閉じる

原付バイクは任意保険に入れる?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
原付バイクは自賠責のほかに任意保険にも入れる?

原付バイク(以下原付)に乗っている人の中には、自賠責保険しか契約していないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、自賠責保険は、被害者救済のための最低限の補償であるため、万が一の事故の際に十分な補償が受けられない場合があります。そのため、現在では、原付単体の保険や、特約を用意している保険会社も多数あります。こちらでは、原付の任意保険についてご紹介します。

2つの保険の種類があるのをご存知ですか?

そもそも、原付にも自動車と同様に、事故の際に補償が受けられる2種類の保険があります。それが、自賠責保険と任意保険です。
まずは、自賠責保険と任意保険がどのような保険なのかについてご紹介します。

自賠責保険

自賠責保険は、強制保険とも呼ばれるもので、原付含めすべての自動車に加入が義務付けられています。もし、自賠責保険に加入せずに原付を運転した場合、自動車損害賠償保障法違反となります。これは、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金という罰則の対象です。また、6点減点となって免許停止処分にもなります。

さらに、たとえ自賠責保険に加入していても、証明書を持たずに運転した場合は30万円の罰金となってしまうため注意が必要です。

任意保険

任意保険とは、加入が義務付けられている自賠責保険に対し、文字通り任意で加入する保険のことです。任意保険に加入していなくても、自賠責保険のように罰則の対象となることはありません。自賠責保険と比較すると補償の対象が幅広く、また自分で補償の範囲などを自由に設定できる保険となっています。

自賠責保険の目的は被害者救済のための最低限の補償です!

自賠責保険の目的は被害者救済のための最低限の補償です!

自賠責保険は、保険を契約している人というよりは、被害者を救済するための保険といえるでしょう。また、必要最小限の補償しか含まれないので、自賠責保険だけで事故の賠償をすべて賄うのは難しいものがあります。

自賠責保険の補償の対象となるのは対人賠償のみです。たとえば、原付を運転しているときに民家の壁に突っ込んでしまったり、他の車両にぶつかってしまった場合に発生する修理費用への支払いを補償する対物賠償は、補償の対象外です。
物に対する賠償だけでなく、被害対象の営業活動ができなくなれば、その間の利益逸失の賠償として多額の請求をされる可能性もあります。

また、対人に関しても十分な補償がなされるとはいえません。死亡事故で3,000万円、治療の必要がある事故で120万円が自賠責保険の上限です。しかし、相手が事故で亡くなった場合は、数億円という賠償金が発生することもあります。
もし自賠責保険しか契約していなければ、上限を超える賠償を求められた場合、自分でその費用を負担しなければなりません。

さらに、原付で事故を起こしたときは、相手のケガだけではなく、自分もケガをするなどの損害を被る可能性がありますが、自分側の損害に関する補償は自賠責保険では一切対象外となります。このように考えると、事故の際には、自賠責保険だけでは十分な補償を受けられないことが多いのです。

原付も任意保険で補償してもらうためには

原付も任意保険で補償してもらうためには

自賠責保険だけでは、実際の事故に対して十分な補償が望めないというのは前述の通りです。しかしながら、原付を運転している人の中で、任意保険を契約しているのは3割程度といわれています。そこで、原付を運転される方でも、任意保険をご契約することをおすすめします。原付で任意保険の補償を受ける方法には、以下の2種類があります。

1.原付単体で契約する

任意保険は、自動車や大きなバイクでないと契約できないと思っている人もいるかもしれませんが、原付のための任意保険を販売している保険会社はあります。原付だけでなく、125ccまでの小型バイクまでを対象にしている商品もあります。

また、原付単体の任意保険に契約すると、さまざまトラブルなどに対応したロードサービスを利用できることもあります。さらに、必要のない補償内容を外したり、保険金額を自由に設定できたりと、ご自身に必要な補償と保険料のバランスを検討できます。

ちなみに、原付単体の契約であればノンフリート等級の割引制度が適用されます。原付を長く保有する予定のある方は、無事故であれば等級による割引が進みますので、単体契約がおすすめです。
ノンフリート等級の詳細は「自動車保険(任意保険)の等級の引継ぎ」をご確認ください。(「自動車保険」とありますが、原則バイク保険も同じ制度です。)

2. 自動車の任意保険で「原付特約(ファミリーバイク特約)」を付帯する

もし、乗用車や軽自動車など、原付以外の車両を所有していて、そちらで任意保険を契約しているのであれば、原付も補償の対象に含めるような特約を付ける方法もあります。自賠責保険だけでは心もとなく、補償を手厚くしたいという方は、特約を付けることで安心を得られるでしょう。同居している家族や、遠く離れたところに暮らす子どもが事故を起こしてしまったときにも、補償の対象にできる商品もあります。

ただし、子どもの原付に特約を付ける場合には、気を付けなければならないことがあります。それは、未婚の別居している子どもは補償の対象になりますが、結婚をすると補償の対象ではなくなってしまうということです。このとき、子どもは任意保険を契約し直さなければならず、手続きが別途で必要になりますから注意しましょう。

単体の任意保険と「原付特約(ファミリーバイク特約)」の補償の違い

単体の任意保険と「原付特約(ファミリーバイク特約)」の補償の違い

前述の通り、単体の任意保険を契約した場合はロードサービスを利用できることがありますが、特約の場合はロードサービスが対象外となる可能性が高いです。さらに補償内容に関しても違いがありますので覚えておきましょう。

特に大きな違いは、交通事故を起こしたときの自分のケガへの補償です。特約の場合にも、対人や対物などの相手方への補償は付いています。ただし、自分側の補償に関しては、自損事故で運転者が死傷した場合だけ補償が発生するものが多いです。一方、原付単体の任意保険で搭乗者傷害保険をつけている場合、事故の相手がいる・いないに関わらず自分側に死傷があった場合に保険金が支払われます。

こういった点も考慮して、単体の任意保険にすべきか、特約にすべきかを検討するようにしてください。

任意保険で補償される内容について

チューリッヒの原付特約では、知人など他の人から借りた原付で事故を起こした場合にも保険金が支払われます。
ちなみに、原付単体の任意保険の場合、自分の所有する原付に乗って事故を起こした場合のみが補償の対象になりますのでご注意ください。

ロードサービスなど、いざというときのサポートが手厚い

一般的には、任意保険を契約するとロードサービスを受けることが可能になります。ガス欠はもちろんのこと、鍵をなくした、パンクしてしまったなど、さまざまなトラブル時にサポートを受けられます。任意保険を契約することで、手厚い補償を受けられるだけでなく、急なトラブル時のサポートも受けられ、大きな安心感を得られるでしょう。

バイク保険のご契約で安心・安全な原付の運転を

バイク保険のご契約で安心・安全な原付の運転を

チューリッヒのバイク保険では、原付でもご契約をいただけます。

チューリッヒのバイク保険は、対人・対物賠償のような交通事故の際の補償以外に、ロードサービスも付いています。原付の任意保険をお探しでしたら、ぜひご検討ください。

最寄り駅や近所のスーパーに行く際などに、原付を利用している人も多いでしょう。原付は小回りが利く利便性の高い乗り物ですが、車両の一種であることに違いはありません。事故が起きたときのことを考えて、任意保険に加入することをおすすめします。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD181102-1

「バイク・原付」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒのバイク保険
インターネット割引最大3,000

バイク保険 お見積り