自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

アルファードのサイズ(全長・全幅・全高)。大きさや乗車定員。8人乗れる?

画像提供元:トヨタ自動車株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

アルファードは、ミニバンの中でもゆったりとしたサイズのクルマです。

グレードによっては8人乗りのモデルもあり、その大きさに魅力を感じる人もいれば大きいことに運転時の不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

本記事では、アルファードのボディサイズや室内サイズ、乗車定員や、サイズが大きいことのメリットなどについてご説明します。

※2021年5月執筆現在

アルファードのサイズ(全長・全幅・全高)ついて

画像提供元:トヨタ自動車株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

30系後期アルファードのサイズ(最新モデル)

マイナーチェンジが行われた2018年1月から販売されている最新モデルのアルファードのサイズは、全長4,945〜4,950mm、全幅1,850mm、全高1,935〜1,950mmです。

ガソリン車Xグレードの全長は、全長4,945mm、全幅1,850mm、全高1,935mmでマイナーチェンジによって、全長が30mm、全高が55mm大きくなっています。

30系前期アルファードのサイズ(1つ前のモデル)

2015年にフルモデルチェンジが行われた3代目となるアルファードのガソリン車・Xグレードのサイズは、全長4,915mm、全幅1,850mm、全高1,880mmです。

アルファードの室内サイズについて

画像提供元:トヨタ自動車株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

アルファードの室内サイズについてご説明します。

各世代のアルファードの室内サイズ比較

単位:mm
室内長 室内幅 室内高
30系後期 3,210 1,590 1,400
30系前期 3,210 1,590 1,400

乗車定員について。8人、4人乗りはある?

画像提供元:トヨタ自動車株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

アルファードは、ボディサイズが大きい分、室内サイズも大きくなり、ゆとりのある室内空間が魅力のミニバンです。

アルファードには広い室内空間を活かしたメリットがあり、サイズが大きいことでデメリットとなる部分を補う機能も装備されています。

4人乗りモデルについて

モデリスタでは、アルファードの4人乗りモデルであるコンプリート車「ロイヤルラウンジ」を2006年に発売しました。

ロイヤルラウンジは、後ろのシートを2席とすることで圧倒的な広さの居住空間を実現したモデルです。

7人乗り、8人乗りができる

アルファードは乗車定員が7人、もしくは8人のクルマです。

ボディサイズが大きいことで室内空間にも余裕があり、多彩なシートアレンジによってラゲージスペースを広く確保することもでき、乗車人数や荷物の量によってフレキシブルに室内をアレンジすることができます。

サイズの大きさを補う各種機能を装備

アルファードは、車体の大きさを有効活用するために、以下のようなサポート機能が装備されています。

レーントレーシングアシスト

道路の白線が見えにくい場合でも、先行車を追従してレーンをはみ出さないように走るサポート機能です。
アスファルトや縁石からはみ出しそうな場合にもハンドル操作をサポートします。

デジタルインナーミラー

車両の後方に設置してあるカメラの映像をインナーミラーの中に表示する機能です。

後席に乗っている人や荷室の荷物などの障害物が写り込まないため、後方を広い範囲で確認することができます。

従って、サイズの大きいアルファードでも後方をしっかりと確認することができます。

ブラインドスポットモニター

ブラインドスポットモニターは、隣の車線を走るクルマが死角に入った場合やウィンカーを出した場合に、LEDインジケーターを点灯、点滅させてドライバーに注意を促す機能です。

その他、インテリジェントクリアランスソナーや、さらにメーカーオプションで装備できるインテリジェントパーキングアシスト、リヤクロストラフィックオートブレーキ、パノラミックビューモニターなどのサポート機能があります。

アルファードの車高について

画像提供元:トヨタ自動車株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

アルファードをよりスタイリッシュに見せることを目的に車高を下げる、ローダウンというカスタムを行なう人は少なくありません。

ローダウン/車高調

ローダウンとは車高を低く調整することで、腰高な印象が解消され、スタイリッシュでスポーティーな印象を高めます。

また、重心が低くなることで、高速道路での走行やコーナリングが安定するといったメリットもあります。

ローダウンを行うにはいくつかの方法があり、その中の一つに車高調を使った方法があります。

車高調とは、車高調整式サスペンションの略で、コイルスプリングとネジ式車高調整機構、ショックアブソーバーをキット化したものです。

車高調で車高を調整することは、ローダウンフォルムを追求する目的のほか、乗り心地や走行安定性の改善にも利用されています。

さまざまなメーカーからアルファードに適合する車高調が販売されています。

まとめ

画像提供元:トヨタ自動車株式会社 画像の転載使用などは禁じられています。

アルファードは、2002年の登場以来、広い室内空間が魅力の高級ミニバンとして人気を博しています。

さまざまな先進的な運転支援システムが装備されており、ボディサイズの大きなアルファードであっても安心して運転することができる機能が搭載されています。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をぜひご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

※記載の情報は、2021年5月時点の内容です。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

DD210602-3

「ボディタイプ・車種」の記事一覧

「ボディタイプ・車種」の記事一覧

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り