自動車保険

新規加入をご検討の方

ご契約中の方

保険商品のご案内

自動車保険の3年・5年・7年など長期契約。途中解約できる?

更新日:2023年6月1日

公開日:2020年9月28日

自動車保険は、3年契約や5年契約など、長期契約をすれば保険料がお得になるという話を聞いたことがあるかもしれません。
では、契約期間によって保険料はどのように変動するのでしょうか?

自動車保険の長期契約のメリットやデメリット、途中解約の可否などについてご説明します。

ポイント

  • 3年・5年・7年などの長期契約の自動車保険には、契約期間中は保険料が変わらない、毎年の契約の手間がかからないなどのメリットがあります。
  • 事故を何度も起こした場合に更新時の保険料が一気に高くなる、通販(ダイレクト)型での取り扱いがないなど、長期契約の自動車保険にはデメリットもあります。
  • 長期契約を途中解約し、通販(ダイレクト)型の自動車保険に切り替えることも可能です。

自動車保険の長期契約(3年・5年・7年)のメリット

自動車保険は1年間で満期を迎える契約が一般的です。

しかし、なかには3年や5年、7年の期間で契約を行う、「長期契約の自動車保険」と呼ばれる保険があります。

長期契約の自動車保険は、1年契約の自動車保険とは異なる特長がいくつかあります。3年契約の保険を例に、1年契約との違いを確認してみましょう。

1年契約と3年契約の比較
1年契約 3年契約
保険料 1年ごとに保険料が変わる 保険料は3年間変わらない
手続き 1年ごとに手続きが必要 毎年の手続きが不要

毎年更新手続きをする手間がいらない

自動車保険を契約し直さなくてもよいので、毎年の自動車保険の見直しや、継続手続きの手間も軽減できるでしょう。

保険料を一括払いにすると割引がある

保険会社によっては、長期契約の保険料を一括払いすると割引が受けられるケースがあります。保険料の割引を受けられる点も、長期契約のメリットです。

契約期間中に保険料が改定されても、保険料は上がらない

長期契約を結ぶと、契約期間中に保険料率が改定されても、追加で保険料を支払う必要はありません。契約期間は、契約時の保険料が維持されます。

事故を起こしても更新時までは保険料は上がらない

長期契約の自動車保険では、事故を起こした場合であっても、契約期間中は等級もダウンせず、事故有係数も適用されません。そのため、契約期間中に保険料が上がらない点も、長期契約のメリットといえるでしょう。

自動車保険の長期契約(3年・5年・7年)のデメリット

自動車保険の長期契約にはメリットがある一方で、デメリットもあります。長期契約の主なデメリットは次のようなものです。

5年・7年の長期契約を行えるのは代理店型のみ

5年、7年などの長期契約の自動車保険が用意されているのは、代理店型のみです。

代理店型の自動車保険に加入するためには代理店の担当者と面談し、保険の内容を相談しながら加入の手続きを進めなければなりません。
また、代理店の手数料が加算される分、通販(ダイレクト)型に比べて保険料が高くなる傾向にあります。

「保険料をなるべく安く抑えたい」「インターネット上で、手軽に保険の手続きを行いたい」という方にとっては、この点も長期契約のデメリットとなるでしょう。

ファイナンシャル・プランナー 水野 圭子

長期契約は一括払いすることで保険料が割引になるものの、「代理店型」の自動車保険の場合、一般に「通販(ダイレクト)型」よりも保険料が高い傾向にあります。保険料の比較をしたいのであれば、「代理店型」と「通販(ダイレクト)型」の見積書を出してみるのがよいでしょう。

契約期間中は、保険料が安くなるような条件の変更はできない

長期契約の自動車保険の場合、契約期間中に免許の更新があり、ブルー免許からゴールド免許になったとしても、契約が満了するまでは「ゴールド免許割引」は適用されません。

このように、長期契約では、契約期間中に条件を変更して保険料を安くすることはできません。

保険料率が改定されても、保険料は下がらない

保険料率の改定で保険料が下がった場合も、契約満了までは保険料が下がりません。長期契約では、契約期間中の保険料は変わらないのです。

契約満了までは保険料が上がらない一方、保険料を安くすることもできないのです。

何度も事故を起こしていると、等級が大きくダウンする

長期契約では、契約期間中に事故を起こしても、契約満了までは保険料が上がりません。

しかし契約期間満了後には事故を起こした分、等級は下がり、事故有係数も適用されます。

したがって、3年や5年などの長期契約期間中に何度も事故を起こしてしまった場合、次の契約時には等級が大きくダウンし、保険料が大幅に高くなってしまう可能性があります。

自動車保険の長期契約のメリット・デメリット

自動車保険を長期契約することでのメリットとデメリットは、以下の通りです。
メリット デメリット
契約期間中は事故を起こしても保険料が変わらない 事故を起こした場合、次の契約時の保険料が大幅に高くなる可能性がある
更新手続きの手間が減る 契約期間中に、保険料を安くする条件変更はできない
ノンフリート等級別料率がアップしても保険料は上がらない 契約期間中に保険料率が下がっても、保険料は下がらない
一括払いの割引を受けられる 代理店型の保険しか選べない

長期契約(3年・5年・7年)がおすすめの方

自動車保険を契約する際には、長期契約のメリットとデメリットをしっかり理解し、自分に合った保険会社や契約期間を選ぶことが大切です。次のようなケースに当てはまる方は、長期契約がおすすめです。

契約更新の手間を省きたい方

自動車保険の更新を忘れてしまうことに不安を感じる方や、毎年の更新手続きを煩わしく感じている方の場合は、長期契約が向いているでしょう。

ただし数年後に、車を乗り換える、もしくは運転をやめる可能性がある場合は、保険会社での手続きが必要になるため長期契約はおすすめしません。

通販(ダイレクト)型自動車保険なら長期契約をしなくてもリーズナブルな保険料

長期契約だからといって、保険料が大幅に下がる可能性があるとは言い切れず、また1年契約に比べ保険金を請求しやすいというわけでもありません。

自動車保険を選ぶ際には短期・長期といった契約期間ではなく、ご自身の要望にあった補償内容を提供している保険会社を選ぶことが大切だといえるでしょう。

通販(ダイレクト)型の自動車保険は代理店を通さないことで中間コストを削減し、リスクを細分化して保険料を設定しているため、無駄のないリーズナブルな保険料を実現しています。

長期契約を結ばなくても、保険料を抑えられ、ご自身に合った補償内容を受けることができるのです。

保険料を抑えたいと考えている場合は、通販(ダイレクト)型の自動車保険も検討してみるとよいでしょう。

途中解約を視野に入れ、長期契約から切り替えも可能

現在、長期自動車保険に加入している方のなかには、通販(ダイレクト)型自動車保険への変更を検討している方もいるかもしれません。

自動車保険は満期になってから乗り換えるのが基本といわれていますが、契約期間満了前に解約することができないわけではありません。

長期契約を解約し、別の保険会社への乗り換えることも可能です。

ただし長期契約を途中で解約し、保険会社を乗り換える場合は、以下の点で注意が必要です。

満期日をもって解約し、新たに乗り換える場合 現在の等級が適用され、新しい保険会社に引き継げる。
満期日を待たずに、新たに乗り換える場合 契約期間中の乗り換えとなるため、解約時と同じ等級(保険期間中に保険金の支払を受ける事故がある場合は、その内容に応じて減じた等級)となる。
解約したものの、解約日の翌日から起算して7日以内に保険始期の契約をしなかった場合 新規契約の6等級からのスタートとなる。

自動車保険の契約をいったん中断する場合は、中断証明書をもらっておきましょう。

また中断証明書については、各自動車保険会社によって条件が異なる場合があります。
加入している保険会社に、確認しておきましょう。

乗り換えても違約金は発生しない

自動車保険を解約した場合に、違約金は発生しません。

また、保険料を支払い済みの場合は返金されますが、解約返戻金の計算方法は会社によって異なります。解約返戻金がどのくらいになるのかは、事前に保険会社に確認しておくとよいでしょう。

ファイナンシャル・プランナー 水野 圭子

自動車保険は1年契約でも長期契約でも途中で他社に乗り換えた場合に、違約金も発生せず、未経過期間の保険料は返還されます。ただ1年間、事故がなく終了した時点で1等級ずつ上がるため、途中で自動車保険の乗り換えをすると、等級アップの点では不利になることを十分理解しておきましょう。

自動車保険の解約・途中解約。デメリットや解約返戻金

まとめ

自動車保険には1年ごとの契約の他、3年・5年・7年など契約する長期契約の方法もあります。

ただし長期契約の自動車保険を扱っているのは、代理店型のみです。

長期契約にはメリットもある一方で、デメリットもあります。

契約内容が自分に合わないと感じた場合は、途中解約をし、通販(ダイレクト)型の自動車保険に乗り換えることも検討してみましょう。

※記載の情報は、2023年4月20日時点の内容です。

自動車保険の長期契約のよくあるご質問

Q自動車保険の長期契約には、どのようなメリットがありますか?
A長期契約には、契約期間中は事故を起こしたり、保険料率の改定があったりしても、保険料が上がりません。また、更新手続きの手間を軽減できるうえ、一括払いの場合は保険料の割引があるなどのメリットがあります。
Q自動車保険の長期契約は、途中解約できますか?
A契約期間満了前でも途中解約は可能です。しかしながら途中解約をし、他の保険会社に乗り換える際には、長期契約締結時点の等級が引き継がれますので、ご注意ください。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

チューリッヒの自動車保険

インターネットから申し込むと、
初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。
運営者情報
チューリッヒ保険会社
(チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド)

「車の手続き」の記事一覧

「車の手続き」の記事一覧

A-230414-23

チューリッヒの自動車保険ネット申込みで最大 21,000 円割引!

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちら

自動車保険 お見積り