閉じる

自損事故でも保険は使えるの?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
自損事故でも保険は使えるの?

交通事故にはさまざまな種類があります。その中のひとつである自損事故とは、相手がいない単独の事故の場合で、ご自身の車や身体に何らかの損害を負う事故です。

自損事故では、通常の保険では対応できないようなケースもあるため注意が必要になります。こちらでは、自損事故を起こしたときの対応と車両保険についてご紹介します。

自損事故は相手がいない事故

自損事故とは、相手のいない交通事故でご自身の車や身体などに損害が発生するケースを指します。具体例としては、ガードレールや電柱に衝突する、車庫に車を駐車した際に壁などに車をぶつけるといった事故が考えられます。

対物賠償はご自身の所有物に対して使用することができない

自損事故の際に、自宅の車庫の修理費用の補償に対物賠償が使用できるのではないかと考えている方は少なくありません。

しかし、対物賠償というのは、契約している自動車での事故によって他人の所有物に損害を与えて法律上の損害賠償責任を負った場合の補償です。自損事故で自分の所有物を破損させた場合は、対物賠償の適用外になってしまいます。

なお、ご自身の車両の修理をする保険のことを対物賠償保険だと思う方もいますが、前述のとおり、対物賠償保険は相手の所有物に対して損害を与えたときに使用できる保険なので、ご自身の車両の補償には使用できません。
ご自身の車に発生した損害の補償を希望する場合には、車両保険に加入する必要があります。

車両保険ってそもそも何?

車両保険とは、ご自身の車が何らかの損害を受けたときに補償を受けられる保険です。
車両保険は、自損事故を含めて交通事故で損害が発生した車両を修理したいときに利用できます。
その他にも、車に何らかのいたずらをされたとき、盗まれたとき、火災や台風、洪水などによって、車が損害を受けたときなどにも補償の対象になります。

覚えておきたい車両保険の補償の違い

覚えておきたい車両保険の補償の違い

チューリッヒでは、車両保険に関して、ワイドカバー型と限定カバー(エコノミー)型の2種類を用意しています。

限定カバー型の場合、ワイドカバー型と比較して保険料が安くなることが特長です。しかし、補償が受けられる範囲がワイドカバー型とは異なっているため、注意が必要になります。

限定カバー型なら、火災や爆発、盗難、台風、高潮、洪水の被害や他の車両との衝突、落書きや窓ガラス破損などのいたずらに関しては補償の対象となります。

しかし、当て逃げをはじめとして、他車と接触・衝突したが相手の確認ができないという場合、ガードレールなど車両以外のものに追突・衝突してしまった場合などでは、補償を受けることができません。一方、ワイドカバー型の保険ならば、これらのケースでもしっかり補償が受けられます。

ただし地震や噴火、それに伴って発生した津波の場合には、いずれの車両保険でも補償の対象外となりますのでご了承ください。
では、上記のワイドカバー型、限定カバー型の補償範囲の違いについて、ひとつ例を見てみましょう。

バックしているときに、うっかり電柱に車をぶつけてしまったとします。チューリッヒの車両保険の場合、ワイドカバー型の車両保険であれば補償の対象になります。しかし、限定カバー型では、補償の対象外になりますのでご注意ください。

車両保険を使用すると等級がダウンする点に注意

車両保険を使用すると等級がダウンする点に注意

車両保険を使用することで、お車の修理代金などを保険金でカバーすることが可能です。
しかし、注意したいのは、車両保険を使った場合は等級が3等級ダウンしてしまうということです。

1年間無事故で1等級アップするため、事故前の等級に戻すためには最短で3年かかってしまいます。ただし事故の種類によっては、車両保険を使っても3等級ダウンしないケースもあります。

車両保険を使用する具体的な事例

車のボディをコインなどで削られた

子どものいたずらで、駐車している自動車にコインなどでこすられて落書きされることもあるでしょう。このようないたずらが原因で車両保険を使った場合、3等級ダウンすることはありません。1等級のダウンだけで済むため、翌年無事故で過ごせれば、元通りの等級に戻せます。

しかし、一部例外もあるので注意しましょう。それは、タイヤに穴をあけられてパンクしてしまったケースです。
タイヤだけの損害の場合、車両保険では補償の対象外になります
のでご注意ください。

信号で停車している車両に追突しバンパーが損傷した

信号で停車している車両に追突しバンパーが損傷した

このケースでは、車両保険に加入していればワイドカバー型・限定カバー型関係なく補償は受けられます。
ただし、翌年は3等級ダウンしてしまいます。保険金額と翌年度以降上昇する保険料を比較し、保険金の請求をするかしないかを検討することが大切です。

ちなみに停車中の車両に衝突して相手に損害を与えた場合、相手の車の修理代に関しては、車両保険ではなく対物賠償保険からの保険金支払いとなります。

飛び石でガラスにひびが入った

走行中、他の車が飛ばした小石がガラスに当たって、ひびが入るというケースもあるでしょう。この場合、車両保険に加入していれば修理代金は保険金を使ってカバーすることができます。
しかし、車両保険を使うと翌年度は1等級ダウンとなってしまいます。保険を使うことが賢明かどうか判断をすることが大切です。

免責金額も確かめておこう

免責金額も確かめておこう

車両保険では、修理代金全額を保険金でカバーできない場合があります。というのも、車両保険の中で、免責金額を設定している場合があるからです。

ちなみに、チューリッヒでは7等級以上のお客様に対して、車両保険1回目5万円、2回目10万円の免責を設定しています。5万円免責とは、たとえば車両保険を使うような事故が発生し、車の修理費用が20万円であった場合、15万円は保険金で賄うことができますが、残り5万円はご自身の負担額となってしまいます。

ただし、チューリッヒでは免責ゼロ特約を用意しています。この特約を付けると、最初の事故の際の免責金額がゼロ円となり、全額保険金でカバーすることが可能になります。(2回目以降、10万円は免責となりますのでご注意ください。)

ついうっかり自損事故を起こしてしまうというケースは少なくありません。どのような方にも起こりうる事故であるため、もしものときに備えて車両保険をご契約されることをお勧めします。
また、車の中に置いていた身の回り品が、自損事故で損害を負ったときに補償を受けられる特約などもありますので、必要に応じてご検討ください。チューリッヒでは、お客様のご要望にマッチするプランを多数用意しております。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170309-2(2)

「車両保険」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

保険料平均
19,535円節約※1

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE