閉じる

公安委員会とは。免許の取得や書き換え。遵守事項違反について

「公安委員会」とは、免許の手続きや交通ルールの決定などに関わっており、ドライバーに関係の深い機関です。

本記事では、公安委員会の制度や組織、役割などをご説明します。

公安委員会とは

公安委員会には、「国家公安委員会」と「都道府県公安委員会」の2つがあります。
いずれも、警察庁と都道府県警察を管理しています。

「国家公安委員会」の委員長は国務大臣であり、委員は警察組織の外から有識者が任命されます。
公安委員会とは、どのような組織なのでしょうか。

公安委員会の制度と組織

公安委員会の制度は、法の執行権を持つ警察権力の独善化を防ぎ、政治権力の中立性を保つために設置されました。

国家公安委員会の委員長が国務大臣であることからもわかるように、公安委員会は内閣に所属している機関です。

都道府県の組織としては、各都道府県知事の下に「都道府県公安委員会」が設置されています。
各自治体における任務や都道府県警察の管理・監督は、この都道府県公安委員会の担当業務です。

国家公安委員会の任務と権限

国家公安委員会が担当する任務は、警察の活動の中でも国家規模の事案です。
具体的には、以下が挙げられます。

  • 警察官の教育や通信・統計事務など、全国レベルで統一の基準を設ける必要があるもの
  • 国家全体の安全に関わる事案
  • 国の責任で解決する必要がある事件や事案

その他、警察制度の企画立案や予算関連の事務なども国家公安委員会が担当しています。

運転免許を取得する際は、都道府県公安委員会に申請書を提出

都道府県公安委員会の業務の中で最も馴染み深いのは、「運転免許の関連事務」です。

運転免許を取得する際は住所地を管轄する「都道府県公安委員会」に、所定の様式の申請書を提出する必要があるからです。

運転免許の交付を受けるには、都道府県公安委員会に申請書を提出し、運転免許試験を受験し合格する必要があります。

公安委員会を経由し、運転免許証の書き換えを行う

運転免許の更新を住所地ではなく他都道府県で行う場合、他都道府県の公安委員会を経由して免許の更新を行うことになります。
通常の免許の更新とは方法が異なるので注意しましょう。

他都道府県で免許の更新ができるのは、免許保有期間が5年以上で無事故・無違反の「優良運転者」のみです。
また、以下に該当する場合は優良運転者であっても他都道府県での更新はできません。

  • 免許証に身体障がいに関する制限が設けられている人(メガネ・補聴器は除く)
  • 本籍や住所氏名など、記載事項の変更を同時に行う人
  • 免許証の再交付申請を同時に行う人

他都道府県での免許の更新を行う場合、手続きに必要なものや費用は以下の通りです。

手続きの期間 誕生日の1ヵ月前から誕生日までの期間
必要なもの
  • 運転免許証
  • 更新のお知らせはがき
  • 更新免許証用の写真
    (縦3cm×横2.4cm 撮影後6ヵ月以内のもの)
費用
  • 更新手数料2,550円(住所地の都道府県の収入印紙で納付)
  • 経由手数料550円
  • 講習手数料500円(手続き先都道府県の収入印紙で納付)

※2020年6月執筆現在

公安委員会による高齢者の免許の講習

更新手続きの時点で70歳以上の高齢者は、高齢者講習の受講を義務付けられています。

これは高齢になった後も安全に運転するために、所定の検査や運転時のアドバイスを行います。
70歳以上の方は、高齢者講習を受けなければ免許の更新はできません。

具体的な高齢者教習の内容は、以下の通りです。

双方向型講義 交通ルールや安全運転の知識を講義で再確認する
運転適性検査 機材を使用した視力や視野の測定
実車指導 実車での運転をチェックし、必要に応じてアドバイスを受ける

また、免許の更新時点で75歳以上の方の場合、併せて認知機能の検査を受けることが必要です。
検査の結果認知機能の低下が認められる場合は、個別に運転指導を受ける必要があります。

認知機能の検査や医師の診断によって「認知症」と判定された場合は、免許の停止や取り消しの処分を受けることになります。

公安委員会遵守事項違反になる場合

公安委員会遵守事項とは、各都道府県の公安委員会が定める「道路交通法施行細則」のことです。

車やバイクで道路を走行するうえでの細かい違反事項を定めており、違反すると罰金や点数の減点などの処分を受けます。

項目は多岐にわたりますが、代表的なのが「イヤホンやヘッドホンを着用しての運転」に関する事項です。

イヤホンやヘッドホンを使用し、音楽を聴きながら運転した場合

イヤホンやヘッドホンを使用しての走行は、多くの自治体の「道路交通法施行細則」に定められており、禁止事項とされています。

神奈川県では2011年5月1日に、「イヤホンやヘッドホンを使用しての運転」が追加されました。
神奈川県内で違反した場合、以下の反則金が適用されます。

大型車・中型車 7,000円
普通車・二輪車 6,000円
原付車 5,000円

※2020年6月執筆現在

なお、自転車の場合は青切符(交通反則通告制度)の対象外です。

違反切符が切られる違反は、全て赤切符(告知票・免許証保管証)によって処分され、家庭裁判所や検察庁に送致されます。

公安委員会はドライバーの生活に関わる機関

普段意識することは少ないですが、公安委員会は警察庁を監督する組織として存在しており、自動車の免許や運転の更新などの場面では、ドライバーの生活に関わってきます。

また、公安委員会の定める施行細則は、交通ルールを守って安全に道路を運転するために知っておかなければなりません。

施行細則の追加や変更は、各都道府県警察のウェブサイトに掲載されていることがあるので、定期的にチェックしておくとよいでしょう。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2020年6月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD200707-6

「運転免許」の記事一覧

TAGS

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り