閉じる

台風や地震でも自動車保険でカバーできる?

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ
台風や地震でも自動車保険でカバーできる?

自動車保険と聞くと、交通事故のような人為的なアクシデントに備えるための保険をイメージする人も多いでしょう。では、台風や土砂崩れなどの自然災害や、地震による津波のような災害は自動車保険でカバーされるのでしょうか。

車両保険は人為的なアクシデントや不慮の事故の場合の補償

自動車保険の補償内容の一つである車両保険は、ご自身の車が人為的なアクシデントや不慮の事故によって、何らかの損害を受けたときに補償してくれます。最も補償範囲の広いタイプの車両保険(一般条件)の場合、たとえば運転ミスなどによって電柱やガードレールに衝突してしまったというような、相手のいない単独事故の場合にも補償が受けられます。

また、当て逃げのように、相手のいる事故ではあるものの、その相手を特定できない場合でも車両保険(一般条件)を使うことが可能です。さらには、落書きやいたずらによるガラスの破損、飛来物にぶつかったために起きた損害など、不慮の事故によっても保険金を受け取れます

自然災害の場合にはケースバイケースに

自然災害の場合にはケースバイケースに

車が損傷するのは交通事故に限ったことではありません。たとえば地震や台風といった自然災害によって車がダメージを受けることは十分考えられます。
また、ゲリラ豪雨の発生により短期間に大量の雨が降ることもありますが、その結果、道路が冠水し、車が水没してしまうこともあります。水に浸かってしまうと車は動かなくなる可能性が高いです。
他にも土砂崩れなどが近くで発生して、車が押し流される事態もあります。このようなケースで車が損害を受けた場合は、車両保険の補償を受けることができます。

ただし、自然災害の種類によって補償される場合とされない場合とに分けられるため注意が必要です。たとえば、火災や洪水、台風などが原因の場合には車両保険で補償されます。しかし、地震や噴火、これらを原因として発生した津波による損害であれば、車両保険に加入していても補償は受けられないため気をつけましょう。

東日本大震災では災害による車の被害が多数発生

大震災というと、2011年3月11日に発生した東日本大震災が記憶に新しいところです。東北地方を中心として、甚大な被害が発生しました。
この被害状況を見てみると、地震そのものの被害ももちろんありましたが、地震の後に発生した津波による被害が中心でした。津波が陸地に押し寄せて、住宅から車まですべてを押し流す光景をニュースで見た方も多いと思われます。大規模な車の損害でしたが、車両保険では原則補償を受けることはできません。先ほど紹介したように、地震を原因とした津波による被害は、補償の対象外になってしまうからです。

また、噴火も車両保険の適用外となる点も頭に入れておきましょう。たとえば近くで山が噴火し、その火山灰が車に直撃してボディがへこんだ場合や、塗装が剥げたといった場合でも、車両保険を使って修理費を賄うといったことはできません。それでは、地震や噴火、津波による車のダメージにはどのようにして備えればよいのでしょうか?

チューリッヒでは地震や噴火、津波による災害を想定した特約を用意

チューリッヒの自動車保険では、地震や噴火、津波のような車両保険では補償できないケースでも、一時金として保険金をお支払いできるよう地震等による車両全損一時金特約」という特約を設けています。この特約に加入していれば、地震や噴火、津波によって車が全損してしまった場合でも、記名被保険者に対して50万円の保険金が支払われます。もしも車両保険の金額が50万円未満の場合には、車両保険で補償されている金額と同額の支払いになります。

ここで「全損」に関しても説明をしておきましょう。チューリッヒの「地震等による車両全損一時金特約」における「全損」の条件は、浸水被害が発生して運転者席の座面を超えるだけの水量が入ってきてしまった場合や、車が津波などで流失や埋没してしまいどこに行ったのか確認できなくなった場合など、細かく設定されています。
車の損害の状態に関しては約款で定められています。「地震等による車両全損一時金特約」に加入する前に、全損とは具体的にどのような状態を指すのか確認しておくと良いでしょう。

適用範囲は地震や噴火、それらによる津波に対応

適用範囲は地震や噴火、それらによる津波に対応

前述の通り、チューリッヒの「地震等による車両全損一時金特約」では、車両保険では補償できない地震や噴火、津波などにより自動車が全損した場合に一時金をお支払いする特約です。ではそれぞれの事象で具体的にどのような範囲で適用されるか見ていきましょう。

地震

東日本大震災クラスの強い揺れになると、道路に地割れが発生することもよくあります。その地割れに巻き込まれてしまって車が大破してしまった、大きな地震の揺れで自宅や近所の塀が崩れて車に直撃して全損となってしまった、といった場合に保険金が支払われます。

噴火

噴火によって、石が近くに飛んでくることがあります。この石の大きさによっては、車に直撃すると大きなダメージを与える可能性も十分想定できます。たとえば車の上部に大きなへこみができた・ひしゃげて全損となってしまった場合に、「地震等による車両全損一時金特約」に加入していれば保険金が支払われます。

津波

東日本大震災のときのように、地震などで津波が発生して車が水没してしまい走行不能になった、押し流されてしまってどこに行ったかわからなくなったときなどに保険金が支払われます。

特約を付帯するための条件に注意

特約を付帯するための条件に注意

過去の歴史をたどってみると、日本全国どこでも大きな地震が発生する可能性はあります。地震などが発生したときのために対策を講じておくことは大変重要です。

「地震等による車両全損一時金特約」のような補償を付けておけば、車が大きく損傷し全損になった場合に一時金として保険金の支払いを受けることができます。
大震災が発生すると、車以外に住宅などの損害が発生する可能性も高く、元通りの生活を取り戻すまでに時間的にも経済的にも多大な負担を背負わなければなりません。その負担を少しでも軽減するために、地震や津波などの被害に対して幅広くカバーしてくれる「地震等による車両全損一時金特約」への加入をご検討されることをお勧めします。

チューリッヒの「地震等による車両全損一時金特約」ですが、加入するためには条件があります。まず、これは車両保険に対する特約なので、車両保険に加入しないと付けることができません。

さらにチューリッヒでは、ワイドカバー型と限定カバー型の2種類の車両保険を用意していますが、ワイドカバー型の車両保険に加入する際に「地震等による車両全損一時金特約」を付けることができます。限定カバー型の車両保険では特約は付けられないので注意しましょう。

50万円を上限とした「地震等による車両全損一時金特約」の場合、たとえば車が走行不能になり買い替えなければならない場合には資金が足りないという人もいるでしょう。しかし50万円が支給されれば、日常生活を送るのにあたって欠かせない移動手段の確保などに役立てることができるはずです。車両保険に加入するだけではなく、「地震等による車両全損一時金特約」にも加入して、通常ではカバーしきれない地震や噴火、津波による損害の備えをしておきましょう。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

DM170309-2(2)

「自動車保険」の記事一覧

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

この記事が気に入ったら、
SNSで家族や友人にシェア!

  • シェア
  • ツイート
  • LINEで送る
  • はてブ

※1 大手損害保険会社(3社)から切替えた当社ご契約者アンケートより算出。(回答数:1,829件/集計期間:2018年1月-2018年8月)お客さまの申告による、加入中の保険会社から提示された継続保険料と当社契約保険料の差額であり、当社商品・補償内容が前契約保険会社と異なるケースも含まれます。

自動車保険
お見積もりは
こちら

自動車保険お見積もり

CLOSE