閉じる

自動車保険の長期契約(3年契約など)とは?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
自動車保険の長期契約とは?

自動車保険は、長期契約をすれば保険料がお得になるという話を聞いたことがあるかもしれません。では、実際に契約期間によって保険料が変化するのでしょうか?

長期契約(例:3年間)のメリット

一般的に、自動車保険は1年間で契約するのが基本です。しかし、なかには2年や3年の期間で契約を行う、「長期自動車保険」と呼ばれる保険の形があります。長期自動車保険は、1年契約の自動車保険とは違う特長がいくつかあり、その代表的なものが以下のようなものです。

契約時の保険料が3年間同じ

加入している自動車保険が1年契約の場合には、等級の変更が1年ごとに起きるため、毎年保険料が変化します。ところが、長期自動車保険の場合には、契約期間中に事故を起こしてもそれが反映されるのは次回以降の契約時です。期間内に保険料が変化しないのが特長です。

毎年手続きをする手間がいらない

自動車保険を契約し直さなくても良いので、毎年の自動車保険の見直しや、継続手続きの手間も削減できるでしょう。

長期契約で保険料が下がる場合も

保険料は、等級によって決まりますので、契約時の等級が反映されるのであれば、その等級で長い期間、等級が変化しない長期契約の自動車保険は、割高になってしまうのではないか、と考える方もいるでしょう。しかし、長期契約の方が保険料をお得にできる場合もあります。

実は、長期自動車保険は契約時に、「期間中は無事故であることを前提に料金を算出する」保険で、1年ごとに保険料が安くなっていく仕組みになっている場合があります。たとえば、加入時に10等級だった方は、事故の有無を問わず、2年目は11等級になり、3年契約であれば3年目には12等級になると仮定して、1年ごとの保険料を加入時に決定します。

そのため、1年契約で保険に加入するのと同じ感覚で金額が下がっていくのに加え、事故を起こしても、期間中はその保険料が変わることがありません。事故を起こしても変化しないことを考えると保険料が安くなったように感じられるはずです。

ただしこれは、あくまでも事故を起こしてしまったとしても通常通り安くなるという仕組み。つまり、通常の1年契約でも事故を起こさずに順調に等級を上げていけば、保険料に大幅な差はつかないのです。

長期契約のデメリット

保険料が一定で、その間事故を起こしても変化することのない長期契約は、その特長を見ると「等級が変化しないのだから、保険を使いやすい」と捉えてしまいがちです。ところが、補償を使いすぎてしまったことで、次回契約時に保険料が一気に跳ね上がってしまうリスクもあるのです。

たとえば、3年間の間で3回保険を利用した場合、本来1年ごとに等級が下がりますので、保険料もそれに伴って高くなります。しかし、長期契約はそれらの等級ダウンがまとめて3年後に訪れるため、保険料が一気に高くなり、家計へのダメージは大きく感じられます。

さらに、平成25年から導入された「事故有係数」では、事故を起こしたかどうかで大きく保険料が変化する仕組みになっている場合があることに注意が必要です。この係数に関係する「事故」とは、大まかに「保険を使ったかどうか」と捉えられます。そのため、ちょっとした自損事故でも保険を使えばカウントされてしまいます。

1年契約の場合には、駐車場での小擦りやちょっとした凹みなどの自損事故は、等級ダウンを気にして保険を使わずにご自身の負担で修理するという方でも、長期契約だと気兼ねなく使えるのはメリットだと感じられるでしょう。しかし、このような仕組みから安易に保険を使うべきではありません。長期契約だからこそ、保険金の請求は慎重に判断しましょう。

通販型自動車保険なら長期契約をしなくても合理的な保険料

こうしてみてみると、長期契約だからといって、一概に1年契約の自動車保険よりもお得とはいえないことがわかります。もちろん、メリットもありますが、保険料が大幅に下がったり、保険金を請求しやすいということはありません。

自動車を所有していれば毎年かかる保険料ですから、なるべく安くしたいと思うのは当然のことです。その際の基準は、短期・長期といった契約期間ではなく、ご自身の希望にあった補償内容を提供している保険会社を選ぶ方が契約期間で比べるよりも重要でしょう。

長期契約からの切り替えも可能

長期契約からの切り替えも可能

現在、長期自動車保険に加入している方のなかには、通販型自動車保険への変更を検討している方もいるかもしれません。しかし、自動車保険は満期になってから解約して乗り換えるのが基本。長期契約の場合には、乗り換えを検討しようにも残りの契約年数がまだあるため、乗り換えをできないのではないかと思われるかもしれません。

そこで、知っておきたいのが中途解約も可能なタイプの長期自動車保険があるということです。もしかしたら、加入している自動車保険がこのタイプかもしれませんので、気になる方は契約内容を確認してみてください。もし、可能であればその旨を保険会社へ伝えることで、同じ会社の他の契約や他社への乗り換えができるはずです。

また、これから長期契約での自動車保険を検討しているのであれば、事前に契約内容を途中で解約できる保険会社を選んでおくことが無難です。契約してみたものの、自分には合っていない保険だったと感じられたら、長い契約期間を待たずに自分に合った保険を見直すことができます。

とはいえ、自動車保険の乗り換えは、現在加入中の保険の解約から新しい契約まで何かと手間がかかってしまうことは否めません。自分にとってメリットが大きく感じられるのであれば、選択肢の一つとして覚えておくようにしましょう。

保険会社は慎重に選んで最大限メリットを得よう

近年は、代理店型の自動車保険だけでなく通販型の自動車保険を提供する保険会社も数多く登場しています。さらに、そのなかでもさまざまな補償内容や特約があり、契約形態もさまざまです。しかし、最も大切なことは、自分の求める補償やサービスが、見合った保険料で受けられるかどうかでしょう。

※ご契約の保険始期および契約条件によって、上記内容がお客様のご契約に適用されない場合がございます。
必ずお客様の保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170309-2(2)

「自動車保険」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE