閉じる

フリード+(フリードプラス)とは。ハイブリッドやクロスターの他、中古や車中泊について

画像提供元:本田技研工業株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

Honda(ホンダ)のフリードは、コンパクトミニバンのジャンルで人気を集めている車種のひとつです。

現在、フリード・シリーズには「フリード+(フリードプラス)」という車種がラインナップしています。

このフリード+とは、どのような特長を備えた車なのでしょうか。

本記事は、フリードとの違いやグレードの知識を踏まえたうえで、フリード+(フリードプラス)による車中泊のポイントや中古車選びについて見ていきましょう。

※2021年6月執筆現在

FREED+(フリード+・ フリードプラス)とは

画像提供元:本田技研工業株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

フリードは、Hondaから発売されているコンパクトミニバンです。

5ナンバーサイズでありながら、広い室内空間や柔軟なシートアレンジを実現しており、居住性や使い勝手のよさで好評を博している車です。

フリード+のグレードと価格

現行のフリードは、「フリード」「フリード+」をグレードの大きな柱に、ユーザーのニーズに合わせて多彩なタイプがラインナップしています。

フリード+は、ガソリン/ハイブリッド、駆動方式によって8通りのバリエーションがあります。

グレードは以下の通りです。

タイプ 駆動方式
FREED+ HYBRID G Honda
SENSING
FF
4WD
HYBRID
CROSSTAR
Honda
SENSING
FF
4WD
G Honda SENSING FF
4WD
CROSSTAR
Honda
SENSING
FF
4WD

FREED+ HYBRID G Honda SENSING(フリードプラス ハイブリッドG)

フリードの特徴的な装備を多数揃えた、「G」グレードのハイブリッド車です。

【価格(消費税込み)】

FF 2,583,900円

4WD 2,820,400円

FREED+ HYBRID CROSSTAR Honda SENSING(フリードプラス ハイブリッドクロスター)

アウトドア・シーンを意識した、エクステリア・装備が特長の「クロスター」グレードのハイブリッド車です。

【価格(消費税込み)】

FF 2,803,900円

4WD 3,040,400円

FREED+ G Honda SENSING

「G」グレードのガソリン車です。

【価格(消費税込み)】

FF 2,182,400円

4WD 2,418,900円

FREED+ CROSSTAR(フリードプラス クロスター)

「クロスター」グレードのガソリン車です。

【価格(消費税込み)】

FF 2,402,400円

4WD 2,638,900円

※出典元:フリード公式ウェブサイト

※2021年6月執筆現在

フリード+の内装

フリード+の内装カラーは、ブラックやモカなどを基調に上質なイメージに仕上げられています。

シートに採用されているプライムスムースは、しっとりとした手触りで汚れやシワにも強い素材です。

グレードごとの内装カラーは、以下の通りです。

シートカラー インパネミドルエリア グレード
モカ 木目調 ウォールナット
(ブラウン)
ファブリックシート
「G」グレード
ガソリン車/ハイブリッド車
ブラック 木目調 ウォールナット
(ブラック)
コンビシート
「G」グレード
ガソリン車/ハイブリッド車
ブラック 木目調 プライウッド
コンビシート
「クロスター」グレード
ガソリン車/ハイブリッド車

フリード+の荷室

開口部にロングテールゲートを採用し、使い勝手に優れた荷室を備えています。

ゲートの寸法は高さ1,255mm×最大幅1,080mm×地上高335mmと、低床かつ大開口を実現しており、荷物の積み下ろしもストレスなく行えます。

フリードとフリード+の違い

最も大きな違いは、座席数です。

フリードが3列シートで乗車定員6〜7名であるのに対し、フリード+は2列シートで乗車定員は5名となっています。

2列目シートの仕様も、異なります。フリードは一人掛けのキャプテンシート、フリード+は左右がつながったベンチシートとなっています。

また収納力をさらにアップする独自のシートアレンジも、フリード+では可能となっています。

ファミリーや仲間など大人数で乗るならフリード、アウトドアや趣味で荷物をたくさん積むならフリード+といった車選びが考えられます。

FREED+(フリードプラス)で車中泊やキャンプをするには

画像提供元:本田技研工業株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

アウトドア派でキャンピングカーが憧れ、という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、車中泊やキャンプなどでフリード+を活用するためのポイントや便利なアクセサリーについて見てみましょう。

車中泊の広さを確保する

フリード+はさまざまなシートアレンジが可能ですが、車中泊では「おやすみモード」が最適です。

運転席と助手席を前にスライドさせ、2列目シートを倒す「ダブルフォールダウン機構」により、約185cmのフラットな床面を作りだせます。

これは、大人2人がゆったりと横になれるスペースです。

車中泊のために段差を解消する

おやすみモードにアレンジした場合、2列目シートとラゲッジスペースの接続部にわずかな段差が生まれます。

クッションマットなどを敷いて段差を解消すれば、より快適な寝心地が得られるでしょう。

車中泊に備える純正アクセサリー

ラゲッジクッションマット

収納時はコンパクトに四つ折りできる、クッションタイプのマットです。

厚さ約3cmで、耐久性、難燃性を備えており、アウトドアの使用も安心です。

プライバシーシェード

車中泊でプライバシーを守るために、欠かせないアイテムです。

フロント+サイド左右+テールゲートの全ウインドウをカバーするシェードがセットになっており、外からの視線をシャットアウトできます。

FREED+(フリードプラス)を中古車で購入するには

画像提供元:本田技研工業株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

ここでは、フリード+を中古車で手に入れる方法について見てみましょう。

U-SELECTのウェブサイトで探す

中古車を入手するうえで、ひとつの選択肢となるのがメーカー公式の中古車サイトを利用する方法です。

Hondaでは「認定中古車検索サイトU-Select Web」を運営しており、ここでフリード+の中古車を探すことができます。

最寄りのU-SELECT店舗で探す

U-Select Webでは、さまざまなアプローチで中古車検索が可能です。
エリアサーチで地域や店舗ごとに在庫情報を検索することもできます。

これにより、アクセス可能なHondaの店舗にあるフリード+の在庫をすばやく探すことが可能です。

全国にある在庫から自分の条件に合うフリード+を選び出し、最寄りのお店へ「お取り寄せ」できるサービスも用意されています。

U-Select Web 店舗検索

まとめ

画像提供元:本田技研工業株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

今回はHondaのコンパクトミニバン、フリード+(フリードプラス)についてさまざまな角度から見てきました。

2列シート仕様による自在なシートアレンジや広い室内空間により、フリード+が車中泊やキャンプにも対応する車種であることがおわかりいただけたかと思います。

アクセサリーから中古車選びまで、公式サイトの情報などもうまく活用しながら、自分スタイルのカーライフを演出してください。

最後に車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をぜひご検討ください。

万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

協力:本田技研工業株式会社

※記載の情報は、2021年6月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

DD210611-2

「ボディタイプ・車種」の記事一覧

「ボディタイプ・車種」の記事一覧

TAGS

チューリッヒの自動車保険
ネット申込みで最大21,000割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り