閉じる
ネット専用自動車保険 契約者の方はこちら
スーパー自動車保険
新規加入をご検討の方
スーパー自動車保険
契約者の方

自動車保険の等級ガイド

3つのポイント

自動車保険(任意保険)を使うと等級は下がる?保険料は上がる?

3つのポイント
  • POINT1

    事故で保険を使った場合、原則として等級が下がります。

  • POINT2

    事故の内容により、3等級ダウン事故、1等級ダウン事故、ノーカウント事故の3種類があります。

  • POINT3

    等級が高いほど保険料の割引率が上がりますが、同じ等級でも支払う保険料は異なる場合があります。

事故で保険を使った場合、原則として等級が下がります。

事故の内容により、3等級ダウン事故、1等級ダウン事故、ノーカウント事故の3種類があります。

等級が高いほど保険料の割引率が上がりますが、同じ等級でも支払う保険料は異なる場合があります。

自動車保険(任意保険)の等級と保険料の影響

保険料に影響する要素のひとつに等級(ノンフリート等級制度)があります。
チューリッヒの等級制度は1等級から20等級に分かれていて、等級が高いほど割引率が上がり、保険料は安くなります。反対に、等級が低いほど保険料は高くなります。

自動車保険の等級は保険料にどう影響するの?

自動車保険(任意保険)を使うと等級は下がる

事故で自動車保険(任意保険)を使った場合、翌年度の等級がダウンし、その分保険料が割増しとなります。
5年で10万円以上も保険料に差がでることがあります。

1年間無事故の場合は翌年度の等級が1つ上がりますが、事故により保険を使った場合、翌年度の等級が1事故につき最大3つ下がります。事故の種類によって、3等級ダウン事故、1等級ダウン事故、ノーカウント事故に分かれ、等級への影響が異なります。

事故を起こして保険を使うと、
等級は基本的に3つ下がります。
  • 電柱に衝突
    電柱に衝突
  • 車同士の衝突
    車同士の衝突
  • 電柱に衝突、車同士の衝突の場合

電柱に車をぶつけてしまったり、車同士が衝突してしまったりして保険を使った場合、翌年度の等級が3つ下がります。

等級が1つだけ下がる場合や、
ノーカウントとなる場合もあります。
  • 1等級ダウンになる場合

    盗難/落書または
    窓ガラス破損/台風・洪水/火災・爆発/飛来中または
    落下中の他物との衝突など

    • 台風・洪水
      台風・洪水
    • 火災・爆発
      火災・爆発
  • ノーカウントになる場合

    弁護士費用等補償特約事故/原付特約事故/
    搭乗者傷害保険事故/無保険車傷害保険事故/
    人身傷害保険事故など

    • 弁護士費用等補償特約事故
      弁護士費用等補償特約事故
    • 原付特約事故
      原付特約事故

台風や洪水、火災、いたずら、盗難、飛来物との衝突などで保険を使った場合は1等級ダウンとなります。
また、弁護士費用等補償特約事故や、原付特約事故の場合は、ノーカウント事故として扱われ、翌年度の等級が1つ上がります。

よくあるご質問

Q

保険金を使ったら等級が下がって保険料が高くなるっていうことは、保険金を請求させたくないってことですか?
どうせなら無事故でも、事故があっても保険料を一律にしたらどうですか?

A

保険金をご請求いただきたくないという理由ではありません。保険のしくみは、保険に加入する全員で保険料を出し合って、万が一のときに助け合うという相互扶助です。

最後に、車を所有されている方は、チューリッヒの自動車保険をぜひご検討ください。
万が一の車の事故・故障・トラブルに備えておくと安心です。

インターネットから申し込むと、初年度最大21,000円割引

  • インターネット割引(最大20,000円)、e割(最大500円)、早割(最大500円)の合計金額。各種割引項目の詳細はこちらをご確認ください。
  • お電話でお手続きされた場合“インターネット割引”は適用されません。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、チューリッヒの保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。

※チューリッヒの自動車保険に関する内容について
本記事内で紹介しているチューリッヒの自動車保険に関する内容につきましては、ご契約の保険始期および契約条件によって、ご契約のお客さまに適用されない場合がございます。
必ずお客さまの保険証券、約款、重要事項説明書の記載などをご確認ください。

A-211005-32