閉じる

車のバッテリーが上がったときの対処

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
車のバッテリーが上がったときの対処

ある日突然、車が動かなくなってしまったら。車が動かせなくなる原因で多いのが「バッテリー上がり」です。バッテリー上がりへの正しい対処法を知らないと、いざというときに困ってしまいます。ドライバーに必要とされる最低限の知識として「バッテリー上がり」の対処法は知っておいたほうがいいでしょう。

今回は、バッテリー上がりを見極めるポイントと、一般的な対処法をご紹介します。特に、一人でできる対処法の中でも最もメジャーな「ジャンピングスタート」については、具体的な手順と注意点も詳しく解説します。さらにバッテリーが上がってしまった後にすべきことも学んで、万全の知識を身につけておきましょう。

バッテリー上がりの原因や症状についてはこちらもご確認ください。

バッテリー上がりを見極めるポイント

バッテリー上がりの原因となる「ミス」がないかを確かめる

バッテリーが上がるのは「使われる電気の量」が「バッテリーに蓄えられた電気の量」を上回ってしまったときです。電気は主にヘッドライトやルームランプ、エアコンなどの電装品を動かすのに使われています。

よって、「ルームランプのつけっぱなし(半ドアのまま車を離れる)」や、「ヘッドライトの消し忘れ」といったミスをしているとバッテリー上がりの原因になりかねません。他にも「エアコンの使いすぎ」、「エンジンキーをオフにしていなかった」といったミスがあると電気を使いすぎてバッテリーが上がってしまう場合があります。車が動かなくなってしまったら、こうした電装品関連の使い方にミスがなかったかチェックしましょう。もし思い当たる節があるなら、バッテリーが上がってしまっている可能性が高いです。

バッテリー上がりを確認する方法

バッテリー上がりを確認する方法

バッテリー上がりかどうかを確かめるには、エンジンを始動するのが最も簡単な方法です。エンジンを始動したとき、セルモーター(エンジンを始動させるモーター)が回らない、あるいは回しても力なくカチカチという音だけが聞こえる場合はバッテリーが上がっている可能性が高いです。

エンジンの始動を試みた後は、電装品の作動を確認してください。キーを挿せばエンジンをかけなくても通常はライトやパワーウィンドウを動かせるはずです。もし作動しないならやはりバッテリーに原因がある可能性が高いといえるでしょう。もし作動するなら、バッテリー以外に原因があります。

バッテリーが上がった場合の対処法

バッテリーが上がった場合の対処法

バッテリーが上がってしまったときの対処法としては、主に3つの方法があります。

①ロードサービスを呼ぶ
車のトラブルを手助けしてくれる、ロードサービスに救助を要請します。場所や会社にもよりますが、おおよそ45分程度で駆けつけてくれるでしょう。保険会社のロードサービスの場合、無料で対応してくれる場合もありますが、有料の場合の費用の目安は1万円前後+高速道路料金(利用する場合)と考えてください。

②ジャンピングスタートを行う
ジャンピングスタートとは、他の車から電気を分けてもらい、エンジンを始動する方法です。具体的な方法はこの後詳しく解説します。

③ジャンプスターター、カーバッテリー用の充電器を使う。
ジャンプスターターとは、ジャンピングスタートを他の車なしでもできるようにするカー用品のことです。また、カーバッテリー用の充電器を使って電気を充電する方法もあります。どちらもカー用品店で1万円前後から購入できるため手軽に入手でき、初心者でも簡単に操作可能です。

電気自動車、ハイブリッドカーの場合

ここまでの話は基本的にガソリン自動車を想定して説明してきましたが、バッテリーが上がった車が電気自動車やハイブリッドカーの場合は特別な注意が必要です。これらの車にはモーター駆動用と補機類用、2種類のバッテリーが積んであります。上がってしまったのが補機類用バッテリーの場合は対処可能ですが、モーター駆動用は電圧が高く、素人が自力で対処するのは危険です。もし、モーター駆動用のバッテリーが上がってしまったのなら、無理せずメーカーのサポートサービスやロードサービスに連絡したほうがいいでしょう。

ジャンピングスタートの手順

ジャンピングスタートの手順

前述の②でご紹介した「ジャンピングスタート」について、具体的なやり方を説明します。まずは、道具など事前に必要な準備についてです。

ジャンピングスタートに必要なもの

  • ・救援車(他の車)
  • ・ブースターケーブル

救援車には、故障車と同じ電圧の車が必要です。一般的な自動車には12V車と24V車(大型トラックなど)があるので、車のマニュアルを見て確認しましょう。もし違う電圧の救護車を使ってしまうと故障の原因になります。なお、ハイブリッドカーは構造上、救援車として使うことができません。

「ブースターケーブル」とは、バッテリーが上がってしまったときに使用するカー用品です。赤と黒、2本のケーブルがワンセットになっており、両端がクリップの形をしています。カー用品店に行けば数千円〜15,000円程度で入手できますが、車種に合わせた種類があるので購入時にマニュアルで確かめておきましょう。

ジャンピングスタートの前には、必ずブースターケーブルの点検をします。被覆は剥がれていないか、ケーブルは断線していないか、クリップにガタがきていないかなどをチェックしておいてください。異常があるものは事故の原因になるので使用できません。

ジャンピングスタートの手順

ジャンピングスタートの手順

準備ができたら次のような手順に従ってジャンピングスタートを進めてください。

①故障した車と救援車を近づけエンジンを止めて、両方のボンネットを開ける。
②ヘッドライトやルームランプ、エンジンキーがオフになっているのを確認する。(オンだと電気が急に流れ故障の原因になる)
③故障した車と救援車、それぞれのバッテリーの端子をブースターケーブルで繋ぐ。
④ケーブルを繋ぐ場所は車種によって異なるため説明書で確認し、特に繋ぐ順番は重要なのでしっかりとチェックする。
⑤救援車のエンジンをかける。(AT車はパーキング、MT車はニュートラルに入れて、サイドブレーキをかける)
⑥しばらく(5分ほど)そのまま充電する。
⑦救援車のアクセルを踏む。エンジン回転数を1,500〜2,000回転くらいに高く保つ。
⑧故障した車のエンジンをかける。

無事にエンジンがかかったら、見事ジャンピングスタートの成功です。救援車のエンジンを止めて、繋いだときと逆の順番でケーブルを外してください。

ジャンピングスタートはあくまで応急処置

ジャンピングスタートやジャンプスターターを使う対処法はあくまでも「応急処置」に過ぎません。バッテリーの状態をプロに確認してもらう必要がありますし、バッテリー以外にも問題のある箇所があるかもしれません。エンジン再始動後は、必ず速やかにお近くの自動車整備工場などに向かい、専門家に車を見てもらってください。場合によっては、バッテリーを交換する必要性も出てくるでしょう。

車の多い一般道でバッテリーが上がってしまうと、周囲の交通を妨げ、事故につながる可能性もあります。不測の事態にならないよう、バッテリーの状態は日ごろから確認しておくよう心がけましょう。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170808-5

「バッテリー上がり」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り