※すでに原付・小型免許以外を取得していれば免除
あり
※すでに原付・小型免許以外を取得していれば免除
技能試験 免除 あり
取得時講習 免除 あり
試験費用 受験料 1,750円 2,600円
免許証交付手数料 2,050円 2,050円
試験車使用料 - 1,450円
取得時講習受講料 - 普自二:16,200円
大自二16,650円

教習所を卒業してから試験場で試験を受ける場合は、別途教習費用がかかります。保有免許がない場合の教習費用の目安は、普通自動二輪免許が150,000〜200,000円、大型自動二輪免許は200,000〜250,000円です。地域やシーズンによって異なるため、予算や取得希望時期にあわせて検討するとよいでしょう。

なお、自動車同様に、AT(オートマチック車)限定で取得した場合は、マニュアル車(MT)の運転はできないので注意が必要です。

中型バイクの免許(普通自動二輪免許)。普通免許ありの費用

250ccバイクにかかる税金

250ccバイクにかかる税金は「自動車重量税」と「軽自動車税」の2種類です。

納税タイミングや税金額は、以下のとおりです。

自動車重量税 軽自動車税
対象者 購入者 4月1日時点の所有者
納税時期 新車登録時のみ 毎年5月ごろ
税金額 4,900円 3,600円
1年間にかかる税金額 3,600円
(新車購入1年目のみ8,500円)
国土交通省「自動車重量税額について」・総務省「平成28年度から軽自動車税の税率が変わります」をもとに表作成
※2023年2月執筆現在

自動車重量税を納めるタイミングは、原則として新車登録時と2年ごとの車検時ですが、250ccバイクには車検の義務がないため、新車登録時のみです。さらに、250ccバイクを中古で購入した場合は、納める必要がありません。

軽自動車税は、地方自治体が指定する金融機関やコンビニの他、自治体によってはクレジットカードやインターネットバンキングでの支払いも可能です。自身の都合にあわせて納付方法を選びましょう。

バイク(125cc・250cc・400cc)や原付の税金。いつ支払う?

250ccバイクの自賠責保険

250ccバイクは、自賠責保険の保険契約期間の期限切れに注意が必要です。

自賠責保険は、自動車やバイク(原付きを含む)など、公道を走るすべての車両が加入しなければならない保険です。

自賠責保険は車検時に更新しますが、排気量が250cc以下のバイクには車検がないため、期限切れに気がつかない恐れがあります。期限が切れた車両で公道を走行することは法律違反となるため、直ちに再加入の手続きをしましょう。

250ccバイクの自賠責保険への再加入は、以下の場所で手続きが可能です。

  • 損害保険会社の営業所窓口
  • 自動車・バイク販売店
  • 自動車整備工場
  • 陸運局内の行政書士事務所
  • 郵便局
  • コンビニ

自賠責保険への再加入手続きは、損害保険会社によってインターネットでも可能ですが、保険標章(ステッカー)が届くまでに1週間ほどかかります。加入後すぐに運転する必要がある方は、注意しましょう。

加入には以下の書類が必要です。

  • 軽自動車届出済証
  • 自賠責保険(共済)証明書(期限切れでもOK)
  • 保険料

なお、自賠責保険の期限が切れているか否かは、ナンバープレートの左上に貼ってある保険標章(ステッカー)で確認が可能です。

250ccバイクのメリットやおすすめの理由

250ccバイクは、初級者から上級者まで人気があります。ここからは、250ccバイクのメリットやおすすめの理由を説明します。

高速道路を走行できる

250ccはやや小柄な車体であるものの、高速道路の走行も可能なため、行動範囲が広がることがメリットのひとつです。

原付や小型バイクなど250cc以下のバイクは、高速道路など走行不可の道路がある一方、250cc以上であれば、道路交通法上排気量400ccを超える大型バイクと同じ範囲の走行が可能です。

250ccバイクなら、街乗り移動だけでなく長距離ツーリングも楽しめます。

車検が不要でその他の維持費も抑えやすい

250ccバイクは、道路運送車両法で検査対象外軽自動車とされており、車検が不要です。

車検が不要だと、車検時に支払う自動車重量税と車検代がかからないため、その費用を一式抑えられます。

250cc 250cc超〜
自動車重量税 新規購入時 4,900円 5,700円
車検時 なし 3,800〜5,000円
1回の車検代 なし 50,000円程度
国土交通省「自動車重量税額について」をもとに表作成
※2023年2月執筆現在

また、250ccバイクは、40km/L程度と比較的燃費がよく、大型バイクに比べてガソリン代を抑えることも可能です。

車体が軽く扱いやすい

250ccバイクは車体が軽いので、駐輪や方向転換で押し歩きをする際の負担が比較的小さく済みます。また、バイクを倒してしまった場合にも、比較的楽に車体を起こすことが可能です。

250ccバイクは車体が小さく軽いながらも、適度なパワーがあり、高速道路も走れたり二人乗りができたりと、快適な走行を楽しめます。

バイクの車種が多く中古も探しやすい

250ccバイクは、日本国内だけでなく世界的にも人気なので、豊富な車種から好みのバイクを探せます。

車種の多さは、市場にも多くの台数が出回っていることを意味し、ネイキッドやアメリカンなどの人気モデルでも、中古購入すれば初期費用を抑えられる可能性があります。

250ccバイクの注意点は自身によるメンテナンスが不可欠なこと

前述したとおり、250ccバイクは車検が不要なため、維持費を抑えやすいメリットがあります。一方で、車検の必要性がない分、日頃から自分でしっかりメンテナンスをする必要があります。

車体の状態や消耗品の摩耗具合など、整備の知識や経験がない場合は、信頼できる整備工場を見つけておき、定期的にメンテナンスを依頼するのがおすすめです。

250ccバイクによる事故には任意保険で備えよう

事故への補償は、加入義務がある自賠責保険だけでは不十分といえます。

自賠責保険では、基本的な対人賠償のみしか補償されておらず、限度額以上の損害賠償が発生した場合はすべて自己負担となります。たとえば死亡事故の場合、1億円の損害賠償金を命じられても、自賠責では最高3,000万円までしか補償されないため、残りの7,000万円は自分で用意しなければなりません。

また、自賠責保険には、対物賠償やドライバー本人への補償は含まれていないため、前を走る車に追突してしまった場合の車両への補償や、店舗へ突っ込んでしまった場合の建物・商品などへの補償は対象外となります。

バイク保険の補償内容

バイクの任意保険には、以下の4つの基本補償があります。

補償対象 補償内容
対人賠償保険 相手 相手にケガをさせてしまった場合や死亡させてしまった際に、自賠責保険では支払い切れなかった治療費や慰謝料などの損害賠償金を補償。
対物賠償保険 相手 相手の車両や所有物、設備を壊してしまった際に、修理や交換にかかる費用を補償。
人身傷害保険 自分や同乗者 自分や同乗者がケガまたは死亡してしまった場合の治療費や休業中の収入を補償。実際の損害額に沿って保険金が支払われる。
搭乗者傷害保険 自分や同乗者 人身傷害保険とほぼ同じ。契約時に決めた保険金が支払われる。

また、基本補償ではカバーできない個々のケースに備えて、自損事故保険や車両保険などの特約の付加も可能です。

さらにバイク保険には、バッテリー上がりやガス欠、レッカーサービスなどが備わっている場合もあるため、トラブルにも適切に対応可能です。

万が一の事故に備えて、任意保険に加入しましょう。

金子 賢司

保険料が負担に感じられるかも知れませんが、250ccのバイクも任意保険の加入が不可欠です。万が一のときのためにしっかり備えましょう。無事故で毎年継続すれば少しずつ保険料が下がっていきますよ。

※記載の内容は、2023年2月時点の内容です

250ccバイクに関するよくあるご質問

Q250ccバイクの維持費は安いですか?
A
車検が不要なため車検費用がかからず、自動車重量税の納税が新車取得時のみである他、燃費のよいモデルが多いことから、250ccバイクは比較的リーズナブルであるといえるでしょう。
Q250ccバイクの運転に必要な免許は?
A
普通自動二輪免許または大型二輪免許が必要です。
Qニーハンバイクとは何のこと?
A
排気量が250ccのバイクのことを指します。750ccの大型バイクは「ナナハン」などと呼ばれます。ハンは100ccの半分という意味です。
Q250ccと400ccはどちらがよい?どんな人におすすめ?
A
250ccバイクと400ccバイクの大きな違いは性能やパワー、車検の有無です。性能やパワーを重視するのであれば400ccバイクがおすすめですが、それ以上に2年おきに車検を受ける手間や費用を減らしたい場合は250ccバイクがおすすめです。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒのバイク保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒのバイク保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒのバイク保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大10,000円割引

  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

「バイク・原付」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険

プレゼントキャンペーン

「バイク・原付」の記事一覧

A-230509-10

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大10,000

バイク保険 お見積り