閉じる

駐車場でのドアパンチ対策

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
駐車場でのドアパンチ対策

駐車場で車のドアを開けた際、隣の車にドアをぶつけて傷をつけてしまう「ドアパンチ」。傷の度合いは、塗料が付き、拭けば取れる程度の軽いものから、ぶつけた場所がえくぼのように凹んでしまうものまでさまざまです。

ドアパンチは駐車場でよくあるトラブルですが、加害者の特定が難しいため、被害に気付いてもそのまま泣き寝入りになってしまうことが多いといわれています。ドアパンチの被害に遭ったときと、自分がドアパンチしてしまったときの対処法、ドアパンチ被害を防ぐ方法について確認しておきましょう。

ドアパンチの被害に遭ってしまったときの対処法

ドアに凹みがある!当て逃げをされてしまった! でも誰なのかわからない…このような場合、まずは警察に連絡をしましょう。そして実況見分調書をもとに「交通事故証明書」を作成してもらいます。
交通事故証明書は事故が起きたことを証明する非常に重要な書類です。もしも加害者が後で警察に出頭したとしても、交通事故証明書が作成されていなければ、被害者に連絡がくることもありません。ドアパンチの被害に遭ったことに気付いたら、必ず警察に届け出をしましょう。
次に保険会社へ連絡をします。相手がわからなかった場合でも、車両保険に加入していれば契約の内容により修理代が補償されることがあります。

自分がドアパンチしてしまった場合

被害の大小にかかわらず、すぐに相手に謝罪し、警察に連絡して物損事故として対応してもらいましょう。以下の確認が必要です。

  • ・被害を与えてしまった車の持ち主の氏名、住所、連絡先
  • ・相手の車のナンバープレート

次に、自分が加入している保険会社へ連絡をします。その際、破損部位を撮影しておくといいでしょう。
小さい傷の場合、当事者同士の話し合いで済ませようという話になることもありますが、当人同士での示談交渉はトラブルの原因になる可能性も大きくなります。示談交渉は任意保険の会社を通して行ったほうがよいでしょう。

ドアパンチ被害を防ぐには

ドアパンチ被害を防ぐには

ドアパンチは少しの注意で予防できる場合が多いものです。日ごろから、次のようなことに気を付けることでドアパンチ被害を防ぐことができます。

スペースが広く空いている駐車スペースに停める

隣に停車している車との距離が近いほど、ドアパンチの可能性は高くなります。左右に車が停まっていない、空いたスペースを探しましょう。壁際のスペースに駐車する場合も、なるべく壁側に車を寄せ、隣の車とのスペースを広く空けるようにしてみましょう。
極端にどちらかに寄っている車や斜めに駐車している車の隣は避け、駐車スペースの真ん中にきちんと停めている車の隣がおすすめです。

強風の日は風下に向かって駐車しない

車の後ろから前に向かって強い風が吹いている場合、風に煽られて思いがけないほどドアが大きく開いてしまうことがあります。風が強い日は、車の前方が風上に向くように並んでいる位置に駐車することで、ドアパンチのリスクを減らすことができます。

隣の車のドアの長さに注意する

自動車の中には、ドアが長いものもあります。ドアが長いということは、それだけ隣の車にドアが届きやすいということ。隣の車がこのようなタイプの車種の場合は、こちらもある程度配慮してスペースを広く空けてあげると良いでしょう。もしくは、隣に駐車することは避け駐車スペースが広い場所を探してみるのも一つの方法です。

車のドアの傷防止グッズ

ドアディフェンダー

自分がドアパンチしてしまうのが心配な方は、ドアパンチ対策グッズを使ってみてはいかがでしょうか。

例えばドアエッジプロテクターやドアエッジモールは、ドア開閉時にサイドドアのエッジが隣の車にぶつかって傷つけるのを防止してくれます。ディーラーオプションとして扱われているほかに、カー用品店やネット通販でも販売されています。
メッキのような光る素材または樹脂製で、エッジの上から下までを完全に覆うタイプから、ぶつける可能性が高いところに両面テープで貼るタイプのものまで、さまざまです。

反対にドアパンチ被害から自分の車を守りたい場合は、ドアディフェンダーやドアパンチガード(ドアガード)があります。これは駐車中の車のサイドドアにマグネットで貼りつけ、隣の車からのドアパンチを防ぐものです。大変有効な傷防止対策となります。

ドアパンチは駐車場でよくあるトラブルのひとつです。少しの配慮で、自分がドアパンチしてしまうのを防ぐとともに、ドアパンチ被害に遭うのを未然に防ぐことができます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170718-4

「事故・トラブル」の記事一覧

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • お電話でお手続きされた場合インターネット割引は適用されません。

自動車保険 お見積り