閉じる

ドライブレコーダーを設置するメリットとは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
ドライブレコーダーの役割と設置するメリットとは?

カーナビの設置は一般的になってきましたが、ドライブレコーダーはそれに比べるとまだまだ普及していません。しかしながら、ドライブレコーダーにはさまざまなメリットがあり、利用者を守ってくれる便利な存在でもあります。こちらでは、ドライブレコーダーの役割とメリットをご紹介します。

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダー(ドラレコと呼ばれることもあります)は、運転中の映像・音声を常時自動で記録する車載装置です。急ブレーキなどの強い衝撃により自動で作動し、トラブル前後の映像や音声、走行データを記録するセンサータイプの装置もあります。

搭載によって事故などの状況把握がしやすくなるために、運送業者をはじめとした事業者の間で普及が進んでいます。また従来は事業用が主だった同装置ですが、近年は一般用の装置も徐々に増えており、今後は一般層への普及が期待されます。

ドライブレコーダーを使うメリット

ドライブレコーダー導入によるメリットは、以下のとおりです

交通状況などの情報提供

自動車事故が発生した際、事故状況がデータとして残るために、警察などは複数の事故情報を基にして、さらなる交通環境の改善を目指すことができます。実際、数年前には警察庁と自動車会社が連携してドライブレコーダーを使用した公道走行実験を行い、安全性の高い自動車の製造やインフラシステムの発展につなげる取組みを実施しました。一見するとドライバーに対する直接的なメリットはありませんが、安全な交通環境が構築されると事故確率が大幅に下がる見込みがあり、将来的には大きな恩恵を受けられます。

安全運転意識の向上

ドライブレコーダーで録画した映像は、いつでも再生することが可能です。ドライバーがヒヤッとしたりハッとしたりする、いわゆる「ヒヤリ・ハット」な状況が発生した後に映像を確認すると、自分の運転の癖や悪いところを自覚できます。意識的にこのような振り返りを行えば、自分の運転特性を把握でき、安全運転意識が向上するのです。
ドライブレコーダーの導入が進む運送業者では、ドライブレコーダーに記録された映像を元に運転教育を実施し、事故率低下を実現しています。

事故後の対応や示談の材料としても有効

ドライブレコーダーを導入すると、自動車事故における過失割合を明確にする証拠になります。事故の過失割合は、第三者の目撃情報がない限り当事者同士の記憶などで決まるために、明確な証拠が残っていると自分が有利になるケースがあるのです。

またドライブレコーダー無しで示談交渉を行うときは、やはり記憶などが主な判断材料となり、なかなか示談成立に至らないことがあります。一方でドライブレコーダーを導入していれば、示談の材料として用いることができ、スムーズな解決に向けて大いに役立ちます。

おすすめのドライブレコーダー

ドライブレコーダーを選ぶ際は、基本的に予算との兼ね合いで判断すれば問題ありません。ただ、以下のポイントを押さえておくと、より利便性の高さを実感できます。ドライブレコーダーは多くの種類・機能がありますので、比較検討することをおすすめします。

タイプ(一体型・分離型)

ドライブレコーダーは、「一体型」と「分離型」の2つに大別されます。前者はカメラと本体が一体になったタイプ、後者はカメラと本体が分離したタイプです。従来は分離型がコンパクトでありながら配線が複雑、一体型は大きい反面で取り付けが楽、という特徴がありました。ここ最近では一体型の小型化が進み、コンパクトで取り付けが楽、という理由からドライブレコーダーの主流となりつつあります。

画質

できるだけ画素数の多い、高画質に撮影できる装置を選ぶようにしましょう。見返した際に重要箇所がきちんと映っていなかったり、夜間で映像が荒れていたりすると、ドライブレコーダーとしての意味をなさないためです。たとえば、近年のモデルはフルハイビジョンに対応していますので、事故状況を確認するには十分な機能が備わっています。

視野角(画角)

視野角(画角)とは、カメラで撮影できる範囲を表す角度のことです。この数値が大きいほど側面の状況を撮影できるので、購入前には必ずチェックしておきましょう。ただ、モデルによっては視野角を明記していないケースがあるので注意が必要です。

GPS機能の精度

事故が発生した際、車の位置や時間の情報を測定してくれるとともに、車のスピードなども表示してくれるのがGPS機能です。加速、減速、制限速度といった、過失割合に関係するポイントを明らかにできるために、裁判および示談交渉で役立つことがあります。

安全運転の補助機能

ドライブレコーダーのなかには、録画中の映像をもとに安全運転のサポートをする機能を備えた装置が存在します。機能例を挙げると、速度制限標識を画像識別し、その速度を超過した時点で警告音が鳴るといったものがあります。事故予防に大きな効果を発揮してくれるはずです。

チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。

自動車保険
チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。

自動車保険のお見積り
チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。

車両保険
車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。

ロードサービス
チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。無料ロードサービスを提供します。

自動車保険の等級
自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DM170718-3

「交通ルール・安全運転」の記事一覧

プレゼントキャンペーン

自動車保険のサービス・補償内容

特別コンテンツ


TAGS

専門家のコラム

公式SNS

チューリッヒの自動車保険 ネット申込みで最大21,000円割引(※) 自動車保険のお見積りはこちら

TAGS

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り