自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

車がガス欠したときの連絡先と対処法

更新日:2022年10月4日

公開日:2017年10月25日

車がガス欠により走行できなくなった際には、連絡先や対処方法がわからずに困ってしまう方も少なくありません。

JAFに連絡し対処してもらうことも可能ですが、場所や状況の他、会員か否かによって高額な費用がかかる場合があります。

自動車保険では、ロードサービスのひとつとしてガス欠の対応を受けられる場合があります。特約やオプションではなく自動付帯されていることも多く、費用を抑えてガス欠に備えたい方におすすめです。

当記事では、車がガス欠したときの連絡先と対処方法、ガス欠を防ぐ方法などを説明します。

ポイント

  • 車がガス欠したときは安全な場所に移動して二次災害を防ぐことが大切です。
  • JAF非会員の場合は場所や状況により高額な費用がかかる可能性があります。
  • 自動車保険のロードサービスは費用を抑えてガス欠に備えられます。

車がガス欠したときの連絡先

車がガス欠したときは以下の会社などに連絡をして、対処を進めましょう。

保険会社

自動車保険では、ロードサービスのひとつとして、ガス欠時に対応を受けられる場合があります。特約に加入しなくても付帯されていることも多く、契約者であれば無料で利用できる可能性があります。

ただし、保険会社によっては無料での給油量が制限されているケースもあるため、補償内容をしっかりと確認しておきましょう。

ロードサービスとは。料金はかかる?自動車保険の無料ロードサービス

JAF

JAFの会員であれば、燃料代以外は無料でサービスを受けられます。

非会員でもサービスを利用できますが、燃料代の他にサービスカー通行料や、救援者の高速料金までかかる場合があります。状況によっては高額になるケースがあることを認識しておきましょう。

家族や知り合い

自宅や近くに知り合いがいる場合は、携行缶で燃料を運んでもらうことも可能です。携行缶に燃料を入れる場合は、ガソリンスタンドで従業員に対応してもらうことが義務付けられている他、「本人確認」「使用目的の確認」が必須となります。

牽引できる車を所有している場合、強度のあるロープや白い布を用いて、近くのガソリンスタンドまで牽引してもらう方法もあります。750kg以上の車を牽引する場合は牽引免許が必要ですが、故障車を牽引する場合は免許なしでの牽引が認められています。ただし、危険を伴う可能性があることを念頭に置いておきましょう。

近くのガソリンスタンド

ガソリンスタンドによっては燃料を配達してくれる場合があるので、近くのガソリンスタンドに連絡する選択肢もあります。ガソリンスタンドまで車を押して移動できるケースもありますが、上り坂や交通量の多い場所では事故やケガの原因となるため注意が必要です。

また、一部のガソリンスタンドでは、会員に対してロードサービスを提供している場合もありますので、サービス内容を確認してみましょう。

車がガス欠したときにするべきこと

車がガス欠したときは、想定外のトラブルにより混乱してしまうかもしれませんが、焦らず落ち着いて行動することが大切です。具体的な対処方法として、以下3点を覚えておきましょう。

  • 車を安全な場所に移動させる
  • 適切なところに連絡する
  • 車内や路肩などの安全な場所で待機する

車を安全な場所に移動させる

ガス欠になったときは、追突事故などの2次災害を防ぐ対処が必要です。車が完全に停止するまでの間に、惰性走行で安全な場所に移動させましょう。

特に、高速道路で停車してしまうと後続車との追突事故の恐れがあるため注意が必要です。すぐに移動させることが難しいときは、先に「発煙筒」「三角表示板」で周囲に注意を促したうえで、路肩や退避場所へ移動します。

一般道路でも幅員が狭い道路では、他の車が通れずにトラブルになることがあります。周囲の安全を確認したうえで、駐車場や空き地に退避しましょう。

適切なところに連絡する

車を安全な場所に移動させたあとは、「車がガス欠したときの連絡先」の章でご説明した会社などに電話をします。慌てているときはどこに連絡したらよいか判断できない可能性があるので、前もって連絡する相手を決めておくことが大切です。

連絡先によっては費用がかかることもあるので、事前に費用感や補償内容をチェックしておきましょう。

車内や路肩などの安全な場所で待機する

連絡した先の相手が到着するまでの間は、車内や路肩などの安全な場所で待機します。同乗者がおらず、ひとりしかいない状況で車から離れてしまうと、駐車違反や接触事故などのトラブルにあう可能性があります。安全な場所に停車したうえで、車から離れずに待ちましょう。

ガス欠を予防する方法

ガス欠が起きてしまったときの対処方法を知ったうえで、日頃からガス欠を防ぐための対策をすることが大切です。具体的には、以下を認識しておきましょう。

  • 燃料残量警告灯が点灯したら速やかに給油する
  • ガソリンをこまめに給油しておく

燃料残量警告灯が点灯したら速やかに給油する

ほとんどの車には燃料残量警告灯(エンプティマーク)が装備されており、燃料が一定量なくなると点灯するしくみになっています。燃料残量警告灯が点灯してもある程度は走行できますが、ガス欠のリスクが高い状態です。燃料残量警告灯が点灯したらガソリンスタンドを探し、速やかに給油してガス欠を防ぎましょう。

ガソリンをこまめに給油しておく

ガソリンは、なくなるギリギリまで減らさずに、こまめに給油することが大切です。燃料残量警告灯が点灯する前であっても、長時間の渋滞やガソリンスタンドが見つからないときは、燃料がなくなってしまう可能性があります。

費用を抑えてガス欠に備えるには自動車保険がおすすめ

自動車保険では、ロードサービスのひとつとしてガス欠に対処できる場合があります。特約として加入する必要がないことが多く、追加で保険料を負担することなくガス欠に備えられておすすめです。

JAFの作業料金を無料にするには会員になる必要があり、入会金2,000円、年会費4,000円がかかります。(2022年8月執筆現在)

ガソリンスタンドなどの会員サービスを受けないのであれば、自動車保険のほうが費用を抑えられることが多いです。

チューリッヒのロードサービスは、契約1年目からガス欠やインロック時の対応を無料(※)で受けられます。 全国のサービス拠点から24時間365日現場へ急行するため、万が一の事故や日常における車のトラブルに備えられます。

※保険期間中1回のみ利用可能
※スーパー自動車保険をご契約のお客さまに限ります。

自動車保険の無料ロードサービス

ガス欠は自動車保険で備えよう!補償内容を確認しよう

事故や車のトラブルが発生した際は、慌ててしまい適切な対処ができないこともあるため、事前の対策が重要です。

ガス欠の備えには、費用を抑えて対応を受けられる自動車保険がおすすめです。補償内容は保険会社によって異なるので、加入前に確認しておきましょう。

リーズナブルな料金で充実した補償を受けたいとお考えの方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。

金子 賢司

緊急時はすぐにロードサービスに電話できるようにしておきたいものです。スマートフォンに番号登録するのも良いですが、カードなどに連絡先を書いてグローブボックス(助手席の引き出しのこと)にしまっておきましょう。

ガス欠のよくあるご質問

Qガソリンを入れた携行缶を車に積んでおいてもよい?
A

ガソリンを入れた携行缶は気温や状況によって破裂する危険性があります。長時間の保管はできるだけ避け、携行缶を積載するときは中身を空にしておきましょう。

Qガス欠で車が故障することがあるの?
A

ガス欠を繰り返すことは車へのダメージの原因となり、故障や寿命が短くなる可能性があります。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

「車のトラブル」の記事一覧

「車のトラブル」の記事一覧

A-231208-02

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り