閉じる

タイヤがパンクしてしまったら

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
タイヤがパンクしてしまったら

車やバイクのタイヤがパンクしてしまったら、一体どうしたらいいのでしょうか? 走行中であれば、運転に支障をきたし事故に繋がる可能性もあるため、非常に危険です。運転中に車に何か異常を感じたときは、それがタイヤのパンクを示す症状かどうかを確認してください。もし症状からパンクしたと判断できる場合は速やかに安全な場所に車を止め、適切な対処を行ってください。今回はタイヤがパンクしてしまったときの対処法を説明します。

タイヤのパンクを示す症状

タイヤがパンクすると、車に詳しくない方でも明らかにわかるいくつかの症状が現れます。これらの症状が見られる場合は、タイヤがパンクしている可能性が高いです。

ハンドルがとられる感じがないか?

タイヤがパンクすると、左右のバランスが崩れるため左右どちらかにハンドルが取られるような感覚を覚えます。

異常な振動を感じないか?

タイヤは地面からの振動に対する緩衝材の役割も果たしています。そのため、タイヤがパンクすると通常より地面の振動がダイレクトに体に伝わる感じがするはずです。

異常な音が聞こえないか?

タイヤがパンクすると、車体下部の高さが低くなるためホイールなど、他の部品が路面と直接接触し、異常音がすることがあります。

「パンクした!」と思ったときの対処法

「パンクした!」と思ったときの対処法

走行中の症状から「タイヤがパンクした」と判断できる場合は、速やかに走行を中止し対処しなければいけません。まずは慌てず騒がず「安全な場所に停車すること」と、「本当にパンクしているかどうかのチェック」を行ってください。

@ゆっくりスピードを落とす
パンクの症状が急に現れた場合、びっくりして思わず急停車しようとしてしまうかもしれません。しかし、走行中に急ブレーキを踏むと、後続車と衝突する可能性もあり危険です。
まずは落ち着いてスピードを落としましょう。

A安全な場所を見つけ停車する
とはいえ、パンクした状態で長時間の走行を続けるのは危険です。速やかに安全に停車できる場所を見つけ、車を止めなければいけません。車を止める場所はできるだけ「平坦で、かつ傾斜がない場所」がいいでしょう。

B本当にパンクしているかどうかを確認する
ハンドルを取られるほどの症状が現れている場合、見た目で明らかに凹んでいるのが確認できるはずです。
もし、釘などの異物が刺さっているのが確認できた場合はそのままにしておきましょう。抜いてしまうとタイヤの空気が抜けてしまうからです。

C自分でタイヤを修理・交換するか、ロードサービスに連絡する
スペアタイヤを積載していて、自分でも作業ができそうであればタイヤ交換を行います(タイヤ交換方法については次の章で説明します)。スペアタイヤが無い場合は、パンク修理キットで応急処置をすると一時的に走行できるようになる場合があります。

もし自分では対処できない場合は、JAFや加入している自動車保険のロードサービスに連絡します。料金は一般的に数千円〜10,000円代が相場で、応急処置かタイヤ交換かなどの対応方法によって異なります。JAF会員や、自動車保険加入者であれば無料で対応してもらえる場合があります。

タイヤ交換を行う前の準備

タイヤ交換を行う前の準備

ここからは、タイヤのパンクに対する一般的な対処法である「タイヤ交換」について解説します。タイヤ交換を始める前に、まず交換に必要な準備を整えておきましょう。

@タイヤの種類を確認する
スペアタイヤが予め積載されている車も多いですが、中にはランフラットタイヤと呼ばれる「空気圧がゼロになってもある程度走れるタイヤ」が使われている車もあります。そのような場合はタイヤ交換をせず、そのまま近くの自動車整備工場などに向かってもいいでしょう。ただし、ハンドルが取られ危険を感じる場合や、高速道路を走行する必要がある場合はやめておくのが無難です。

Aタイヤ交換に必要な道具を確認する
タイヤ交換には、いくつか必要な道具があります。それらが車に積んであるかどうかを確認してください。必要な道具は以下のとおりです。

ジャッキ ボックスレンチ スペアタイヤ 輪止め 三角停止表示板

一般的にはトランクルームの下部などに備え付けられているので、マニュアルで位置を確認してください。

Bタイヤ交換を行うかどうか決める
道具が不足しているなど、自分でタイヤが交換できない場合はロードサービスなどに連絡するなど他の方法で対処しましょう。また、スペアタイヤの代わりに「パンク応急修理キット(タイヤ修理剤)」が装備されている車も多いので、それを使って対処することもできます。パンク応急修理キットの使用方法は取扱説明書に記載されているはずなので指示に従って使いましょう。

パンクしたタイヤの交換方法

パンクしたタイヤの交換方法

準備が整ったら、いよいよタイヤの交換に移ります。下記の手順に従って作業を進めてください。

@パーキングブレーキをかけ、交換するタイヤと対角線上にあるタイヤに輪留めをする。
※輪止めは標準車載工具ではないので、車に積んでいないことも多い。そのようなときは適当な大きさの角材や石材が近くにあれば代用できる。

Aドライバーやタイヤレンチで交換するタイヤのホイールキャップを外す。
※交換するタイヤがホイールキャップ付の場合のみ必要な工程。アルミホイールの場合この工程ははぶいてBへ進む。

Bタイヤレンチを使い、ホイールナットを少し緩める。

Cジャッキアップポイントにジャッキをかけ、タイヤが路面から少し浮くまで持ち上げる。
※ジャッキアップポイント…車の側面下部に印がある。わからなければマニュアルで確認。

Dレンチでホイールナットを外し、パンクしたタイヤを取り外す。
外したタイヤは車体の下に置く。(ジャッキが外れた場合への備え)

Eスペアタイヤを取り付ける。

F対角線上にナットを仮締めする。
※タイヤがガタつかなくなるまで、2、3回に分けて締める。

G車体下のタイヤとジャッキを取り外す。

Hナットを本締めする。
※体重をかけてしっかりと締めましょう。

タイヤがホイールキャップ付きか、アルミホイールかによって少し手順が異なるので気をつけましょう。

タイヤ交換を済ませたら注意すること

タイヤ交換を済ませたら注意すること

タイヤの交換が済んだ後、安全のためにいくつか守るべき注意点があるので覚えておきましょう。

しばらく走行後、ナットの締まり具合を確認

タイヤを交換してしばらく走行したら、交換したタイヤのナットがちゃんと締まっているかどうか再び停車して確認してください。あくまで念のための確認ですが、ナットが緩んでいると危険なので締め直してください。

スペアタイヤを正式な走行用タイヤと交換する

スペアタイヤは、あくまでも応急処置用のものにすぎません。スペアタイヤのまま長期間走行し続けるのは良くないので、速やかに自動車整備工場やカー用品店で正式なタイヤと交換してください。

スペアタイヤはいつでも使えるように空気圧などをチェックしておくのがベストですが、なかなか難しいものです。交換時、「空気が不足しているがすぐに正式なタイヤと取り換えられない」ということになったら、ガソリンスタンドなどで空気圧だけでも適正に補充しておくといいでしょう。

また、スペアタイヤは最高速度が普通のタイヤに比べて低く設計されているものもあります。そのようなスペアタイヤを使用する場合は高速道路を走るのは控え、やむを得ず走る場合でも速度を落として走行するほうが安全です。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170808-9

「ロードサービス」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り